Yahoo! JAPAN

「“子持ちの人だけずるい”と在宅勤務が認められず」コロナのせいで退職を余儀なくされた人たちの声

キャリコネニュース

すべてはコロナのせいだ!

新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちの生活は大きく変わった。外出時には常にマスクを着用し、テレワークが増え、不要不急の外出を控えなければならなくなった。中には収入や仕事内容が変わった人、ひいては仕事を失ったり、退職を決意したりする人もいるだろう。

埼玉県に住む50代の女性は、低学年の子どもがいるために、休校中は在宅勤務を希望したが「制度があるにもかかわらず、在宅勤務を認めてくれなかった」という。

「当然休むので仕事が回らず、再度在宅勤務を求めると『営業職が子持ちの人だけずるいと言っている』『仕事が回らないから出社しろ』と言われて限界を感じた」

と綴る。働く意欲があるにもかかわらず、職場の人から責められてしまい、退職以外の選択肢がなくなってしまったようだ。

他にも、コロナのせいで退職を余儀なくされた人の声を紹介する。(文:林加奈)

「"時短勤務=ずるい"という雰囲気に耐えられず退職を決めた」

愛知県に住む40代の女性も、コロナがきっかけで変わった職場の雰囲気に耐えられず、退職する意向だ。小売店でパートとして働いていたが、今回のコロナ禍で

「家族がかなり心配し、時短勤務にしてもらった。他のスタッフにも事情を話したが、誰からも納得してもらえず、『みんな同じなのに私だけずるい』という雰囲気になり、それに耐えられず退職を決めた」

他のスタッフから妬まれ、職場の雰囲気が悪くなったことも「すべてはコロナのせいなんだと思って、退職します」と綴っている。

「咳をしてはいけないと気を張ると余計に咳が出る。周りの目が怖い」

もともと喘息持ちの30代女性にとって、コロナを警戒する今の風潮はつらいものがあったという。

「電車に乗って、咳をしてはいけないと気を張ると、余計咳が出る。周りの目が怖い。電車に乗りたくないと思うと同時に、職場でも咳のせいで好意的ではない目で見られることが増えた」(埼玉県/マスコミ系)

掛けもちで始めたバイトも「咳のせいでシフトに入れられないと言われた」といい、現在はどちらの仕事も退職したという。

「退職後、体調がよくなった。もう通勤を伴う仕事や人と会う仕事はできないと思って、なんとか在宅で少しでも収入を得たいと準備をしている」

と前向きに語る。コロナと体調のせいで職を失ったが、女性は新たな一歩を踏み出そうとしている。

※キャリコネニュースでは引き続き「新型コロナで退職を決意した人」や
「テレワークから通常出社に戻って思うこと」に関するアンケートを募集しています。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【特集】真夏に食べたい!関西オススメかき氷5選

    PrettyOnline
  2. TABIZINEおすすめ!全国の人気お取り寄せグルメ2020<高級食パン・ケーキ編>

    TABIZINE
  3. 【日能研・小嶋隆さん第3回目】「ただほめればいい」ではなかった⁉子どもが伸びる「ほめ方」

    ママスタセレクト
  4. 【後編】親に頼れるママ友がうらやましすぎる!私はワンオペ育児なのに……

    ママスタセレクト
  5. 【前編】親に頼れるママ友がうらやましすぎる!私はワンオペ育児なのに……

    ママスタセレクト
  6. 見えないハザードも測距可能!! GPS付きレーザー距離計・ガーミン「Approach Z82」

    価格.comマガジン
  7. Peel the Apple[インタビュー後編]逆境を共有する仲間と開くアイドル新章の扉「オーディションの悔しさを全部力に変えて、アイドルの天下を獲りたい」

    Pop’n’Roll
  8. Awww![ライブレポート]フレッシュな姿にキュン! 5人が挑んだ2度目のステージ「次は本編の方に出られるように」<GIG TAKAHASHI tour 2020 ツアーファイナル>

    Pop’n’Roll
  9. りぶ、TOKYO FMで自身初となる冠特番の放送が決定(コメントあり)

    SPICE
  10. 犬が死んでしまう『超危険な事故』3選!万が一に備えて必ず意識して!

    わんちゃんホンポ