Yahoo! JAPAN

ヒイカエギングにアジングタックルを流用するメリット3選 釣り方も解説

TSURINEWS

アジングタックルでエギング?(提供:TSURINEWSライターあつ)

エキサイティングに楽しめるヒイカエギングが注目を集めています。ヒイカエギングには、アジングタックルがおすすめです。貴重な1匹を確実に仕留められます。今回の記事では、ヒイカエギングでのアジングタックルについて解説します。これから始めてみようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

アジングタックル流用ヒイカエギング

ヒイカエギングには、アジングタックルが使えます。小さいエギを扱うため、重量の軽いワームを扱うアジングロッドが最適です。また、エギも早く動かさないので、大きめのリールが必要ありません。アジングタックルがある方は、そのままヒイカエギングで活用できます。

アジングタックルを使うメリット

ヒイカエギングにアジングタックルを使うメリットを紹介します。下記3つのポイントを把握し、使用を検討してみてはいかがでしょうか。

アジングタックルが向いている(提供:TSURINEWSライターあつ)

アクションがつけやすい

アジングタックルを使えば、エギにアクションをつけやすいです。軽いエギを使用するので、エギングロッドを使うとアクションがつけにくくなります。アジングタックルは、丁度よく竿先がしなるので扱いやすいです。アクションをしっかりと、エギに伝えられます。

ヒイカのバイトを弾かない

アジングタックルは、ヒイカのバイトを弾きません。ティップが柔らかくなっていて、バイトに追従してくれます。ヒイカのバイトは繊細です。硬いティップのロッドを使ってしまうと、弾いてしまう可能性があります。ヒイカのバイトを弾かずに掛けられるのが、アジングタックルの利点です。

ヒイカの引きが楽しめる

アジングタックルは、ヒイカの引きが楽しめます。柔らかい竿に仕上がっているからです。また、細いラインを使っているので、慎重なやり取りも楽しめます。エギングロッドだと、ヒイカの引きは伝わりにくいです。アジングタックルだからこそ、ヒイカの引きが楽しめます。

ヒイカエギングの釣り方を解説

ヒイカエギングの釣り方を解説します。実釣したことがない方は、確認しておきましょう。

キャストをして沈める

エギをキャストして、沈めましょう。最初はどこの層にいるのか分からないので、1番下まで沈めてみてください。着底が分からない方は、ラインを張ってテンションフォールすると良いです。着底した瞬間に抵抗がなくなるので、底が取りやすくなっています。

優しくアクションを加える

着底したら優しくアクションを加えましょう。竿先でチョンチョンと、2~3回シャクるイメージです。あまり強めにアクションをしてしまうと、ヒイカが警戒してしまいます。エギを優しくシャクり、アピールするようにしてください。

カーブフォールでアタリを待つ

アクションを加えたら、カーブフォールをしてください。ラインにテンションをかけることで、フォールがゆっくりになります。ヒイカは、フォール中にバイトしてきます。ラインにテンションをかけて、集中してアタリを待ちましょう。アタリがあったら、優しくフッキングしてください。あとはゆっくりと巻いて、ヒイカを釣り上げましょう。

アジングタックルでヒイカを釣ろう

繊細な釣りを楽しめるヒイカエギング。釣った後の食事も楽しめる釣りです。小ぶりながらも、イカの旨味を存分に味わえます。そんな、美味しいヒイカを釣り上げるなら、アジングタックルが最適です。1匹を大切に釣り上げることができます。

こんな釣果も(提供:TSURINEWSライターあつ)

今回の内容を参考に、アジングタックルを使って、ヒイカを釣り上げてみてはいかがでしょうか。

<あつ/TSURINEWSライター>

The postヒイカエギングにアジングタックルを流用するメリット3選 釣り方も解説first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事