Yahoo! JAPAN

夜の沖磯ぶっこみ釣りで48cmシブダイ ウニエサにヒット【宮崎・油津】

TSURINEWS

夜の磯釣りで大漁(提供:週刊つりニュース西部版APC・野坂僚)

宮崎県日南市の油津エリアで、沖に浮かぶカタブキという瀬での底物とシブダイをターゲットに釣行。ウニエサの付け方に工夫し、本命をゲットすることができた。

渡船は黒潮丸を使用

同行者は、日南市の小玉さんだ。夜釣りの際は、1人ではなく複数人での釣行をお薦めする。暗い夜磯での万が一の事故にも対応するためだ。

8月15日の午後3時出船で、お世話になった渡船は黒潮丸。午後3時出船で、翌朝午前5時の迎えというシステムだ。

広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

底物を狙う

この時期は午後3時に磯に向かうと日が暮れて、暗くなる7時ごろまでは底物釣り、暗くなってからはシブダイ釣りというように、2種類の釣りを楽しむことができる。

今回の釣行でも、私の場合はいつものように瀬渡し直後から底物(今回はイシガキダイ)狙いの準備を行い、早速釣りを始めた。同様に、同行者の小玉さんも釣りを始めた。

使用したエサ

底物のエサに準備したのは、ガンガゼとシラガウニだ。海水温度25度ほどあったこの日の海では、やはりエサに群がる小型のイシガキダイの猛攻を受け、比較的軟らかいガンガゼだと、あっという間に取られてしまう。

ここでエサ持ちの良いシラガウニが役に立つのだが、ガンガゼでのエサ取りの状況から、シラガウニは芯をくり抜き、その芯のみ2~3個をハリスワイヤーへ通しセットした。

イシガキダイ45cmがヒット

結果的にこれがヒットパターンとなったのか、45cmほどの良型イシガキダイを1尾釣ることができた。

明るいうちはイシガキダイ狙い。45cm一閃(提供:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

その後も同じように仕掛けをポイントに送り込むが、やはり活性よい小型のイシガキダイと思われる魚にエサを取られ、早い段階で用意してきたガンガゼ20個とシラガウニ2kgはなくなった。

しかし、ちょうどそのころには日も沈み、うっすらと暗くなり始めたので、軽く食事を済ませて、いよいよシブダイ釣りの仕掛けへと変更した。

シブダイ釣りの仕掛け

今回のシブダイ釣り仕掛けだが、底物釣りで使ったサオ、リール、ライン、瀬ズレワイヤーまではそのまま流用した。

ハリとハリスのみを変更したのだが、ハリは鬼掛の夜尾長14号、ハリスはフロロカーボンラインカーボン10号で、ハリスの長さは40cmほど。瀬ズレワイヤーのスクリューサルカンのスクリュー先端に結びつけた。サオ先にはケミホタルLサイズを装着し、置きザオで宙釣りにて狙う作戦だ。

仕掛け(イシダイ、シブダイ)

(提供:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

まきエサは、ボイル、イワシスライス、パン粉などを適当に混ぜ合わせて、狙いのポイントに定期的に投げ入れた。つけエサは、キビナゴ、サンマの切り身、オキアミボイルの3つ。

良型シブダイをゲット

リールにはカウンターがついているため、アタリがでるタナを細かくチェックして的を絞ると、サオ先に付いたケミホタルが海面に大きく突っ込んだ。

急いでサオ受けからサオを持ち、アワセを入れるとサオの胴まで気持ちよく曲がり、浮き上がった魚をライトが照らした瞬間、良型のシブダイであった。久しぶりに釣り上げたシブダイの姿に、小玉さんと私と2人でしばらくニヤニヤと笑みを浮かべて眺めていた。

小玉さんも40cmを仕留めた(提供:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

シブダイ48cm追釣

その後も同じように午前4時ごろまでに私が4尾、小玉さんが1尾のシブダイを釣ることができた。サイズは48cmが最大(重量未計測)で、私の釣った1尾であった。

シブダイ48cmを手中の筆者(提供:週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚)

イシダイザオ1本での底物とシブダイ釣りだったが、いろんな種類のサオや道具を準備しなくても、手軽に底物の延長線上でもチャレンジすることができた。

まだまだ好調が続く勢いの宮崎県南エリアのシブダイ釣りだが、私もさらなる大物との出会いを信じて挑戦したい。

<週刊つりニュース西部版 APC・野坂僚/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年9月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post夜の沖磯ぶっこみ釣りで48cmシブダイ ウニエサにヒット【宮崎・油津】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事