Yahoo! JAPAN

なぜ【ウマ娘】はモンストやFGOを抑え覇権を取れた?幅広い世代から支持される理由とは

特選街web

twitter.com

今回は大人気のスマホゲーム「ウマ娘」についてご紹介します。昨年から長く続いているステイホームや巣ごもりの影響から、スマホゲームをプレイする時間が長くなったという方も多いでしょう。スマホゲームにもさまざまなものがありますが、中でも近年特に高い注目を集めているのがサイゲームスの提供する「ウマ娘プリティーダービー」です。2021年2月のリリースからSNSなどを中心に大きな話題となり、大ヒットを記録しました。ここではそんな「ウマ娘」の魅力や人気の理由について考えていきます。

リリースと同時に「覇権ゲーム」となった「ウマ娘」

近年では家庭用ゲーム機を脅かすほどの勢いでスマホゲームの人気が高まっています。それだけに多くのゲームがリリースされており、競争も激化しています。

「覇権ゲーム」となった「ウマ娘」 umamusume.jp

そんな中、[ウマ娘]はリリース直後から大きな注目を集め、一気にトップクラスの人気ゲームの仲間入りを果たしています。そこで、まずはこのゲームの魅力をご紹介します。

リリースからわずか3ヶ月で700万ダウンロードを達成

「ウマ娘プリティーダービー」は2021年2月にリリースされたまだ新しいアプリです。しかし、わずか3ヶ月後の5月時点ですでに700万ダウンロードを突破しています。

アプリゲームの場合、無料でダウンロードできるものが多く、「ガチャ」で好きなキャラが当たるまで削除とダウンロードを繰り返す「リセマラ」を行うユーザーも多いです。このことから、ダウンロード数=ユーザー数というわけではありませんが、競争の厳しいスマホゲームの世界では驚異的な数字と言えます。

アクティブユーザー数でもゲームエイジ総研が発表した調査レポートによると、リリースから2ヶ月後の4月時点で200万人を超えています。

アクティブユーザー数が100万人を超えればかなり人気ゲームと呼ばれることが多ので、ウマ娘はわずか2ヶ月でトップクラスの人気ゲームとなったことがわかります。

実在の競走馬を美少女化した育成ゲーム

「ウマ娘プリティーダービー」は、実在の競走馬を「ウマ娘」と呼ばれる美少女キャラクター化した育成ゲームとなっています。

現時点で中心となっているのは90年代に活躍したメジロマックイーン、トーカイテイオー、スペシャルウィーク、ライスシャワーといった馬となっていますが、次々と新しい「ウマ娘」が登場しています。

ゲームの内容は、育てたいキャラクターを選択してトレーニングや休養などを指示し、スピード、パワーといったステータスを成長させていき、レースの勝利を目指すというもの。レースも日本ダービーや皐月賞、菊花賞、有馬記念といった実在のものが数多く登場しています。

特にアクション要素などはなく、ゲーム内容はとてもシンプルですが、競走馬における血統にあたる「因子継承」といった要素も盛り込まれており、やり込み要素の多い奥深いゲームに仕上がっています。

アプリは、以下のボタンからダウンロード(インストール)できます。iOSの場合は「App Store」から、Androidの場合は「Google Play」から行ってください。

「ウマ娘」の人気の理由とは?

実在のものや出来事、動物などを美少女キャラクター化するというアイデアは特に新しいものではありません。また育成というゲームシステムもさまざまなゲームで採用されています。

つまり特別に斬新なゲームというわけではないにも関わらず、ウマ娘は大ヒットを記録しています。そこで、ここからは「ウマ娘」の人気の秘密について考えていきましょう。

増え続けている高い年齢層にマッチしたテーマ

昨今の巣ごもり、ステイホームの影響もあって、これまで若年層がメインだったスマホゲームのユーザーに40〜50代も増えているようです。加えて、「ウマ娘」のテーマである競馬も40代以上の世代に高い人気です。

つまり、「ウマ娘」はゲームのテーマが増加している高い年齢層のユーザーにマッチしたと考えることができるでしょう。

またこの年齢層は、90年代に大ヒットした競馬ゲーム「ダービースタリオン」ブームの直撃世代でもあります。つまり、競馬とゲームの組み合わせに親しみがある世代であるとも言えます。

他メディアとの連携で幅広い層にアピール

前述の通り、高い年齢層にマッチするテーマではありますが、やはりこのゲームのメイン年齢層は20代です。近年、競馬界では若者離れが課題となっている中、若い世代にもしっかりアピールできています。

その理由は、他のメディアとの連携戦略にあると考えられます。「ウマ娘」は単なるスマホゲーム向けのコンテンツではなく、テレビアニメやコミック、リアルイベントなどのメディアミックス作品でもあります。

特に「ウマ娘」の場合、ゲームをリリースする前からテレビアニメの放送やコミックの連載、ライブイベントや関連CDのリリースなどが行われていました。そのため、リリース前からアニメなどを視聴する幅広い年齢層のファンの獲得に成功していたのです。これも、リリースと同時に高い注目を集めることができた理由のひとつです。

まとめ

さまざまなスマホゲームが存在する中「ウマ娘」はリリース直後から多くのユーザーを集めることに成功しました。その裏には、巧みなテーマ選びやメディアミックス戦略などがあったようです。

もちろん、ゲームそのもののクオリティは非常に高く、しっかりと「ハマれる」ゲームとなっています。単なる美少女ゲームとして敬遠している方も、一度プレイしてみてはいかがでしょう?

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. おやつを目の前に、合図を待つ柴犬4姉妹 → この後、とある子にコントのような出来事が!?

    PECO
  2. 命綱なしでバンジージャンプの25歳女性死亡、「飛んで」の合図を勘違いか(コロンビア)

    Techinsight
  3. 「言っておきたいことがある」淡白だった彼の本音【LINE事件簿 #102/距離感のミスマッチング7】

    LAURIER PRESS
  4. 京本大我主演、小池修一郎演出 ミュージカル『ニュージーズ』2021年秋、上演決定

    SPICE
  5. HKT48・リクアワ1位は5期生曲『真っ赤なアンブレラ』田中美久「後輩たちがすごいなと感じて嬉しい」 <HKT48 リクエストアワー セットリストベスト50 2021>

    WWSチャンネル
  6. HKT48・リクアワ35位に田中美久・矢吹奈子(なこみく)楽曲「生意気リップス」がランクイン!<HKT48 リクエストアワー セットリストベスト50 2021>

    WWSチャンネル
  7. 指原莉乃の友達“アミコちゃん”、誰にも見えない…

    ナリナリドットコム
  8. 指原莉乃の友達“アミコちゃん”、誰にも見えない…

    ナリナリドットコム
  9. HKT48[ライブレポート]リクアワで証明した多彩さと大いなる希望「5期生1人ひとりがHKT48に欠かせない存在になれるように頑張ります」

    Pop’n’Roll
  10. 矢野顕子、8/25発売アルバム表題曲 「音楽はおくりもの」、俳優・のんが出演するMV公開

    SPICE