Yahoo! JAPAN

マイボートSLJでハマチ4匹 高齢者でも釣行後の体力に余裕アリが嬉しい

TSURINEWS

朝一番のハマチ(提供:TSURINEWSライター丸山明)

メーカー主導の感もありますが、スーパーライトジギング(以下 SLJ という)が大いに目立ちます。梅雨の播磨灘でマイボートから試してきたので、その模様をリポートします。

SLJとは

SLJ は今に始まったわけでもなく、軽いジグで狙う釣り方は、私自身も夏のツバス(ワカシ)狙いでは、60~80gのライトタックルを使ってきました。しかし、ここ最近、SLJはロッドやジグも含めてオフショアシーンで頭角を現してきました。釣りやすく、おもしろい釣りで、はまってしまう爽快感のある釣りです。

SLJ とは、40~80gの軽くて小さいジグのライトタックルでのジギングです。ジギングですから、基本的には縦方向の動きで、魚を誘い食わします。

ラインシステムは、軽くて小さいジグをスムーズに動かすので、PEライン0.8~1.2号などと細く、潮の抵抗を少なくして、小さいジグで誘うことによって、イサキやマダイ、小型回遊魚や根魚も対象魚になり、狙いものの範囲が広くなります。

ダイレクトな引きを楽しむ(提供:TSURINEWSライター丸山明)

私のフィールド播磨灘では、まずは青物からボートSLJのスタートです。ツバスは、8月から回遊がしますが、その前にシラスやイワシをたっぷり食べて太ったハマチが狙いもので、軽いジグはダイレクト感があり、ライトタックルへの強引とともに、痛快です。これで、魚礁周辺に行くと根魚も混じり、さらに楽しみも出そうです。

特徴をまとめると、

・40~80gの軽く小さいジグで魚を誘うジギング。
・ジグに合わせ、タックルもラインシステムもライト。
・通常のジギングより対象魚が広くなる。
・軽いジグは、魚のダイレクトな強引を味わえる。

の4点でしょう。

 SLJの意外なメリット

近年の播磨灘界隈のジギングは、200~250gのジグを使用して、PEライン2~3号を多用すると聞きます。乗合船では、先に着底させ、かけたら走らせないように一気に取り込むというパターンだとこうなるかもしれません。

私のような mid60 ではとてもとても、重たいジグでワンピッチジャークなど、30分が限界でしょう。ブリクラスを狙う晩秋のジギングでは、覚悟をして150g前後を使いますが、それでも体力の限界を感じます。

上2個は150g・その他は80g以下(提供:TSURINEWSライター丸山明)

ところが、80g以下のジグで細いラインは、体力の消耗が大きく違い、ドラグ調整さえ間違えなければメジロクラスも獲れ、夏の体力勝負のシーンでは大きなメリットという意外性を見つけました。15~20号のオモリと50~80号のオモリを振り回す違いは相当です。

動かさない限り釣れないのがジギングなので、軽く動かせるというのは、持続性があり、釣れる機会が高く、とても大きなアドバンテージです。また、軽く小さいジグは速い動きより、ゆっくりとした動きの効果も大きく、これもSLJの身体に優しい意外なメリットです。

・体力消耗が通常のジギングと比較して断然少ない。タイラバの感覚。
・40~80gと150~250gのジグをワンピッチジャークすれば、答えは簡単で、楽に釣れる。
・ジグアクションがゆっくりでも効果があるSLJは、身体に優しい。
・ハマチならば問題なし、メジロも何とか。ライトタックルのダイレクト感は抜群。

ジギングはしんどく辛いと思った方も、SLJならば、レッツトライです。

明石海峡でSLJ

中潮1日目。明石海峡の転流時刻は7時11分で、上げ潮の動き始めからが釣り時です。6時に出航し、潮が動き始める前には高倉瀬東のポイントで待ち構えます。

シーズン初期ですから、魚探反応が賑やかになるというよりも、ハマチが朝ごはんのベイトを探し回るのを、彼らの食事場付近で待ち構えている図式です。

梅雨明け前の豪雨で濁った水色の朝、ジグは80gのゼブラグローでアピールをします

50cm級ハマチ手中

ボートが上げ潮に乗り動き始めの7時半過ぎ、水深30~20mのカケアガリで、フォールのジグが流されるように喰われました。勢いよく走り、一気にラインがドラグ音とともに出ていきます。

止まらない……よく走ったハマチは、50cm後半の良型でおいしい奴ですが、フックが尾の近くにかかっていました。前後逆に元気に走ったようです。

尾の近くにフッキングした1匹目(提供:TSURINEWSライター丸山明)

そして、8時過ぎ、潮の流れは1.7kt、大きなジャークにアタリ。フォールから狙っていたのでしょうが、よく走り引っ張ります。良型のハマチの予感です。潮の緩い本日は、PEライン1.2号&リーダー6号とSLJでは強めのラインシステム、安心感はあるもののドラグを締めれるほどの余裕はなく、SLJロッドの#0は、180°下を向くように曲がります。

本命続々ヒットに満足

続いて同型の50cm後半が、ボートを潮上に戻すたびに連続し、最初の時合いで4匹釣りました。すべてグローのジグに喰い、フォールを多用させた動きが当たったようです。釣り始めから1時間少々で、ひとりのボート釣りSLJでは、上々の釣果に恵まれました。

フォールで食うとリヤフックに掛かる(提供:TSURINEWSライター丸山明)

その後、ハマチはベイトを探しに消えたので、ジグカラーを変更させてしばらく誘いましたが喰って来ません。午前中の潮は緩く大きくないものの、また時合いは訪れるはずです。

でっぷりした腹回りに脂がのっている(提供:TSURINEWSライター丸山明

しかし、4匹キープすればしばらくは脂の乗ったハマチを食せるなと、暑くなる前の9時過ぎに沖上がりし、満足なドヤ顔の帰港の途につきました。

手軽に良型に出会える

小さく軽いジグにライトタックルで、このクラスのハマチはたいへん面白く、釣る楽しさを味わえるSLJでした。60歳半ばの筆者がくたくたになるジギングとは違い、今日は体力が温存されています。いいですよ。

58~54cmの良型4匹をゲット(提供:TSURINEWSライター丸山明)

<丸山明/TSURINEWSライター>

The postマイボートSLJでハマチ4匹 高齢者でも釣行後の体力に余裕アリが嬉しいfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事