Yahoo! JAPAN

ウーマン村本「小山田圭吾は心が欠けてた」発言に賛否 前日には「選手の過去も掘り起こそう」とも

Techinsight

小山田圭吾のような人が「減ればいい」と村本大輔

過去のいじめ問題により東京五輪・パラリンピック開会式の楽曲担当を辞任したミュージシャン・小山田圭吾について、お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔がTwitterで「小山田圭吾は心が欠けてた」と持論を展開して賛否を呼んでいる。村本はその前日にも「オリンピック選手の過去も掘り起こそう」と投げかけて波紋を広げたが、国内外の声に目を向けてみるともしかして村本は暗にいじめ問題の闇をあぶりだそうとしているのかもしれない。

小山田圭吾が1990年代に雑誌インタビューで学生時代に障害があるクラスメイトたちをいじめていたことを自慢げに話していたことが問題視され、東京五輪・パラリンピック開会式の楽曲担当者にふさわしくないとバッシングを浴びた。小山田は7月16日にTwitterで謝罪して一旦は楽曲担当を継続する流れになったものの、やはり世論の理解を得られず19日に辞任を報告するに至った。

雑誌に掲載された小山田のいじめは凄惨なもので、ワイドショーなどテレビ番組では詳細を話すことをためらったほどだ。村本大輔は7月20日にTwitterで「うんこ」という言葉をダイレクトに用いて小山田圭吾のいじめを描写することにより、「可哀想なのは、いじめられた障害者よりもそんな酷いことができる小山田の方だ」と持論を展開。「こんな人が減ればいい」と指摘したところ、小山田の行為に対して「まさに心が病んでますね」と解釈するフォロワーもいたが、多くは村本に反発しており「逆張りでカッコいいと思ってますか? いじめられた方は本人含め、その家族も悲しいんですよ? いじめられた子の親、祖父母の気持ちわかります?」と訴える声もあった。

ちなみに海外ではTwitterに公式マークがつくようなジャーナリストやラッパーなども、小山田圭吾のいじめ問題についてツイートしている。「障害によって特別支援が必要な子どもを愛する人々は怒りに震えている」という批判があれば、日本文学の研究者であるKrzysztof Olszewski氏は「日本の学校の“いじめ”は残忍で暗い。被害者の両親を助けることもなく、安全も提供されぬ環境を改善するのに苦労するだろう。日本にそうした改革者がいるのか、若者のリハビリはどうなっているのか気になる」と懸念していた。

小山田は過去のいじめが再浮上して問題視されるまで反省や謝罪もしなかったことを非難されているが、このたびの騒動により国内でも同じようないじめを行ったりあるいは目撃したという声が出始めているようだ。たとえばヒップホップMCのKダブシャインはTwitterで「過去に同級生が特別学級の障害がある子どもたちを小山田と同じようなことをしていじめていたが、今は大人になって涙ながらに懺悔している」というつぶやきをリツイートして「すでに悔い改めてるなら、被害者とその家族以外は責めなくてもいいかもね。その反省をこれからどう世の中に還元するかが、その子の一生のテーマになるだろうから」とコメントしている。

そんななか村本は19日、過去に出演した番組で女性のスカートをめくるセクハラ行為をTwitterに公開して「もし僕がオリンピックで作曲を任されたらこの動画を流してください」と懺悔しながら、その後に「オリンピックの選手の過去も全部掘り起こそう…オリンピック、パラリンピックの選手の過去、全部、知りたい。酷いやつは全員クビにしよう」とツイートした。きわどい発言にフォロワーが「そもそも五輪仕切ってる人達は、それらの要件に引っ掛からないのかって話です」、「一連の流れにビビっている人達は間違いなくたくさんいるはず」と共感する一方で、「は? 過去ほじくり返してどうすんだよ あいつ(小山田)は自らいじめを武勇伝のように語ったところにも問題あるんだよボケ」という批判や「今回のことがいじめのひとつの抑止になればと思います」と期待する声も見受けられた。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

【関連記事】

おすすめの記事