Yahoo! JAPAN

あなたの愛犬もよくしてない?犬にとっての『楽な姿勢』3選

わんちゃんホンポ

愛犬の寝方を見てみよう

皆さんは寝るときにどんな体勢で寝ていますか?

あおむけが良かったり、横向きが良かったり、体調やそのときどきの気分に寄るかもしれませんが、多くの場合はご自身が一番「楽」と感じる姿勢で眠るのではないでしょうか。

人間同様、犬も眠るときやリラックスするときはその時の一番「楽」な姿勢をとるものです。

皆さんのおうちの犬たちがどんな寝方をしているのか、リラックスタイムにぜひ見てみましょう。

犬にとっての「楽な姿勢」

1.横向き

室内で飼われている犬たちの多くがこの体勢をとります。

身体を横に倒して四肢をそのまま伸ばしている寝方ですね。自宅の床の上でも、ソファの上でも、横向きに倒れて足を伸ばして眠る姿を良くご覧になっているのではないでしょうか。

この姿勢は、犬にとってかなり楽でリラックスしている状態の姿勢のようです。

この姿勢で眠る犬たちは熟睡していることが多く、時折夢をみているように足先をバタバタさせたり、ちょっと寝ぼけて小さく吠えてみたりすることがあります。

人間と比べると眠りが浅い方の犬ですが、この姿勢をとるときは安心している状態であり、家族を信頼していると考えられています。

また、横向きに寝るということはお腹の部分が空気に触れるので、少し涼しいということも犬にとっての「楽」なのかもしれませんね。

もっと熱くなるとお腹を完全に床にくっつける「腹ばい」の姿勢をとる子もいます。

2.丸くなる

寒いときなどはよく見かけますね。足先を体の下にもぐし、尻尾で鼻先を隠していることもあります。

我が家の犬は更に前脚で自分の鼻を隠すようなポーズで寝ることも。

これも身体を小さく丸くしているので人間から見れば「苦しくないの?」という姿勢ですが、犬にとっては安心なポーズのようです。

室温や外気が冷えていると身体も冷えてしまって、いざというときに動けません。

丸くなって眠る姿勢は、手足や鼻先などの末端部やお腹を冷やさず温めて守る姿勢です。

3.顎の下に何かを敷く

うつ伏せになった犬が顎の下にクッションを入れていたり、ソファのひじ掛けにちょこんと顎をのせたりしているのをご覧になることはありますか?これも犬にとってはとても楽な姿勢のようです。人

間でいう肘枕や頬杖のようなものでしょうか。身体のどの部分より頭は重いものなので、枕のようなものがあれば「楽」ですよね。

また犬がうつ伏せになると、どうしても顎が背中のラインより下になります。若いうちはまだ筋肉がしっかりしているので良いのですが、歳をとってくるとだんだん首付近の筋肉も衰えてしまい、うつ伏せのままだと呼吸が苦しくなることがあるようです。

そのため、老犬の介護などでも寝ている犬の顎のしたに枕などを置くことによって呼吸を楽にしてあげることが大切です。

まとめ

犬たちは人間とは身体の造りが異なり、関節の可動域も随分と違っています。

特定の方向には人間より身体が柔らかかったりすることもあるので、人から見て「苦しくないの?」という姿勢も実は犬にとっては楽々な姿勢だということもあるようです。

そのためリラックスしている状態の犬であれば、大体がその姿勢は「楽」といえるでしょう。

ただし、犬の横座り(オスワリをしたときに両脚が崩れて横に投げ出されたような状態)については注意が必要なことがあります。

いつも同じ方向に横座りをしている場合は、股関節や腰の骨の不具合がある場合もありますので、気になる方は獣医さんに相談してくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事