Yahoo! JAPAN

ケンコバも支持した吉本坂46の活動休止、理由は「不純なやつおったから」

Techinsight

ケンドーコバヤシ、吉本坂46の活動休止を支持した理由とは…

今年2月のワンマンライブを最後に活動休止した吉本坂46。乃木坂46・欅坂46(現・櫻坂46)に続く坂道シリーズの第3弾として2018年に始動した彼ら、吉本興業と秋元康がタッグを組んだ大型プロジェクトは4年間の活動を経て一旦“冬眠”に突入した形だが、ケンドーコバヤシはこの決定を「よかったと思う」と支持している。その理由は、特定のメンバーに“不純な活動動機”があったからだという。

11日に放送された『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で、AKB48の新曲『元カレです』について触れたケンドーコバヤシ。YouTubeで何度も動画を見返したというケンコバは同番組で共演している村山彩希のダンスを絶賛し、「一番頑張ってました」とその努力を称えていた。

それを受け、アンガールズの田中卓志は「そのぐらい熱もって吉本坂もいってほしかったな…」と活動休止した吉本坂46を回顧。吉本坂46の結成が発表された当初は男性メインの人選に疑問を呈していた田中だったが、最終的には応援していたという。

田中はこの日、メンバーとして活動していたトレンディエンジェルの斎藤司に偶然会ったそうで、活動休止という結果に悔しさをにじませていた斎藤に「またやってくれ」とエールを送ったことを明かすと、ケンコバは「やらへんよ」「永久凍土や」と断言。「みんな真面目にやってたから…」と言いつつも、「冬眠させて良かったと思う、結局は」と活動休止という選択を支持していた。

その理由について「やっぱ不純なやつおったから」と語ったケンコバ、田中から「誰ですか?」と問われると、「たかし」と斎藤の相方であるトレンディエンジェルのたかしの名を即答しスタジオを笑わせた。もともとアイドル好きを公言しているたかしだが、吉本坂46としてアイドルと共演することが活動のモチベーションになっていたうえ、「やっぱアイドルだから、当然キャーキャーのファン来るわけやから、手ぇ出すとか」と黄色い声援を送ってくれる女性ファンと交流を持とうとしていたことまで暴露され、「最悪な集団じゃないですか」と田中にツッコまれていた。

さらに「少なからずそういう不穏分子いたからな」と同様の理由で活動していたメンバーが複数いたことを明かしたケンコバ。これには田中も「たかしとかもそうだし、おじさん多いし…」とある程度理解しているようで、「女の子だけでやってたほうが、絶対当たってたって」と改めて人選の重要さを強調していた。

こうみるとかなりネガティブな印象を持たざるを得ない吉本坂46の“冬眠”であるが、今回の選択について「諦めてはない」「よりいい味になるため」と前向きに捉えるメンバーもいる。冬眠から目が覚める時期はまだ分からないが、その際にはきっとさらにパワーアップした彼らのステージを見ることができるだろう。

画像2枚目は『吉本坂46⊿マサルコ 2022年2月7日付Twitter「吉本坂46永遠に、、」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

【関連記事】

おすすめの記事