Yahoo! JAPAN

自民党パーティー券不正問題 山口氏「全く関与していない」

赤穂民報

山口壮衆院議員のホームページにアップされた文章

 自民党の安倍派や二階派が政治資金パーティーを裏金づくりに利用していたとみられる問題で、2020年12月から21年10月まで二階派の事務総長を務めた兵庫12区選出の山口壮衆院議員は20日、「派閥の資金関係については全く関与していない」と自身の関わりを否定した。

 この問題をめぐっては、政治資金パーティー収入の一部を政治資金収支報告書に記載していなかった疑いがあるとして、東京地検特捜部が19日、安倍派(清和政策研究会)と二階派(志帥会)の事務所を強制捜査。上脇博之・神戸学院大学教授が政治資金規正法違反の疑いで東京地検に告発した志帥会の現旧事務総長3人の中に山口氏も含まれている。

 山口氏は赤穂民報の取材質問に対し、「事務総長として担っていた業務は派閥内の調整や若手議員の指導育成であり、派閥の資金関係については全く関与していない」と事務所を通じて回答。自身のホームページにも回答と同じ文章をアップした。

 また、自身の政治資金についても「平時より確認を重ねながら厳格に法令に則って収支報告書に記載をしている」と潔白を主張。「本件は党全体もしくは政治全体に関わる課題であり、政治に対する国民の信頼を回復すべく全力で取り組んで参ります」とコメントした。

 * * *

 自民党の政治資金パーティーをめぐっては、同党兵庫県支部連合会が主催したパーティーでもパーティー券を販売した議員に収入の一部がキックバック(環流)されていたことが一部報道で報じられている。

 関係者によると、県連主催の政治資金パーティは2年に1度開かれ、1枚2万円のパーティー券を国会議員は100枚、県議は30枚を販売する事実上のノルマがあり、ノルマを超えて販売すると1枚につき7000円が「寄付」や「交付金」の名目で議員側に環流されていたという。

 赤穂市・赤穂郡・佐用郡選挙区選出の長岡壮壽県議は赤穂民報の取材に「パーティー券は毎回ほぼすべて自腹で購入していた。30枚以上購入したことがないので、キックバックを受けたことはない」と答えた。

おすすめの記事

新着記事

  1. 槙田紗子[<SACOFES. UNIVERSE>終演後インタビュー]深い繋がりのあるアイドルたちと作り上げた多幸感あふれるステージ「もうとにかく感謝感謝しかないです」

    Pop’n’Roll
  2. 気になる“熟年離婚”のその後…元夫婦たちの末路 #7「元夫が隠れて…」

    ウレぴあ総研
  3. 【京都洋食ランチ】名物の肉厚ポークチャップ定食!北大路駅前の老舗洋食店「ゲンペ」

    キョウトピ
  4. ドイツビール&ドイツ料理が大集合!「神戸オクトーバーフェスト」開催

    PrettyOnline
  5. もう島根に行くしかないぞ。鳥取も【家そば放浪記】第217束:亀ちゃんにもらった、イトメン『イトメンの二八そば』希望小売本体価格409円(1人前136円)

    ロケットニュース24
  6. AMEFURASSHI、新曲「Secret」のダンスプラクティス&メイキング映像を同時公開

    SPICE
  7. 実は彼氏が彼女に思っている!「しなくていい」3つのこととは?

    4MEEE
  8. 下膨れが気にならなくなるよ!若返るウルフヘア5選〜2024年春〜

    4MEEE
  9. 1960年代の鎌倉の海とサーフカルチャーを知る  4月27日~5月5日 写真展示や出川三千男さんの講演も〈鎌倉市〉

    タウンニュース
  10. 性的マイノリティ相談 県がLINE窓口開設〈南足柄市・大井町・松田町・山北町・開成町〉

    タウンニュース