Yahoo! JAPAN

犬のモチベーションをガクッと下げてしまう『絶対NG行為』6選

わんちゃんホンポ

犬のモチベーションをガクッと下げてしまう絶対NG行為

1.「うちの子バカだから~」と言葉にする

愛犬の前で「うちの子バカだから~」と言葉にするのは絶対NGな行為です。

相手を持ち上げるためや冗談で言っているのかもしれませんが、愛犬のモチベーションを下げます。

笑い話にしてしまうのもダメです。

犬は「バカにされている」「笑い者にされている」と感じます。

バカという言葉そのものは理解できないかもしれませんが、褒め言葉でないことは理解できます。

2.「何で出来ないの?」と言葉にする

愛犬に対して「何で出来ないの?」と言葉にするのは絶対NGな行為です。

しつけを行っている最中であれば、言われた瞬間にモチベーションはガクッと一気に下がります。

犬だって出来ないことは分かっています。なぜ出来ないのかを考えています。

出来ないことが悔しくて落ち込んでしまうことがあります。

追い打ちをかけるように「何で出来ないの?」という飼い主の言葉は心にグッと突き刺さります。

犬は出来るまで諦めることのない性格を持つ動物です。飼い主から応援されるともっとやる気を出します。

しかし、ネガティブな言葉によって心が傷つけられた犬は「自分は出来ない子だ」「自分は悪い子だ」と自分を責めるようになってしまいます。

やがて挑戦することにさえ不安や恐怖を感じるようになってしまいます。

3.ガッカリした態度を取る

愛犬の行動に対して飼い主がガッカリした態度を取るのは絶対にNGな行為です。

トイレを失敗してしまった時、「はぁ…」と大きくため息をついたり、イライラとした態度で後始末をしたりしていませんか?

まだトイレトレーニングの最中なのであれば、上手く排泄できるように頑張ろう!と挑戦し続ける愛犬のモチベーションを下げてしまいます。

トレーニングを終えている場合、飼い主のガッカリした態度がストレスになり、わざと排泄を失敗するようになってしまうこともあります。

犬が何かを失敗してもガッカリした気持ちを態度や言葉にしてはいけません。

「また次頑張ろうね♡」と明るく励ましてあげてください。成功した時に思いっきり褒めてあげてください。

4.期待し過ぎる

飼い主の期待し過ぎる言葉や態度は絶対にNGな行為です。

焦りや緊張は犬にとって負担となり、モチベーションを下げてしまいます。本当は上手く出来ることも失敗しやすくなってしまいます。

「頑張れ!」「出来るよ!」という強い期待が込められた言葉や言い方は、時に犬に不安や恐怖を与えることもあります。

飼い主が「上手くできたら良いけど失敗しても平気だよ♡」くらいのテンションであると犬も変に緊張したりしません。

5.「どうせできないから…」と心の中で思う

愛犬のモチベーションを下げてしまわないために言葉や態度にしなければいいというわけでもありません。

たとえ心の中で思うだけであっても「どうせできないから…」という感情で接するのは絶対にNGな行為です。

犬は飼い主の感情を読み取ることができます。言葉を理解することや話すことができない分、発達している能力です。

愛犬に理解してほしいことがある時は、言葉や態度で示すことも必要ですが、その言葉や態度と同じ気持ちでいなければ伝わりません。

6.怒鳴る、叩く

出来ないことや失敗したことを怒鳴ったり叩いたりするのは絶対にNGな行為です。

モチベーションが下がるだけではなく、飼い主への恐怖心を植え付ける行為です。

愛犬は常に飼い主に対して怯えながら生活しなければならなくなってしまいます。たった一度でも行ってはいけません。

まとめ

犬のモチベーションをガクッと下げてしまう絶対NG行為を6つ解説しました。

✔「うちの子バカだから~」と言葉にする
✔「何で出来ないの?」と言葉にする
✔ガッカリした態度を取る
✔期待し過ぎる
✔「どうせできないから…」と心の中で思う
✔怒鳴る、叩く

飼い主のNG行為がなくても犬のモチベーションが下がることはあります。集中力が切れてしまった時です。

しつけやトレーニングは犬の集中力が高まっているうちに終えてしまうとよいです。

次のトレーニングにも繋げやすくなりますし、モチベーションも成功率も上がるでしょう。

【関連記事】

おすすめの記事