Yahoo! JAPAN

京浜東北線E233系が並走、山手線を試運転

鉄道チャンネル

2021年4月13日、東京駅3・4番ホーム。

山手線と京浜東北線の方向別複々線が続く区間の北行きホームで、3番のりばには京浜東北線のブルー帯がついたホームドア。4番のりばには山手線のグリーンの帯のホームドアがつく。

この日の15時、山手線内回り(池袋方面)が発着する4番ホーム電光掲示板に「電車がまいります」と灯り、客がホームドアにちかづいてくる。

電車のヘッドライトが見えた。あ、あれ?

やってきた電車は、となりの3番のりばにつくはずの京浜東北線E233系。行き先表示は「試運転」。列車番号表示は「9496C」。

山手線の線路を伝って試運転する、さいたま車両センター所属E233系1000番台 163編成だった。

もちろんホームドアも開かず、山手線ダイヤの間をぬって行く試運転列車は、いったん停止してクラクションを鳴らしてすぐに出ていった。客たちは同じく「あ、あれ?」という表情。

東京総合車両センター所属の山手線E235系は11両編成。10両編成の京浜東北線E233系がこうして山手線の線路を行く試運転列車は、停止位置が違う駅もある。

山手線と京浜東北線の線路は、田端や上野などで渡り線を介してつながってる。この試運転E233系1000番台 163編成も、どこかの渡り線を伝って京浜東北線の線路へと戻るか――。

ちなみに有楽町付近では京浜東北線E233系1000番台どうしが並走するシーンもみえて、ちょっと不思議な光景が展開していた。

◆新幹線が接する田町駅、羽田空港アクセス線の電車が顔を出す地
https://tetsudo-ch.com/11366724.html

◆中央線 E233系 グリーン車2両追加にむけ準備、トイレ設置や電動車に補助電源_ホーム延長もすすむ
https://tetsudo-ch.com/11099734.html

◆貨物駅が旅客駅に、商品名が駅名や地名になった街
https://tetsudo-ch.com/11357784.html

(画像はイメージ)

【関連記事】

おすすめの記事