Yahoo! JAPAN

待ってました~! “1か月間の休業から新装開店”人気パン店の新たなおいしさ【古後大輔の福岡パンライフ#73】

ARNE

ARNE

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

ぱんにちは〜! 今日もすてきな「福岡パンライフ」をテーマに、最旬のベーカリー情報やおすすめ商品をお届けします。

今回は9周年を機に新装開店した人気ベーカリーの新たな門出をご紹介!

パンを囲んでみんなが心地よくなる空間「BAKERY タツヤ」(福岡市南区)

訪れたのは、福岡市南区花畑にある『BAKERY タツヤ』。

画像:シティ情報ふくおか

今年で9周年を迎える、パン好きの間では言わずと知れた人気ベーカリーだ。

10年目を迎えるにあたってオーブンを新調。その入れ替え作業に伴い、4月まるごと1か月をかけて店内も改装。そして、2021年5月1日、装いも新たにリニューアルオープンしました。

外から店内の様子がうかがえる外観。

画像:シティ情報ふくおか

白い木枠で縁取られたガラス窓からは、パンづくりの風景も垣間見える。以前よりも見通しがよくなった分、開放感が増して、誰でも入りやすい造りです。

画像:シティ情報ふくおか

今回のリニューアルの目玉と思われるのが、この特注の木製ドア。

画像:シティ情報ふくおか

特にこの丸い取手が心地いい。どこか『BAKERY タツヤ』のパンの印象とも重なります。

店内レイアウトも大幅に変更。

画像:シティ情報ふくおか

店に入って右手、厨房側に大きなパンの販売棚。

画像:シティ情報ふくおか

左手に焼き菓子や食パンが陳列された会計カウンター。

画像:シティ情報ふくおか

店の奥には焼きたてのパンと予約されたパンの保存棚があり、その脇にはテラス(現在はコロナ対策のため休止中)があります。

天井が高く幅広な建物の特性を生かし、伸び伸びとしていて、すこぶる気持ちいい空間。通路もゆったりで、これならベビーカーや車椅子でも安心です。

画像:シティ情報ふくおか

気をてらうでもなく、できるだけシンプルに。パンを中心に、作り手、伝え手、買い手、みんなが心地よくなる空間。

どことなく、どのパンもほっこり顔で寛いでいるようだ。

画像:シティ情報ふくおか

新オーブン絶好調!ハード&リッチ系に要注目

こちらがパンの陳列棚のすぐ後ろにある新しいオーブン。期待通りの機能を発揮してくれていて、すこぶる順調とのこと。

画像:シティ情報ふくおか

その好調さがよく見て取れるのがバゲットやカンパーニュといった大きなハード系のパンと、クロワッサンやフルーツデニッシュなどリッチ系の生地を使ったパンだ。

画像:シティ情報ふくおか
画像:シティ情報ふくおか
画像:シティ情報ふくおか

大きな欠伸でもしながら背伸びしているかのように釜伸びして、ぷっくり、ふっくら、きれいに焼き上げられている。

画像:シティ情報ふくおか
画像:シティ情報ふくおか

そんな新しい味わいが楽しめる、今回購入したおすすめのパンがこちら。

画像:シティ情報ふくおか

『穀物パン』(600円、ハーフ300円)。

画像:シティ情報ふくおか

外側はコンガリと香ばしく。中身は適度な水分を保ちつつ、ふっくら。切った瞬間、小麦の風味が立ち上がる。

画像:シティ情報ふくおか

『角切りベーコンとハニーマスタードフランスパン』(360円)。

画像:シティ情報ふくおか

フランスパン生地のサクサク感とフワフワ感が、具材の旨味と合わさって、よりしっかりと感じられる定番の一品。

画像:シティ情報ふくおか

『季節野菜のタルティーヌ』(370円)。

画像:シティ情報ふくおか

噛みしめるほど生地の味わいが広がるバゲットの上に、色鮮やかな旬野菜がもりだくさん!

画像:シティ情報ふくおか

『ソーセージとバジルフォカッチャ』(360円)。

画像:シティ情報ふくおか

ふんわりと軽やかなのに、味わい深さもある。炭酸系のおつまみにもぴったり!

画像:シティ情報ふくおか

『ハニートースト』(200円)。

画像:シティ情報ふくおか

『BAKERY タツヤ』開店以来の名物・食パンに自家製のはちみつバターをたっぷりと染み込ませてカリカリに焼き上げた、クセになる味わい。

画像:シティ情報ふくおか

『シナモンロール』(300円)。

画像:シティ情報ふくおか

風味豊かなブリオッシュ生地と自家製シナモンペーストがベストマッチ。

画像:シティ情報ふくおか

『グレープフルーツデニッシュ』(350円)。

画像:シティ情報ふくおか

サクサクのクロワッサン生地。瑞々しいカスタードクリームとグレープフルーツの甘みと酸味。高級スイーツにも負けないおいしさ。

画像:シティ情報ふくおか

“新しいけど、懐かしい”どんどん土地に馴染んでいくベーカリー

今回は昼過ぎにおじゃましたので売り切れていたが、サンドイッチ類もお見逃しなく。すべてのパンが出揃うのは10時半から11時前後とのこと。

画像:シティ情報ふくおか

パンと一緒に楽しみたいコンフィチュールやコーヒー、焼き菓子も充実。

画像:シティ情報ふくおか
画像:シティ情報ふくおか

詰め合わせにもしてくれるので、贈答用としてもおすすめですよ。

画像:シティ情報ふくおか

幼稚園帰りの親子や年配のご夫婦など、相変わらず老若男女と客層は幅広く、取材中も客足はひっきりなし。スタッフがその合間を見ては、SNSを見ていないだろう常連客、一軒一軒に電話で開店のお知らせをしていた。

画像:シティ情報ふくおか

新しい門出と共に10年目を迎えた『BAKERY タツヤ』。

南区花畑という場所にしっかりと根を張り、地域と一緒に成長してきたパン屋は、9年の月日を経て、今なおますますその土地に馴染んでいっているように思える。

普通だけど、ここにしかない。新しいけど、なぜか懐かしい。そんな新装開店の新しいおいしさ。ぜひみなさんも味わってみてください。(文/古後大輔)

<店舗情報>
■BAKERY タツヤ(ベーカリータツヤ)
住所:福岡市南区花畑2-45-29
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【関連記事】

おすすめの記事