Yahoo! JAPAN

飲食店主・鈴木さん呼び掛け 式典見合わせ 新成人へ応援企画 街ぐるみで門出に花を 〈藤沢市〉

タウンニュース

新成人に振る舞う予定のプレートを紹介する鈴木さん(左)と調理担当の鈴木千恵さん

新型コロナウイルスの影響で成人式の会場開催が見合わせになった藤沢の新成人を元気づけようと、南藤沢で飲食店を営む鈴木一哉さん(48)が応援企画を発案した。今後予定される新成人の集いに合わせ、湘南シラスや地場野菜を使った無料のプレート100食分を用意。現在企画に賛同する事業者を募っており、街ぐるみで門出に花を添えたい考えだ。

市の成人式は当初、3部制での開催が予定されていたが、緊急事態宣言の再発令が見込まれる中、会場開催は中止に。成人の日当日はオンライン配信のみとなった。

イタリア料理店「タントタント」を営む鈴木さん。同店にも式典を楽しみにしていたスタッフがいたといい、肩を落とす姿を見て胸を痛めた。「成人式は一生の思い出。何かしてあげられないか」。具体的な時期は未定だが、式典の代替行事が検討されていることを知り、今回の企画を立ち上げることにした。

自らは朝食を手掛ける「FUJISAWAHOTELEN」=南藤沢=で提供する、シラスや藤沢産の野菜などをふんだんに使った「藤沢朝食プレート」を用意。1500円相当で、計100食分を無料で振る舞う予定だ。また同ホテルの宿泊券10組20人分やネイルエステ体験などの案も具体化しつつある。飲食に限らず企画への参加は引き続き募っており、「無理のない範囲で協力してもらえたら」と話す。

「元気届けたい」

コロナ禍の長期化で飲食店の苦境が続く中、影響は身の回りでも顕在化している。知り合いの同業者が店を畳み、長年続いた料理教室がなくなった。苦境は自身も例外ではないが、それが現状だ。ただ、こうも思う。

「飲食店はお客様に楽しんでいただくのが本来の姿。こんな時だからこそ、自分たちが元気を発信しなくては」

昨年5月の緊急事態宣言解除後、店を訪れた客からは「がんばってください」「応援しています」など激励が相次ぎ、地域から必要とされるありがたさが骨身にしみた。だから、企画を通じて新成人にも伝えたい。

「若者に寄り添う人間がこの街にいるんだと。地元愛を感じるきっかけになれば」

応援企画の問い合わせは鈴木さん【携帯電話】090・9845・0812へ。

【関連記事】

おすすめの記事