Yahoo! JAPAN

マスク姿をより若々しく美しく見せるためのポイント

つやプラ

40代・50代の女性のための美容・健康法を発信する、美容マガジン「つやプラ」

マスクが手放せない生活になり、ほうれい線やたるんだフェイスラインが隠れることによって、これまでより若く見えるような気がする方も増えたのではないでしょうか。しかし、マスクをする際にちょっとした要素が重なることで、老けて見えてしまう場合もあります。

美容ライターの筆者が、マスク姿をより若々しく美しく見せたい方のために、マスク着用時の老け見えポイントと解決法をご紹介します。

■アイブロウのカラーが合っていない

マスクをしていると、顔のパーツで見えているのは眉と目だけになります。この二つのパーツが印象のほとんどを占めるので、アイブロウメイクが老け見えに大きく関わっています。

アイブロウのカラーが濃いと、眉の主張が強くなり、時代遅れな印象になります。

逆に薄いと、幸が薄く貧相な印象に見えてしまいます。

どちらの眉も老け見えにつながるので、自分に合ったアイブロウカラーでアイブロウメイクをすることが大切です。

アイブロウカラーの正しい選び方

色味

ヘアカラーをしている場合は、自分がどんな色味のカラーに染めているか確認してみましょう。ほとんどの方がブラウンカラーに染めていると思いますが、一口にブラウンといっても、その色味はさまざまです。

赤みにも黄みにも寄っていない、ナチュラルなブラウンにしている方は、ナチュラルブラウン。アッシュブラウンやラベンダーブラウンにしている方は、グレーやくすみを感じるブラウン。ピンクブラウンやオレンジブラウンにしている方は、赤みのあるブラウンを選ぶようにしましょう。

明るさ

色味を確認したら、次は明るさをチェックします。一般的に髪色よりも1トーン明るめを選ぶのが正解です。髪を染めていない黒髪の場合は、グレーを使用している方も多いと思いますが、暗めのアッシュブラウンをチョイスした方が、昨今のメイクトレンドとの相性がいいので若見えにつながります。

■前髪で額が隠れている

前髪で額がすべて隠れていると、前髪とマスクで顔の大部分が覆われて、抜け感がまったくなく重たい印象に見えてしまいます。

さらに上の画像のように、前髪でちょうど目の位置に影ができるので、くすみがちな40・50代の目元をさらに暗く沈ませます。額をすべて覆うような厚めの前髪にしていると、その分影ができる部分が多くなるので、目元全体を暗く見せる原因になります。

マスク着用時の前髪には隙間が大切

前髪がある方は、前髪ですべて額を隠さずに、少し隙間を作って額を見せるようにしましょう。そうすることで抜け感が出て、暗い印象が緩和されます。

前髪を横に流すようにして額を見せてもいいですし、流さない場合は隙間を空けるように束感を意識して整えます。

厚い前髪は野暮ったく見える場合があるので、少し前髪を軽くするのもおすすめです。

しかし、昨今若い子の間で流行っている極度に前髪を薄くするシースルーバングを、40・50代がやると貧相に見えるので、適度に軽くするようにしてくださいね。

■白いマスクを使っている

一番スタンダードな白いマスクを使っている方は多いと思います。ところが実は、白いマスクは40・50代との相性があまりよくありません

年齢を重ねると、血行不良により血色感が足りなくなり、くすみも気になるようになりますよね。この大人肌に白いマスクを付けると、白とのコントラストで余計に肌がくすんで見えてしまいます。

また、血色感を一番司るチーク部分をマスクの白で覆ってしまうので、不健康で疲れたように見えやすくなります。

若見えにつながる血色カラーをチョイス

くすみや血色不足が気になる場合は、血色感のあるカラーマスクを使ってみましょう。

コーラルやピンク系のカラーマスクを使うことで、血色感を纏うだけでなく、マスクがレフ版のように暖色の光を穏やかに反射してくれるので、血色感のある若々しい肌を演出してくれます。

白と比べて、コントラストも穏やかになるので、くすみも目立ちにくくなりますよ。

マスクで老け見えするポイントと若々しく見せるための解決法をご紹介しましたが、当てはまるものはありましたか? 一つ改善するだけでも印象は変わりますので、できるものからぜひ実践してみてくださいね。

(美容ライター/美容ブロガー/メイクアップアドバイザー/DNA栄養学ジュニアアドバイザー/GEN INE認定講師 伊早坂 美裕)

【関連記事】

おすすめの記事