Yahoo! JAPAN

年収1000万円の個人事業主「税金を取りすぎ。まともに所得を出すと、利益がなくなります」

キャリコネニュース

税金高すぎて、生活が苦しい…

社会保障や公共サービスを維持するには、税金が必要だ。しかし、税制の在り方や税金の使い道については、「改善の余地があるのでは?」と思えてならない。

キャリコネニュースには、税金に対する不満や怒りの声が、数多く寄せられている。

「税金や社会保険料が高すぎる。これで『少子化が大変』とか……失笑」(兵庫県/20代男性/IT・通信系/正社員/年収300万円台)

「復興増税も被災地以外で使われている し、政府にお金を渡すと無駄遣いしかしない。税金は合法的な強盗か?税金下げろ!」(愛知県/40代男性/流通・小売系/正社員/年収400万円台)

徴税は "きっちり" と行うのに、その使い道が"ざっくり"では、鬱憤がたまるのは当然だ。ほかにも、キャリコネニュース読者の声を紹介していこう。(文:大渕ともみ)

「子どもやら、なんやらに政府が金を配るたび、こちらは死ぬほど生活が苦しくなる」

愛媛県の40代男性(その他/個人事業主/世帯年収400万円台)は「未婚で子どももおらず、親はまだ健在で介護も受けていないし、病気もしていない。行政サービスを1ミリも受けていないのに、とにかく税金が高い」と嘆く。

「所得税・住民税・健康保険料・厚生年金保険料で、所得の半分近くを持っていくのはどうかと思う。政府は、道路などのインフラ整備と、最低限の社会保障だけやればいいのでは」

この男性のように健康な独身者は、税金の恩恵を感じる機会が少なく、どうしても不満が出やすいのかもしれない。都内の40代男性(IT・通信系/派遣社員/世帯年収300万円台)も、

「子どもやら、なんやらに政府が金を配るたび、こちらは死ぬほど生活が苦しくなる」

と切実な声を寄せていた。

「これなら働かないほうが得です」

都内の40代男性(マスコミ系/正社員/年収600万円台)は「配偶者と合わせると世帯収入1000万円を超えるため、高校無償化や諸々の助成は対象外。これなら働かないほうが得です」と憤る。また、

「毎月、額面の4分の1ほどが税金と社会保険料で取られています。そんなことするなら、そもそもの税金を減らしてくれ!そうすれば額面の少ない人も手取りが増えるから、助成がいらなくなる」

と持論を述べた。確かに、徴収する税金を減らせば、助成が不要になる世帯は出てくるかもしれない。

香川県の40代男性(不動産・建設系/年収1000万円台)は個人事業主をしているが「税金を取りすぎです!」と訴える。

「まともに所得を出すと、ほぼ税金で利益がなくなります。おかしいです」

税負担が大きすぎれば、国民は労働意欲を削がれてしまう。多くの人に「働かないほうが得」と言わしめる税制は看過できない。増税ばかりでなく、減税の道も積極的に探してもらいたいのだが。

※キャリコネニュースでは引き続き「税金が高くて怒っている人」や共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

【関連記事】

おすすめの記事