Yahoo! JAPAN

ティップランエギングでアオリイカ全員安打 サビキでカマスのお土産も

TSURINEWS

アオリイカがダブルヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

三重県・南伊勢町宿浦の釣船屋たにぐちに、ティップランでのアオリイカ狙いで釣行。アオリイカ全員安打にカマスのお土産までゲットした当日の釣りを紹介する。

アオリ狙いのティップラン

エギング今回はアオリイカ狙いに加えて、湾内で最近好調のカマスも狙う予定だ。現地で釣友の皆さんと集合。10月31日は私たちのグループ6人で貸切釣行となり、午前6時すぎに宿浦港を出港した。

谷口船長からの情報では前日はやや反応が悪かったものの、沖のポイントを中心に良型のチャンス大とのこと。まずは湾内から狙っていく。港から約10分の水深20m付近からスタートした。

出港場所の船(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

開始早々釣友に本命

まずは定番のダートマックスTR30gをセットして第1投。朝からほどよい風があり、理想的なスピードで船が流れていく。

まずは岩嶋さんにヒット。まずまずサイズのアオリイカだ。幸先よく1匹釣れてひと安心だが、その後は反応が少ないため、やや深場のポイントへ移動した。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

深場に移動しポツポツ

すると再び岩嶋さんにヒット。このポイントはアタリが多く、同船の皆さんにポツポツとアオリイカがヒットする。

榊原さん、滝口さんも同時ヒットでアオリイカをキャッチした。

榊原さん滝口さん同時ヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

ジェット噴射楽しみ私にも本命

私も集中してエギを投入。誘いを7回入れた後、しっかり止める。すると止めると同時に穂先がフワフワ動くアタリ。すかさずアワせてヒット。

サイズはあまり大きくはなさそうだが、特有のジェット噴射の引きが伝わってくる。無事に1匹目を釣り上げた。船中で数匹のアオリイカが上がったが、反応が少なくなってきたので沖の水深のあるポイントへ移動した。

阿部さんヒット中(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

ロングステイで追釣

沖のポイントでは、期待通りひと流し目からアタリがあり榊原さんにヒット。私も底取りから誘いを入れてステイ。

そのままロングステイで止めておくと、穂先を大きく引き込むアタリがありヒット。無事に先ほどと同サイズのアオリイカをゲットした。

船中で数匹のアオリイカが上がったところで、終了の時間が近づいてきた。ここで船長からアナウンスがあり、湾内のカマス狙いに移動することとなった。

湾内でカマス狙い

カマスは事前の情報通りヒットがあり、全員が10~20匹程度のお土産を確保したところで終了。事前情報では厳しい釣行も予想されたが、終わってみればアオリイカは全員安打。

お土産のカマスもよく釣れて、楽しい一日となった。

サビキングでカマスも(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

釣船屋たにぐち今後のメニュー

谷口船長によれば、アオリイカのサイズもアップしてきており、今後1kgオーバーの良型も期待できるとのこと。釣船屋たにぐちでは、タモ入れから釣れたアオリイカの処理まで船長が行ってくれる。また的確なアドバイスで初心者でも安心して釣行できる。

これからは、最近人気沸騰中のビンチョウジギング(トンジギ)も始まる。こちらも目が離せない。

トンジギについてもレンタルタックルを完備しており、今シーズンから初めて挑戦する人は船長に相談して、釣行するといいだろう。

阿部さんに良型(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

<週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸/TSURINEWS編>

釣船屋たにぐち
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年11月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postティップランエギングでアオリイカ全員安打 サビキでカマスのお土産もfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事