Yahoo! JAPAN

できれば旦那は留守がいい?「Yes」or「No」ママたちの回答からから見えた結論とは?

ママスタセレクト

『旦那は元気で留守がいい? 「Yes」か「No」か、みんなはどうなの?』

投稿者さんから突然投げかけられた2択の質問。みなさんはどう思われますか? 旦那さんには元気でいてもらいたいけれど、できるだけ留守にして欲しいと考えるママvsできるだけ家にいて欲しいママ。100票近い投票の結果は、およそ6割が「留守がいい」という結果になりました。今回の結果から、ママたちのどのような思惑が見えてくるのでしょう。

留守がいいと答えたママたち

『たまに会うぐらいのほうが一番うまく家庭が回る』

『仕事が忙しくてゆっくり一緒にいられないからこそ、一緒にいるときは優しくしてあげられる。仕事を頑張って家にお金をたくさんいれてくれているからこそ、私も旦那に不満なく家のことができる。だから留守でいい』

「留守がいい」と答えたママたちの声から、その理由をさらに見ていきましょう。 家事が捗る・楽になる

『子どもの分しか食事を作らなくていいし、洗濯物が少ない。バンバンザイです!』

『今は在宅ワークだから早く会社に行って欲しい! 毎日12時きっかりにご飯を作ることに疲れたよ!』

『プチ単身赴任で、週1回休みで帰ってくるけど、泊まらないしほんと楽。のびのーび生活ができています。もう旦那のためにご飯とか洗濯とかするのはムリかも(笑)』

『「今日は晩ご飯いらないよ」とかに、内心喜んでいる私がいます。昔は違ったんだけどなぁ』

旦那さんが家にいないと、家事の負担が軽減できるという声が寄せられました。食事や洗濯など、毎日行うお世話は、1人いないだけでかなり楽になりますよね。夫婦ふたりの場合だと、旦那さんが留守なら自分の家事だけをすればいいのでかなり楽そうです(笑)。 旦那がいると気を使う

『旦那がいないときのほうが気を使わなくて気楽なんだよな~。キライではないし大切な存在なんだけど、家にいると気を使う』

『うちは亭主関白だから何かと気を使う。だから2~3日の出張とかがあるとすごく嬉しい。子どもたちとだけすごす方が気楽~』

旦那さんがいるだけで気を使ってしまうというママたちからの声。旦那さんを大切に思っていても、気を使ってしまうことは別問題のようですね……。旦那さんの性格次第でも結果がわかれてしまうのかもしれません。

家にいて欲しいと答えたママたち

今度はできるだけ旦那さんが家にいて欲しいと答えたママたちからの声を見てみましょう。

『子どもたちが旦那のことが大好きだし、私の1番の味方だからいて欲しい。本当に何の役にも立たないんだけど、いてくれるだけでいい』

『1分でも早く帰ってきてくれたら嬉しい。子どもたちも私も旦那が大好きだし、家事にも育児にもかなり戦力になってくれているので、いないとムリ』

ママ自身もお子さんたちも旦那さんのことが大好きで、早く帰ってきて欲しいという気持ちがコメントからあふれ出ていますね。 「寂しいから」が圧倒的な数に!

『いないと寂しい』

『1日くらいならいいけど、いないと寂しい』

『寂しいじゃん』

『一緒にいたい。家族みんなでいるときが一番幸せだから』

いつまで経ってもラブラブなのか、それともとても寂しがりなママさんなのか?! どちらにせよ家族みんなでいることで幸せを感じるのですから、旦那さんは家にどんどんいてもらって家族みんなで幸せになりましょう! 意外に現実的?家事分担に必要な存在

『家事とか分担をしているから、いないと困る~』

『家のことをいろいろとやってくれるから、いてくれると私が楽できる~(笑)』

『家事や子どもの面倒をみてくれるから、家にいて欲しい』

『うちは旦那が多くの家事を担当しているし、私が疲れたり体調不良だったりするときに子どもを任せられる。だからいてくれないと困るし、とにかく早く帰ってきてほしい』

家事や子育てに協力的な旦那さんの場合は、いてくれると心強いですよね。ママの家事・子育ての負担軽減は大きな課題ですから、旦那さんには早く帰ってきて手伝ってもらいましょう! しかしなかにはピンポイントのご希望もあるようで……

『犬の散歩のためには必要。それ以外の時間はそこまで必要ではない』

犬の散歩のときだけ求められる旦那さん。少し気の毒ではありますね(笑)。ご家庭の事情によりこのような結果になってしまったのでしょうか……。

やはり元気でいてくれないと困る!

『今うちの旦那は病気で家にいる。元気で働いてくれていることは幸せなことだよ』

旦那さんがあまり家にいない生活でも、たくさん家にいる生活でも、とにかく旦那さんには元気でいてもらいたいものですよね。元気でいるからこそ、このような2択の質問で盛り上がれるのではないでしょうか? ときどきでもいいので旦那さんを労いつつ、毎日を元気にすごしてもらいましょう!

【関連記事】

おすすめの記事