Yahoo! JAPAN

【加藤和樹インタビュー】ミュージカル『BARNUM』が日本初演! 「バーナムは表現者のあるべき姿」

ウレぴあ総研

加藤和樹 撮影:源賀津己

映画『グレイテスト・ショーマン』でもその半生が描かれた、P.T.バーナム。見世物やサーカスなど、19世紀半ばのアメリカで次々と大衆を喜ばせる興行を打った、実在の人物である。

彼を主人公にし、『グレイテスト・ショーマン』公開よりはるか前の1980年に初演されたミュージカルが『BARNUM』だ。満を持して日本初演されるこの作品に主演する加藤和樹に話を聞いた。

“話術”で人を惹きつけたバーナムの魅力を“話し方”で伝える

――今作への出演が決まったときの気持ちは?

最初にバーナムと聞いたとき、正直なところ、やはり『グレイテスト・ショーマン』が思い浮かびました。でも調べていくうちに、このミュージカルで描きたいのはバーナムが歩んできた人生なんだなと。

そして今の時代だからこそ、サーカスなどの興行を成し遂げる、ショーを作り上げる人物の物語をやることに意義があると思いました。

バーナムという人間は、けっこう自分とはタイプの違う人間なので、自分に出来るかなという思いもよぎりましたが、今はワクワク感の方が強いです。

――現時点では、お客さまにとってもバーナムと言えば『グレイテスト・ショーマン』の印象が強いかと思います。映画とは違う、このミュージカルの魅力はどんなところに感じていますか。

我々が舞台上でやるのはサーカスではない、というのは大きな違いです。サーカスを作り上げた人物の人生を描く中で、そこにどんな人間ドラマがあったのか。

メインは、僕が演じるバーナムと、妻のチャイリー、この夫婦間の愛情や、あるいは日常と興行のあいだで揺れ動く思いの中で、それでも前に進むバーナムの行動力といったものだと思っています。興行師である彼がどんな人生を歩んだのか、そこに注目してほしいです。

あとは、サイ・コールマンの音楽が素晴らしく、胸が高鳴ります。本当にサーカスにいるような楽曲が多いんですよ。心が弾むような、ワクワクさせられる楽曲ばかり。歌稽古をしていても、楽しい気持ちになります。素晴らしい音楽と、その音楽に乗る言葉の魅力はこのミュージカルのみどころですね。

――サーカスシーンは、世界三大サーカスのひとつである木下大サーカスが特別協力するというのも楽しみです。加藤さんは先日、木下大サーカスを実際に観にいかれたとか。

めちゃめちゃ感動しました! 自分もお客さまに対して何かを表現する身ですので、あそこはどうなるんだろう、これはどうなっているんだろうと見ようとするんですが、まったくわからなくて。ただただすごくて驚くという(笑)。チャイリー役の朝夏まなとさんと僕、本当にいいお客さんだったと思います。

もちろん作品の参考のために観にいったのですが、途中からそのことを忘れていましたよね。いち観客として心の底から楽しみました。……でもサーカスを興行として成立させるためにどういうものが必要なのかとか、どれくらいの規模なのかとかは、感覚を掴ませてもらいました。

――演じるバーナムという男は、サーカスを運営する実業家であり、一方でイカサマ師と呼ばれたりもする人物です。この役に挑むあたり、大事にしたいポイントや、自身にとってチャレンジだなと思う点を教えてください。

人をノセる、人を惹きつける話術を持っている人物ですので、とにかく話し方は大事になってくるなと思います。用意された台詞とはいえ、台詞のように聞こえてはいけない。話し方で、彼の魅力を見せなくてはいけないというのは僕にとってチャレンジかな。

ただ、バーナム自身はちゃらんぽらんな男ではないんですよ。仕事熱心で、むしろ仕事をしていないと生きていけないくらいの人。もちろんイカサマと言われるくらいの、ギリギリの表現をしていた人ではあるので、そこのバランスをどう作り上げようかなと考えています。

彼は“観客を作り出した”と言われている人物でもあります。彼がひとたび喋れば、みんなが観客になってしまうというくらい、人を楽しませる存在。そんな彼の魅力をどう僕の中から引き出していくかは、これからの稽古で頑張っていきたいです。

公演ができること、お客さんがいることは当たり前ではない

―― 同じステージアーツに携わる人間として、加藤さん自身がバーナムに共感するところもありますか?

彼が残した名言で「至高の芸術というものは、人を幸せにすることだ」というものがあります。それはいち表現者としてすごく感銘を受ける言葉です。この作品をやる上でというより、僕が表現者としてこの先もあり続ける上で、忘れてはいけないことだなと肝に銘じました。これを声を大にして言えるバーナムというのは、やっぱり自分の芸術を成し遂げた人なんだなと思う。

実際、彼がそれだけのことをしたというのは歴史が証明していますしね。彼の芸術で救われた人が絶対にいる。我々が目指す、表現者のあるべき姿だと思います。

――ところで、いま世の中的に、100%幕が開くとは言えない状況があります。その中でも加藤さんが新しい舞台に挑むモチベーションは、どこからきているのでしょうか。

それは、その作品に挑戦できるということ、そして楽しみにしてくださっている人がいるということだけで十分ですよ。

たしかに現状、ひとりでも感染者が出てしまったら現場がストップするリスクは常にあります。僕も感染しないよう努力はしますが、絶対大丈夫とは言えません。そういう意味では以前とは状況は変わってしまっていますが、基本的に僕らがやることは同じ。与えられたものと向きあって、作り上げるということだけです。

ただ、去年の自粛期間を経て劇場が再開している今、お客さまがいてくださることのありがたさは、めちゃくちゃ噛みしめています。

それまでも「毎日が千秋楽だと思ってやる」とは言っていましたが、その覚悟がどこかで我々に欠けていた。明日も明後日も公演はあると思い込んでいた。

僕は昨年、出演予定だった『WEST SIDE STORY Season3』が出来なかったことで改めて、絶対ではなかったんだと実感しました。だから一公演一公演にかける思いというのがより強くなり、身が引き締まりました。これは演劇に携わる人、みんながそう思ったんじゃないかな。

さらに言えば、お客さまがいてくれるというのも、実は当たり前じゃなかった。こういう状況の中でもチケットを買って劇場に足を運んでくださった方がいるからこそ、我々が舞台に立てているってことを、本当に噛みしめています。

――そんな中ですが、加藤さんは今年、アーティストデビュー15周年ですね。

そうなんです。本来だったら全国をまわってライブを……と言いたいのですが、なかなかライブハウスでやるのも厳しい現状ですし、お客さまにも無理をしてほしくないので。あまり大掛かりなことはやれないかもしれませんが、その中でもやれる最大限のことはやりたいですね。去年より、前に進める1年にしたいです!

ミュージカル『BARNUM』
翻訳・作詞:高橋亜子
演出:荻田浩一
出演:
加藤和樹 / 朝夏まなと 矢田悠祐
/ 綿引さやか・フランク莉奈(ダブルキャスト)
/ 内海啓貴 ・原嘉孝(ダブルキャスト)
/ 章平 工藤広夢 斎藤准一郎 泰智 福田えり 咲良 米島史子 廣瀬水美
/ 中尾ミエ

【東京公演】
2021年3月6日(土)~3月23日(火)
会場:東京芸術劇場 プレイハウス

【兵庫公演】
2021年3月26日(金)~3月28日(日)
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

【神奈川公演】
2021年4月2日(金)
会場:相模女子大学グリーンホール

(ぴあWEB/平野 祥恵)

【関連記事】

おすすめの記事