Yahoo! JAPAN

広瀬すず、この1年で「スゴイ!」と感じたこと

ナリナリドットコム

女優の広瀬すず(23歳)がドラミを演じる“ソフトバンクのドラえもん”実写化テレビCMの最新作「5Gってドラえもん?『あの時からずっと』」篇が、9月24日より全国で放映を開始する。それに伴い、広瀬がインタビューに答えた。

CMシリーズ最新作では、広瀬演じるドラミと白戸家のお父さんが、ドラミ専用のチューリップの形をした「タイムマシン」に乗り込み、ソフトバンクが日本で初めてiPhoneを発売した2008年に時間旅行。思わぬアクシデントに見舞われながらも、2021年に再び戻ってきたドラミと白戸家のお父さんによるコミカルな掛け合いを通じて、「SoftBank 5G」で、最新のiPhoneを楽しんで欲しいというメッセージを印象的に紹介していく。

質問:スゴイiPhoneの誕生にちなんで、この1年で「スゴイ!」と感じたことをお聞かせください。

広瀬:私は普段休みの日、あんまり外に出なくて、お仕事でも割と室内が多いのですが、今年は久々に夏に作品の撮影に入ったので、ずっとロケに出ていました。「夏ってこんな疲れたっけ?」と夏の暑さにすごくびっくりしました。分かりやすく体力と体が、夏の暑さについていけてないという経験を初めてして、すごいな毎日と。その分、お仕事じゃない時は、家に引きこもるようになってしまったですが、今年はものすごく、夏の本気さを感じています。あと、この仕事を始めて10年目ということで、何か記念になるものをやりたいねという話を事務所の方としているんです。冷静になってみると、こんなに長くというか、意外と続けられたことに、最近ちょっと感動したというか。最初の頃は数年でやめるだろうなとか、欲がなくなったりするのかなと思っていたのですが、10年目と聞いて、ちょっとびっくりしました。まだ具体的に決まっているわけではないのですが、やっぱり何か残るものは作ってみたいなと思います。グッズとか、ほぼ作ったことがないので、ちょっと憧れます。

【関連記事】

おすすめの記事