Yahoo! JAPAN

極上の脂ノリ『寒サバ』釣りで入れ食い堪能 極寒対策はタンタンメン?

TSURINEWS

このサイズがアベレージ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

勝浦沖の寒サバ釣りに行ってきました。当日は初栄丸の寒サバ開幕戦ということで釣れるかどうか不安だったのですが、フタを開けてみれば船長もビックリの良型入れ食い!帰り道には勝浦名物タンタンメンに癒された釣行をレポートします。

勝浦沖の寒サバ釣り

大分の関サバ、宮城の金華サバ、鳥取のお嬢サバ等々。全国各地には「ブランドサバ」と呼ばれる美味しいマサバが存在しますが、勝浦沖で1月から2月にかけて旬をむかえる寒サバも負けてはいません。

お気に入りの寒サバ狙い(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

最大の特徴は何といっても全身トロと言っても過言ではない脂のノリと、イナダやカツオかと思わせるような型の良さ。それをエサのいらない、シンプルなサビキ仕掛けで狙うという「お手軽さ」も相まって、私の中でお気に入り度最上位レベルの釣り物として君臨しています。

寒さも一級品

「お手軽さ」という表現を使ってしまいましたが、「寒サバ」というだけあってシーズンは極寒期の外房。波風がある日に出かけてしまうと、お手軽とは正反対の釣行になってしまうのでその点は注意が必要。たとえベタナギ&ポカポカ陽気の予報であっても「これでもかっ!」って思う位、防寒対策を万全にしてお出かけください。

サバ釣りのタックル&仕掛け

竿は150~200号のオモリが背負えるビシアジやイカ竿が基本ですが、初栄丸のHPでは2~2.4mの7:3、6:4調子と記載されていることから、今回は試しに2.4m、6:4調子の竿を選択(感想は後ほど)。

そしてリールはPEライン4~5を300m程巻いた、ダイワであれば500番クラス。アタッた後、主導権を魚に取られてしまうと大規模なオマツリに発展してしまう可能性が高いため、ドラグフルロック&高速巻きで対応する必要があります。

仕掛け

仕掛けは専用のフラッシャーサビキにオモリ200号。船にて8本バリのものが1つ600円で売っているので、わからなければこれを使うのがおすすめ。更に長い仕掛けの扱いが心配であれば、8本バリを半分の4本バリにして使ってみると良いかと思います。

船で売られている仕掛け(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

磁石版

また、磁石版はできるだけ持参するようにし、なければ先にも書いた「仕掛けを半分にちょん切る」等の対策をした3~4本バリで対応しましょう。因みに通称ブタサバと呼ばれる(船長が勝手にそう呼んでいるだけ?)キロオーバーのマサバは下のハリに掛かることが多いです。

寒サバの釣り方

初栄丸ではオマツリを避けるべく、マサバ釣りでは基本的に右舷左舷交互に投入を行います。投入後、オモリを底まで落とし、アタリがあれば一呼吸おいてドラグフルロックで高速巻き上げ。

仕掛けが群れに入っていれば、すぐに巻き上げてもたくさんハリに掛かりますし、何よりほんの数秒の躊躇が大惨事を招いてしまいます。混雑している時は特に早めの判断を。

投入回数は5~6回。ラスト2投は、もうサバは十分とばかりにやめてしまう人がちらほら出てくるので、左舷右舷同時投入、もしくは自由投入になるケースもあります。船長の指示に従うようにしましょう。

朝イチから寒サバ入れ食い

風とウネリがある中、6時半頃サバのポイントに到着。事前に調べた天気予報とは裏腹に海況は悪く、船はどったんばったん揺れています。

ナギならお手軽なサビキ釣りなのですが、この日は真逆。毎度のことで慣れましたが(汗)準備を終えて待っていると、船長より投入の合図。この日は満席とのことで、片舷ずつ交互の投入。

まずは私のいる左舷から。出船前船長より「暗いうちは厳しいかも」とのボヤキ?があったので、期待半分だったのですが、着底後すぐに「ガンガンガン!」と、マサバ独特の縦の激しいアタリ!1投目でオマツリも嫌なので間髪入れずにドラグフルロック&高速巻きでスイッチオン。

小型とはいえ悪くないサイズ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

仕掛けを回収すると、30~35cm位の、ここでは小型扱い?の寒サバが4匹ついていました。船長も相当ホッとしたようで、左舷側全員の仕掛け回収を確認した後、やや上ずった声で、すぐさま右舷側の投入指示。胴の間で小規模のオマツリはあったものの、皆さん出だしの3投でツ抜け以上釣ったようです。

大型のブタサバも登場

日が昇り、3投目を終えた時点で船長船を移動させます。15分程走って次の群れを見つけたらしく船が急停止。そしてすぐさま投入の合図。

着底後すぐに竿先が突っ込み、この日最大の43cm(血抜き後測定1.1kg)の通称ブタサバ含む3点掛け。続く5投目では、なんとほぼブタサバクラス8本バリパーフェクト!

リタイヤ者チラホラの最後の6投目は左舷右舷一斉投入で、これも全て40cm前後4点掛け。お隣の友人とあわやPEラインを切る寸前のオマツリになってしまいましたが、最後の投入ということで余裕の対処。出だしでゴマサバも4匹釣っていたので、後半戦オニカサゴ釣りのエサ調達済みであったことも◎。最高の流れで後半戦に突入です。

オニカサゴ釣りの仕掛け

後半のオニカサゴは、基本竿とリールはそのままで片天秤にハリス8号バリムツ17号前後の2本バリ。初栄丸ではオマツリ防止のため2本バリ限定となっています(一応船には船長お手製の仕掛けが積んであるようですが、基本各自持ち込み)。

オモリは150号ですが、潮の状況によって変わる可能性があるのでその際は船長の指示に従うようにしましょう。

エサ

エサはゴマサバが釣れればそれを短冊にすれば一番良いのですが、釣れない時に備え、念のため自前で持ち込んだ方が安全。実際、昨年末はサバが全く釣れず、必ずエサを持ち込んでもらうようにしていたとのことでした。

また、タコベイトも有効なので是非持参したいところ。ピンク、白、オレンジ、ケイムラ等、数種類準備して状況に応じて使い分けてください。そして毒針が危険なオニカサゴ、釣れた時に備えてプライヤーやトングも忘れずに用意しましょう。

クーラーボックス

最後にクーラーボックスですが、30~40L程度でOKですが、常連さんの一人はなんと80L持ち込んでいました。

オニカサゴ釣りに転戦

後半のオニカサゴは自由投入。底にいる魚なので、オモリが底をたたく状態をキープします。船の移動にあわせて大きく誘いを入れ、仕掛けを移動させるテクニックも必要なのですが、うねりがある場合はオモリを底につけること自体難しいので誘いは意識せず、ゼロテンションをキープするイメージで。

ちなみにこの時期の外房、ナギの日は滅多にないです。アタリは明確だったり、わかりにくかったりと様々。「これは?」と思ったら、かるく竿を立てアタリを確認。ここで生体反応があれば、アワセを入れてしっかりフッキングさせ、ドラグを緩めにして中速かやや低速気味で巻き上げ。最後はタモアミ使って慎重に取り込みましょう。

毒針に注意

そして取り込み後は毒針に注意。私はまだ刺されたことはありませんが、うっかり刺されてしまったら1~2週間腫れが引かないそうです。

ユメカサゴのみで無念

寒サバ釣りでお腹いっぱいになった所で、おまけの後半戦へ。船縁にはタモアミが立てかけられ、オニカサゴ釣りが始まりました。

相変わらず波風は収まらず、日が昇っても手先がかじかむくらい寒いのですが、頑張って持ち竿にて底を取り、アタリを待ちます。船中、ポツポツと本命のオニカサゴが上がったようですが(船中3匹)、3流しして私はユメカサゴ1匹のみ。

ラストの流しでユメカサゴ(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

寒サバのしめ鯖、塩焼きに加えてオニカサゴのしゃぶしゃぶも食べたいという思惑も抱いていたのですが……それはちょっと贅沢でしたね(笑)。

最終結果

マサバ26匹にゴマサバ4匹、ユメカサゴ1匹。友人も1回お休みしたものの、お土産十分な数を確保したようで何より。

追加の氷を考えるとクーラーのサイズは丁度(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

今回の釣行の特徴は、何といっても釣れたマサバが約半数がキロ前後サイズと、「ブタサバ率高め」という点。

25Lクーラーは23匹でほぼ満タン(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

私の43Lクーラーボックスは6割程度うまり、友人の25Lクーラーボックスは氷が入るスペースが若干残る位となりました。今季の寒サバ釣りは最低でも30L以上のものを持ち込んだ方が良さそうです。

6:4調子の竿の感想

また、今回試した2.4m、6:4調子の竿は船長がHPに推奨タックルとして載せているだけあって、ブタサバを連発してもハリス切れが1度もなかったこと、アタってしっかり高速巻きすればサバに主導権を渡すことなく回収できたことを踏まえると、サバ釣りに関しては良かったと思います。

私以外は全員2m以下の硬い竿でした(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

しかし、オニカサゴ釣りに関してはアタリわかりづらく、アワセもやりづらいので予想通り不向き。そして後半のリレーがヤリイカなら完全にNG。

手先がかじかむ程寒く、風が吹けば船はどったんばったん状態になってしまうこの釣りに2つ電動タックル持ち込むのも現実的ではないので、リレーがオニカサゴならビシアジ竿やイカ竿、ヤリイカならイカ竿等を持ち込む選択がベターだと、個人的には思いました。

勝浦タンタンメン

寒サバ釣り、結果は良型大漁でとても楽しい釣行だったのですが、早朝の気温が氷点下2度ということに加え、風もそれなりにあり、釣りを終えた後は電動リールコードのワニ口グリップを握ることすら困難な状態。

帰港後は完全に体が冷え切っていて、もはや暖かい缶コーヒーだけでは回復不可能。いや~、ホント寒かったです。しかし、ここは奇跡的にタンタンメンの聖地勝浦。ラー油が効いたピリ辛のイッパイで温まることにしました。

タンタンチャーシュー麺!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

うかがったお店は隠れ家的存在の「はらだ」。ラー油たっぷりでかなりピリ辛なのですが、たっぷりタマネギの甘さが丁度良いバランス。麺も細麺でスープによく絡みます。って、そんな細かいことはこの時点ではどうでもよく、とにかく熱々ピリ辛のこのイッパイで生き返りました。

タマネギたっぷり(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

この日、私の中では「寒サバ~オニカサゴ」のリレーではなく、「寒サバ~勝浦タンタンメン」のリレーだった印象です。

<尾崎大祐/TSURINEWSライター>

The post極上の脂ノリ『寒サバ』釣りで入れ食い堪能 極寒対策はタンタンメン?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事