Yahoo! JAPAN

エリアトラウトフィッシングで希少な60cm『イトウ』と対面

TSURINEWS

イトウを仕留め出来過ぎの入魂釣行になった(提供:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

浅春の候、残雪も次第に溶け、虫や草花も徐々に姿を見せるようになった。今回はそんなポカポカ陽気のなか、ニュータックルのワールドシャウラの入魂をしに、滋賀県高島市の高島の泉へと足を運んだ。

高島の泉でルアーフィッシング

釣行日は3月11日。前日には村田基さんが番組の取材で来ていたということで、惜しくもお会いすることはかなわなかったが、残り香でなんとか大物を引き寄せたいところだ。

使用するタックルは、ロッドがワールドシャウラ・テクニカルエディションS62L‐2/MD、リールが19セルテートLT2500S、ラインがリアルデシテックス0.5号、リーダーがスーパートラウトアドバンス6lbだ。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

どうせなら大物で入魂したい!ということで、午前7時の開場に大物うごめく第2ポンドで朝マヅメを迎えることにした。ルアーはDrミノージョイントFをセレクト。これまで幾度となく40アップを獲ってきた実績の高いルアーだ。

早々に30cm級ニジマスヒット

まずは池中央の立ち木周りを中心に撃っていく。基本的にはタダ巻きなのだが、テキトーに巻いても釣果にはつながらない。ここで大事になるのは、リトリーブスピードだ。ジョイント系のミノーは、巻きスピードによって動きが変わる。

速く巻けばブンブンとケツを振る強いアクション。遅く巻けばフラフラと魅せるアクション。そしてさらに遅く巻くことで、アクションをあえて破断させ、死にかけの小魚を演出することができる。

どのアクションがいいかは、その時の状況次第だが、私は基本的にスローリトリーブ→デッドスロー、ファーストリトリーブの順で、そのアクションに反応があるか見ている。

ネットに収まったニジマス(提供:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

今回はスローリトリーブに軍配が上がったようで、釣りを開始して3投ほどで30cmほどのニジマスをキャッチした。サイズには物足りなさを感じつつも、早くも反応のあるアクションにたどり着けてひと安心だ。

強烈ヒットで60cmイトウ浮上

今度は立ち木周りを撃っていく。立ち木の真横にルアーが来た瞬間、ガンッ!と強烈なバイトが襲った。すかさずフッキングすると、ジィィイイイッというドラグ音とともに、大きな水しぶきが上がり大物を確信した。

大物ヒットに喜んだのもつかの間、ラインを切ろうと立ち木と立ち木の間に魚が突っ込む。幸い朝イチということもあり、人が少なくすかさず立ち位置を変えて体勢を整える。

ドラグを締め、強引に立ち木周りから引きはがすと、今度はゴンゴンという重い首振りでルアーを外そうとしてくる。数10秒ほどファイトしたところで、ようやく魚もバテてきて無事に寄せてネットイン。

ヒレピンのきれいな魚体だった(提供:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

うれしさと安堵で思わず顔がほころぶ。それもそのはずだ。釣り上げたのは、人生2匹目のイトウだったのだ。サイズは60cm。ヒレピンできれいな個体だった。

ニューロッドに最高の入魂

今回初めてワールドシャウラを使ってみた感想だが、しっかり曲がりながらもバットはまだまだ余裕があり、さらなる大物にも対応できる安心感があった。これから先、対峙するであろう80アップ、90アップにも一役買ってくれるに違いないだろう。

ヒレピンのきれいな魚体だった(提供:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

イトウで入魂という最高に出来過ぎた展開で、無事にワールドシャウラの初陣を終えることができた。気温も高くなり、過ごしやすくなるこれからの時期、皆さんもビッグトラウトを狙いに高島の泉に足を運んでみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年4月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。The postエリアトラウトフィッシングで希少な60cm『イトウ』と対面first appeared onTSURINEWS.

おすすめの記事

新着記事

  1. 実は「高学歴」と知ってビックリの男性ミュージシャンTOP10

    ランキングー!
  2. まさかの「前職」に驚いた人気芸能人TOP20

    ランキングー!
  3. 50歳以上で「水着姿」を披露した美人女性芸能人TOP10

    ランキングー!
  4. 桜のフルコース!春の目黒川と「郷さくら美術館」【都市伝説ツアーズ】

    でろかる
  5. 全国のプレミアム・アウトレットに【くまのプーさん】登場!激かわフォトスポット、グッズセットも当たる♪

    ウレぴあ総研
  6. 【販売開始】静岡温室メロンアドバイザーのいる人気店が登場!「メロンショップマエシマ」のクラウンメロン

    ソトコトオンライン
  7. キャトルカフェアンドドーナツ|お花畑にいるようなメルヘンチックな店内のかわいいドーナツ屋さん【伊勢崎市田部井町】

    We Love群馬
  8. 中小・零細企業「夏のボーナス支給する」約4割 従業員に聞くと、最も多い支給額幅「10万円~30万円未満」&「150万円以上」も5%

    J-CAST会社ウォッチ
  9. 滝沢カレン「IPPON女子グランプリ」優勝振り返る

    ナリナリドットコム
  10. 海のほとりにひっそり佇む、世にも珍しい「青い鳥居」 どうしてこんな色になったの?知られざる歴史に迫る

    Jタウンネット