Yahoo! JAPAN

雨が多い日本で生み出された家屋の防水の工夫とは?【建築の話】

ラブすぽ

雨が多い日本で生み出された家屋の防水の工夫とは?【建築の話】

防水はピッタリ塞ぎ、雨仕舞は空洞を設けて風で乾かす

日本は雨の多い国です。建物は雨水を侵入させないことが重要でした。しかし、日本で初めて屋上に防水材がつかわれたのは1905年と、比較的最近のことです。それまでの長い間、大工や職人たちがさまざまな工夫を凝らしてきました。いわゆる「雨仕舞」と呼ばれる技術です。

防水と雨仕舞はよく似ていますが、同じものではありません。防水は建物のすき間を塞ぎ、水を防ぐことです。しかし、雨仕舞はそれだけでなく、水を受けたり、導いたり、切ったり、汚れ防止につかうといった、雨に対するさまざまな対策を含みます。一部を紹介しましょう。

雨仕舞の多くは屋根、外壁、開口部、とくに屋根の棟や軒下、外壁のつなぎ部分に施されました。「名人の屋根瓦はすき間だらけ」という言葉があります。木造住宅にとって湿気は家を傷める大敵です。そこで、葺き土が吸収できる程度の雨水をあえて入れる微妙なすき間をつくり、かわりに風をとおし、室内を乾かしたのです。

壁の下見板も同様で、板の重ね目から風を入れます。これも隙間をあける考えです。水を切るという発想も雨仕舞の特徴です。突き出した庇で、雨水が壁にかかるのを避けたり、窓ガラスをつたう雨のしずくを窓台下の皿板で切り、外壁に雨筋が付くのを防ぎます。RC造マンションのバルコニー裏(天井)の溝も水切りです。角を回り込んできた雨水をこの溝で切っています。

そのほか、地面からの跳ね上がりから土壁を守る腰壁も雨仕舞といえるでしょう。防水と雨仕舞それぞれ利点と欠点を知り、上手く組み合わせるのが賢明です。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 建築の話』著/スタジオワーク

【関連記事】

おすすめの記事