Yahoo! JAPAN

猫のまぁるい背中にキュン!金沢発の「猫モチーフスイーツ」 猫好きさんにおススメしたい!

ねこのきもちWEB

「にゃんこのバウム」

猫モチーフの可愛いスイーツは、猫好きさんもチェックしておきたいですよね。今回は、金沢にある洋菓子工房「ぶどうの木」が手がける猫スイーツをご紹介。能登うまれ金沢育ちの「トラ」という猫がモチーフになっており、2018年の猫の日に登場して以来、猫好きさんに愛されているんです。

スイーツに込められたトラのストーリーも、猫好きさんには必見です。

ほろ苦い塩キャラメル味にトラのストーリーを感じる「にゃんこのバウム」


「にゃんこのバウム」


まず最初のスイーツは、ほろ苦い塩キャラメル味の「にゃんこのバウム」。バウムクーヘンには「トラ」のシルエットの切り込みが入っており、型抜きを楽しみながら食べられるようになっています。

「にゃんこのバウム」


パッケージ側面にトラのプロフィールが載っているのも、猫好きさんの心を掴むポイントに。

波乱万丈な猫生を生き抜いてきたというトラ。「トラが辛い過去を乗り越えて強く生きる姿」を、能登塩「わじまの海塩」を使用し、ほろ苦くもふくよかな塩キャラメル味のバウムクーヘンで表現しているのだとか。

「にゃんこのバウム」


トラが9才なので、バウムクーヘンの生地もトラの年の数と同じ9枚重ねになっているようです。

トラのモナカにプリンを挟んで♪ 「にゃんこのモナカとキャラメルプリン」


「にゃんこのモナカとキャラメルプリン」


「にゃんこのモナカとキャラメルプリン」も、猫のトラがモチーフに。北陸産のもち米を使用したトラの形をしたモナカに、ほろ苦いキャラメルプリンをサンドしていただきます♪

モナカとキャラメルプリンが別々に梱包されているため、自分が食べたい量のプリンをモナカに挟めるのも嬉しいポイントに。

「にゃんこのモナカとキャラメルプリン」


ほろ苦いキャラメルプリンをモナカでサンドするのはなんとも斬新ですが、そんな新しい楽しみ方によって「辛い過去を乗り越えて次の一歩を踏み出そうとするトラの姿」を表現しているのだとか。

哀愁漂うトラの背中がなんとも愛おしく、「食べるのがもったいない」と思うほど可愛いですよね!

おいしくて可愛いトラをお迎えして


「にゃんこのバウム」と「にゃんこのモナカとキャラメルプリン」


トラのストーリーを感じながらスイーツを味わうというのは、猫好きさんにはたまらないですよね。友人へのお土産にも喜ばれそうです!

今回紹介したスイーツは、洋菓子工房「ぶどうの木」の各店舗とオンラインショップで購入ができます。ぜひ、自分好みのトラのスイーツを家にお迎えしてみてください♪

参照/Instagram(@naoponnopon、@karen10.01、@belette_wiesel)
参考/「ぶどうの木」オンラインショップ
文/Ayano Yamabuki

【関連記事】

おすすめの記事