Yahoo! JAPAN

猫が『心細さを感じている時にする鳴き声・仕草』5つ

ねこちゃんホンポ

1.「ニャーン!」と強めに鳴く

鋭く訴えかけるように強めに鳴く時は、少し気持ちに不安があるでしょう。

猫は人間と暮らすようになってから、母猫以外にも声でコミュニケーションを行うようになりました。

普段から、挨拶で鳴いてきたり、おねだり声を出しているかもしれません。

しかし不安な時の声は通常とは声のトーンや表情が違います。

2.ずっと側から離れない

猫が常に一緒にいる時は、何か不安があるのかもしれません。

トイレやお風呂の出待ちをしたり、どこにでもついてくるストーカー猫はよくいます。

しかし、心細そうな猫は表情が違うようです。

いつもと雰囲気が違う場合は、猫の名前を呼んで声がけをしたりスキンシップを行って安心をさせてあげましょう。

3.イカ耳をする

イカ耳をする時も、心に動揺があります。

何度もイカ耳をする場合には、家の中もしくは室外で気になることがあるのかもしれません。

人間や同居猫との関係性だけではなく、外で大きな音がするなど猫のストレスになることは多くあります。少し環境を見直してみましょう。

4.目がまん丸になる

心細さで気持ちが興奮していると、目はまん丸になります。

猫の気持ちが落ち着いている時は瞳孔は細めです。気持ちが昂ると黒目が大きくなります。

良い興奮でも黒目は大きくなりますが、どちらの興奮も多すぎると刺激が強くなってしまうでしょう。

目が丸くなりやすい原因を探ってくださいね。

5.落ち着きがなくなる

歩き回る頻度が高い時は心細くて不安なのかもしれません。

運動の範囲ならば問題はありませんが、何となく落ち着きなく動いている場合は心細いのかもしれません。

猫の表情を確認したり、寝ているときにリラックスして睡眠しているか観察してください。

まとめ

猫が『心細さを感じている時にする鳴き声・仕草』5つについてお伝えいたしました。

不安が多くなると、猫の身体へも悪影響があります。体調に問題がない範囲で解決してあげることが一番です。

原因が見つからない場合は、病院にも相談してみてくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事