Yahoo! JAPAN

リカちゃんで「新しい生活様式」を体験 キャッシュレス決済やデリバリー体験セット発売 実在商品とのコラボも

おたくま経済新聞

「リカペイでピッ! おかいものパーク」

 新型コロナウイルス禍を経験し、世の中ではキャッシュレス決済やデリバリー、人との間隔を確保するなど「新しい生活様式」への対応が求められています。タカラトミーは、着せ替え人形「リカちゃん」と一緒に新しい生活様式を擬似体験できる「リカペイでピッ! おかいものパーク」と「リカちゃんイーツ おとどけスクーター」を発売します。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために提案された、これまでとは違う「新しい生活様式」。人との間隔を適切に保つソーシャルディスタンシングや、不特定多数が触る現金の受け渡しを避けるキャッシュレス決済、人との接触を最小限にするセルフレジに、店での飲食を避けるデリバリー……。

 これらへの対応は、どの年代にも必要なこと。特に子どもの場合、なかなか意味を理解して実行してもらうのは大変です。

 タカラトミーでは、人気の着せ替え人形「リカちゃん」で遊ぶことを通じて、これら新しい生活様式を子供に擬似体験してもらおうと、ショッピングモール「リカペイでピッ! おかいものパーク」(税抜6980円)を2020年6月20日から、デリバリー遊びができる「リカちゃんイーツ おとどけスクーター」(税抜5300円)を2020年7月4日から販売します。

 ショッピングモール「リカペイでピッ! おかいものパーク」は、100個のリアルな小物が付属。店員になりきって商品陳列をしたり、お客さんとしてカゴに商品を入れたり、レジでお会計をしたりとお買い物遊びが楽しめます。レジはキャッシュレス風決済「リカペイ」で支払うセルフレジを採用しています。

 本当にお店でお買い物をしているような体験ができるよう、商品の小物は「ネピア鼻セレブティッシュ」や「ネピアプレミアムソフト トイレットロール」(発売元:王子ネピア)といった実在の商品とコラボしており、リアルさにこだわっているのも特徴です。

 デリバリー用のバイクをモデル化した「リカちゃんイーツ おとどけスクーター」は、子供たちにも身近になったデリバリーをリカちゃんで擬似体験できる商品。付属するリモコン兼用のご注文パッドでオーダーをし、“お届けモード”ではパッドを目指して自動的にスクーターがお届けしてくれます。“運転モード”では、お届けパッドの「前進」「バック/左回転」の2つのボタンを使ったシンプル操作で、自由に好きなところへお届けが可能。

 この「リカペイでピッ! おかいものパーク」発売を記念し、スマホ決済アプリ「PayPay」の「カードきせかえ」に、リカちゃんコラボのデザイン2種も無料で登場。きせかえ期間は2020年6月18日~2020年12月31日の期間限定となっています。

 また、Twitterキャンペーンや「リカペイでピッ! おかいものパーク」を自身のYouTubeチャンネルで紹介できるキャンペーンも実施するとのことです。

情報提供:株式会社タカラトミー

(咲村珠樹)

【関連記事】

おすすめの記事