Yahoo! JAPAN

「麻生区SDGs推進隊」地図づくり大詰め 他都市への展開も視野に〈川崎市麻生区〉

タウンニュース

マップ作り中のメンバー=同団体提供

区内小中学生が参加する「麻生区SDGs推進隊」が、SDGsの取り組みを表すマップ作りを進めている。来年1月に成果を発表予定。活動を主催する市民団体「あさおのSDGs」は、同様の活動を区外にも広げようと、法人化やHP作成のためクラウドファンディングを開始した。

推進隊の活動は、ワークショップを通じ、子どもたちの目線で地域のSDGs(持続可能な開発目標)を学び、まちへの愛着醸成や、地域社会が持続する仕組みの理解と行動を促すのがねらい。今年度の麻生区市民提案型協働事業に採択され、7月から活動を開始した。推進隊のメンバーは、区内の小学4年から中学1年まで23人。

今年度、主に取り組んでいるのが「麻生区SDGsマップ」の作成。区内でSDGsにつながる企業や団体などの取り組みを調査し、地図に落とし込み可視化する。情報を出し合い、実際に企業も訪問しながら、10月、11月で地図づくりを進めてきた。

地図作成は、札幌市と静岡市がそれぞれ募集したSDGsのコンテストにもエントリーしている。

地図づくり、全国で

主催の「あさおのSDGs」は今年「かわさきSDGsゴールドパーナー」に認定。同団体は2030年まで活動を継続するという。一方で、今井雄也代表は「一般社団法人化し、全国に活動を広げていきたい」と考える。「活動に広がりを持たせたいのと同時に、他都市でも、ローカルアクションツールとして同じような活動が広がれば」と話す。

そこで、今後の運営資金を確保する目的で、クラウドファンディング(支援型の資金調達)を今月から開始。設定金額は40万円で、支援金は法人取得にかかる費用やホームページ作成費用などに充てる。期限は12月17日まで。(詳細はhttps://readyfor.jp/projects/asaonosdgs)。「区内の方に応援していただければ」と今井代表。

年明け1月16日に、推進隊は「子どもSDGsフォーラム」を開催し、作成したマップなど活動の成果披露を行う。年度内に区内小中学校への配布も予定している。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「ペットボトルのふたが開けにくい」は危険な兆候? 楽な予防法とは/もっともっとおもしろく生きようよ

    毎日が発見ネット
  2. 【裏ワザ】“紅茶の出がらし”は捨てちゃダメ!意外に使える「かんたん再利用方法」3選

    ウレぴあ総研
  3. 冬場に発症・悪化しやすい「犬の病気4選」寒さに要注意!

    いぬのきもちWEB MAGAZINE
  4. ダンボール女子の最新作 内部のラダーフレームまで再現した初代ジープ

    おたくま経済新聞
  5. 【燕市】色鮮やかな天神講のお菓子を燕市内の菓子店で販売します

    日刊にいがたWEBタウン情報
  6. 【聖籠町】地元生産者よる農産物の販売を中心に魚や野菜なども販売する聖籠町の物産館

    日刊にいがたWEBタウン情報
  7. 航空×鉄道、鉄道×鉄道、ゲーム×鉄道 鉄道会社のコラボ盛ん 異業種とのパートナーシップでファン拡大【コラム】

    鉄道チャンネル
  8. 【ニトリ・カインズ】ごちゃごちゃな洗面所を改造!見せる「壁掛け収納」でおしゃれにしてみた

    ウレぴあ総研
  9. 【今週の運勢】ミモット星占い「12星座ランキング」(1/31-2/6)

    ウレぴあ総研
  10. 「イケ化」がとまらない若手イケメン俳優ランキング

    ランキングー!