Yahoo! JAPAN

シャロン・ストーン、生後11か月で死去した甥が3人に臓器提供していたと明かす

Techinsight

他界した甥のその後を明かしたシャロン・ストーン(画像は『Sharon Stone 2021年8月23日付Instagram「Venice.」』のスクリーンショット)

シャロン・ストーン(63)が生後11か月で死去した甥っ子リバーくんについて語り、彼が臓器提供によって3人の命を救ったことを明かした。シャロンは、悲しみに暮れていたリバーくんの家族がこのことによって「平穏がもたらされた」と話している。

シャロン・ストーンが現地時間14日、ニューヨークで開催された映画『ジ・アイズ・オブ・タミー・フェイ(原題:The Eyes of Tammy Faye)』のプレミアに出席し、先月末に死去した甥っ子リバーくんが臓器提供したことを『PEOPLE(The TV Show!)』の記者に明かした。

シャロンは現地時間8月27日に自身のInstagramでリバーくんが臓器不全で救急搬送されたと報告。それからわずか数日後の30日、リバーくんが生後11か月で死去したことを伝えていた。

今回インタビューに応じたシャロンは「私のゴッドサンは、2人の乳児と45歳の男性の命を救うことができました。このことによって、私達親族は救われたのです」とリバーくんが臓器提供したことを告白し、次のように続けた。

「私がただひとつ言えるのは、自分の人生や家族にいつ悲劇が起こるか分からないということ。そして今回の臓器提供という機会が、私達と家族を救ってくれたのです。臓器提供に関しては、多くの人々が様々な考えを持っています。しかし最終的には、このことが私達に平穏をもたらしてくれました。」

リバーくんはシャロンの弟パトリックさんと妻ターシャさんの間に2020年9月に誕生した。夫妻はすでに3人の子供達をもうけており、リバーくんは第4子だった。

リバーくんが他界した時、ターシャさんは自身のFacebookで「神様が天国でリバーを必要としていたのです」と記し、息子への思いをこう綴っていた。

「私は彼を地球上で必要としていた。これ以上のことは言えない。だって私の心は粉々に砕け散ってしまったから。私の日常は決して以前と同じものにはならないでしょう。宇宙で一番可愛い息子がいなくなった人生を、どうやって生きて行けばいいのか分からない。胸が張り裂けてしまった。」

投稿では、シャロンが自身のInstagramで公開した動画を共有した。バックには、エリック・クラプトンが息子の死を偲んで作った楽曲『ティアーズ・イン・ヘヴン』が流れている。

ターシャさんは最後に「リバー・ウィリアム・ストーン、あなたは計り知れないほど愛されていた。今日あなたを病室に残して出て行くのは、これまでで最も辛いことだった。これからもずっと、あなたを愛し続けるわ。愛しい坊や」と記した。

画像は『Sharon Stone 2021年8月23日付Instagram「Venice.」、2021年8月27日付Instagram「My nephew and godson River Stone was found in his crib w total organ failure today.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

【関連記事】

おすすめの記事