佐藤大樹&佐藤流司、イケメン男子が魅せる“ファンタスティック青春ストーリー” - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

佐藤大樹&佐藤流司、イケメン男子が魅せる“ファンタスティック青春ストーリー”

ドワンゴジェイピー

佐藤大樹&佐藤流司、イケメン男子が魅せる“ファンタスティック青春ストーリー”

5月22日(金)公開のEXILE/FANTASTICSの佐藤大樹と橋本環奈のW主演映画『小説の神様 君としか描(えが)けない物語』より、佐藤大樹演じる千谷一也と、佐藤流司演じる九ノ里正樹の未公開場面写真が解禁された。



本作は、ナイーブで売れない小説家・千谷一也(佐藤大樹)と、秘密を抱えたドSな小説家・小余綾詩凪(橋本)の何もかもが真逆の2人が、“一緒に大ベストセラーを生み出す”というミッションを課せられ、時に激しく反発し合いながらも“2人”で物語を作り始める、青春ストーリー。

EXILE/FANTASTICSのメンバーとして活躍する一方、近年『ママレード・ボーイ』や『センセイ君主』などの出演で俳優としても人気を誇る佐藤大樹が演じる千谷一也は、ナイーブで売れない小説家。デビュー作以降、売り上げが激減した上、ネットの中傷を真に受けてしまい完全なスランプ状態にある中、担当編集者から“ドSな超売れっ子作家である小余綾詩凪(橋本環奈)との共作”を提案される。真逆な2人がひとつのミッションに取り組むうち、徐々に一也にも変化が現れる。

一方、ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズで主演を務めるなど、2.5次元俳優として絶大な人気を博す佐藤流司演じる<久ノ里正樹は、一也や詩凪が所属する文芸部の部長。勉強もスポーツも得意な明るい性格で皆の頼れる存在だ。一也が小説家であることを知る数少ない友人で、物語のキーマンでもある。

いま大人気のイケメン2人が演じる、文芸部のイケメン2人。彼らが魅せる“ファンタスティック青春ストーリー”に期待したい。

■映画『小説の神様 君としか描(えが)けない物語』
5月22日(金) 全国公開
出演:佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS) 橋本環奈 佐藤流司 柴田杏花 莉子 坂口涼太郎 山本未來 片岡愛之助 和久井映⾒

(C)2020映画「小説の神様」製作委員会

【関連記事】

おすすめの記事