Yahoo! JAPAN

能登ライトジギングゲームが熱い ブリに良型マダイ続々ヒット【石川】

TSURINEWS

同船者が釣った70cm超のマダイ(提供:TSURINEWSライター松野和幸)

6月を過ぎ、水温の上昇とともにマダイのまとまった釣果が出てきた。今回はそのマダイを、能登富来沖スタイルのライトジギングで狙ってきたのでリポートしたい。

遊心丸でライトジギングゲーム

今回も能登外浦富来西海漁港から出船する遊心丸さんを利用させて頂いた。

キャスティングでのヒットシーン(提供:TSURINEWSライター松野和幸)

船長から聞いた直近の状況としてはベイトフィッシュはシラスとトビウオで青物は相変わらずの入れ食いの状況だそうだ。利用した直近の日もキャスティングとジギングで青物入れ食いライトジギングでは良型のマダイの釣果も出たとの話だ。

ジギングタックル紹介

今回、用意したタックルはジギング用とライトジギングで計3セット用意した。

ジギング用

ロッド:シルバーバック63ML
リール:コンフリクト 6000番
ライン:タナトル4本編 3号
ジグ:オッターテイル170g ピンクグロー
フック:ジゲンツインハイパー 6番

ライトジギング用メイン

ロッド:シーオウル782ML
リール:フリームス 3000
ライン:タナトル4本編み 1.5号
リーダー:フロロカーボンライン 8号
ジグ:イエヤス100g オールグロー
フック:伊勢尼黒15号自作アシストフック

ライトジギング用サブ

ロッド:紅牙MX TJ76MHS
リール:ステラ 4000
ライン:タナトル4本編み 1.5号
リーダー:フロロカーボンライン8号
ジグ:イエヤス 80g 赤金

当日の作戦

今回はライトジギングとはいえかなり強めのタックルを用意した。

というのもここ富来ではマダイ狙いのライトジギングで「ブリ食いましたー」は日常茶飯事で、1号以下のタックルなんかだと瞬殺で切られるためだ。PEライン1.5号を標準にリーダーは6~8号を使用したタックルを用意した。

また、リールも全てローギアで揃えた。これもブリ対策の一環である。というのも、ハイギアは機種によって負荷が掛かると巻きが非常に重たくなることがあるため。特にこの時期のブリは5kgほどの小ブリでも水温が高いと非常に馬力があり、よく引いて走り回るため、ハイギアだと巻き負けてしまうことが多々あるのだ。

ブリも日常茶飯事(提供:TSURINEWSライター松野和幸)

それと、当日の天候は曇りでローライトな状況に雪代の濁りがあるため、ジグのカラーもオールグロー、赤金と濁り潮、ローライトに強いカラーを選んだ。

実釣開始

早朝4時半頃、自分を含めた7名の乗り合いで西海の港を出港した。ポイントまでは約20分程で到着だ。最初のポイントは水深70m前後のポイントとなった。

ポイントに到着すると早速船長のいつもの元気な「やれーー!」という声が掛かる。海の状況としては鳥はまばらでポツポツと飛び回っていて、鳥がいつ山になってもおかしくない雰囲気だ

船長は、太陽がある程度出て気温が上がり、海面が暖まって水温が上がった頃にブリ等の青物の活性が上がり、海面付近までベイトを追い回してナブラ、鳥山になり時合い突入だろうという予想を語っていた。

とりあえず自分はライトジギングから始めた。狙いは富来沖の名物みんなの親友カサゴ、そしてキジハタ等の根魚狙いだ。

最初の流しでは自分も周りも特に異常はなし。2流し目から自分や周りでポツポツとカサゴ、キジハタ等の根魚がヒットし始めた

時合い到来!

ポイントを何回か入れ直したり40mラインの浅場を探ったりして時合いを待っていると、船長が鳥を発見!ポイントに急ぐと鳥山とナブラが。すかさず船長と他のお客さんがキャスト!そしてすかさず、ヒット!のコール。

上がってきたのはガンド、それにフクラギの青物!ジギングしていた方には小ブリ!富来沖名物の朝の時合い、通称モーニングサービスが始まった。

自分もそろそろ親友のカサゴ君以外の魚を……と思っていると、カサゴとは違うガツガツという小気味の良いアタリと引きが!そして、すいすいと難なく上がってきたのはタイ!しかし、タイはタイでもチダイだ……。

その後もカサゴ君等と戯れていると、ついにその時が!

ついに本命登場

鳥山が更に広範囲に広がり、加えてナブラが出始めたことで裏のキャスティング専門職の方は青物をボコボコに釣り始めた。それを横目に自分は表でイエヤスを巻き巻きと。

少しキャストしてやや斜めに底から30mの所まで引っ張ってくると、ひったくっていく強いアタリが!

引き的にはフクラギかな?と思っていると、船長から「良い型のマダイは青物みたいなドラグの出し方するし、横っ走りしてないからマダイかもしれん。油断するなよ」と言われ、大事に巻いてくると海面には赤い魚体が!

1匹目のマダイをゲット(提供:TSURINEWSライター松野和幸)

無事にネットインしてキャッチしたのは良い型の色白な女の子のマダイ!

青物&マダイラッシュ開始

そうこうしてる水温が上がったことで更に魚の活性が上がり、まばらだった鳥山が遂に大鳥山に進化。海面がシラスナブラで一面真っ黒に。ここから富来沖の真骨頂がスタート!

キャスティング組ではブリが連発。しかもデカイ!どれもコロッとした体高のある素晴らしいコンディションの魚ばかりだ。

マダイも続々(提供:TSURINEWSライター松野和幸)

同船した近隣で遊漁船を営んでいる瀬戸船長もキャスティングでコンディションのいい良型のブリを連発キャッチ!

そして、自分もやっぱり青物欲しいなぁ~とジギングを始めるとまさかの一撃目でヒット!船長の指示で着底してから20m以上全速力で巻いて魚を追わせて、ややジグを大きく動かすイメージで強めにシャクったら、まさにその通りのヒットだった

ブリ手中(提供:TSURINEWSライター松野和幸)

そして難なくネットイン。これもコロッとしたコンディションの良いブリでした。

ジグも濁りとローライトを意識してブリードオッターテイルのピンクグローを選んだが、これがジャストミートした。

ライトジギングでブリと格闘

ライトジギング専門職の方々もジャンジャンバリバリと絶賛入れ食い確変中!マダイもちろん、ブリも連発。

メバリングロッドでブリとファイト(提供:TSURINEWSライター松野和幸)

ちなみに今回、自分はメバリングロッドでライトジギングをやっていた。船長も推奨しているのだが、ライトジギングにはメバリングロッドがとてもオススメだそうだ。竿の長さがジグを巻いた時のブレを抑える仕事をしてくれて、粘り強く曲がってバットも強い造りをしているから、ブリが掛かってもなんなく上げてこれるとのことだ。

ライトジギングでブリ90cm(提供:TSURINEWSライター松野和幸)

この日、自分も船長の勧めでメバリングロッドでライトジギングをこなしていて何回かブリをヒットさせたが、その言葉の通りブリごときではビクともしなかった。メバリングロッド恐るべし……。

ブリの猛攻を交わして2匹目

贅沢な話だか、ブリの猛攻がすごい。一時、ライトジギングをしていた4人全員の竿にブリがヒット!というありがた迷惑なタイミングもあったが、そんなブリの猛攻の合間に2匹目のマダイがヒット!今度も30m巻いた中層でちょっと早めの巻きでのヒットで、色黒のいかつい顔の男の子だった。

2匹目のマダイ(提供:TSURINEWSライター松野和幸)

更にそのタイミングなんと他のお客さんにはなんとアマダイがヒット!船長曰く「アマダイもブリがやらかしたシラスのおこぼれ狙ってるからジグも食ってくるよ」とのことだ。

アマダイも出た(提供:TSURINEWSライター松野和幸)

トドメに3匹目の美麗マダイ

12時前ボチボチ終わりかなぁ~という所でトドメの3匹目が!今度は着底間際のフォールでのヒット!

終了間際のべっぴんさん(提供:TSURINEWSライター松野和幸)

そして上がってきたのは、べっぴんさんと惚れ惚れするキレイな良型の女の子のマダイだった。

クーラー満タンの好土産

そして、ラストの流しにも今日の主役と言って良いブリのヒットがあり、船を一周させられる一悶着がありましたが、ケガ無く無事に終了~。

クーラーの中身(提供:TSURINEWSライター松野和幸)

今回もクーラー満タンでの帰宅となりました。ブリ4匹、マダイ3匹、親友のカサゴ君いっぱいという満足の釣果でした。

今後の展望

今回はブリがよく掛かったため、強めのタックルにローギアのリールを用意して正解だった。ラインブレイクは1回もなく安心してブリとのやり取りを楽しめた。

また、濁りとローライトを意識したグローカラーのジグを選択したのも大正解だった。今日の釣果の全てがグローカラーでの釣果だった。

ちなみに、この日立てた作戦の全ては常日頃船長から頂いた的確なアドバイスからヒントを得たものである。本当に佐野船長様々である。

そして、今後の展望としては、マダイ&青物はもちろんのこと、シーバスやサワラ、アジ、アマダイ、ヒラメとターゲットも増えて、更にバラエティーに富んだライトジギングが楽しめるとのことだ。

また、6月25日からは夜のアカイカ便も始まるとのことだ。アカイカのみならず、ジャンボアジ、サバ、マダイ等多彩な美味しい魚が狙うことができる。

特に個人的にはジャンボアジが楽しみで仕方がない。このアジで作るみりん干しがとにかく絶品なのだ。

また、今後の詳しい海の状況やタックル選び予約については是非遊心丸佐野船長に聞てもらえたらと思う。

絶品マダイ&ブリに舌鼓

そして、肝心のお味は……マダイ、ブリとも脂ノリノリで絶品でございました。

捌いたブリ(提供:TSURINEWSライター松野和幸)

この時期のブリは脂スカスカでいまいちと侮ってる方もいますが、あれだけ豊富なベイトがいて、あの魚のコンディションである。間違いありませんでした。

捌いたマダイ(提供:TSURINEWSライター松野和幸)

こんな美味しい魚がクーラー満タンで釣れる富来沖のライトジギング皆様も是非とも足を運んで貰えたらと思います。

<松野和幸/TSURINEWSライター>

The post能登ライトジギングゲームが熱い ブリに良型マダイ続々ヒット【石川】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事