Yahoo! JAPAN

「月刊少年マガジン」連載中の23歳漫画家が死去

ナリナリドットコム

「月刊少年マガジン」(講談社)で連載中のマンガ「キミオアライブ」の作者・恵口公生さんが、8月19日に死去したことがわかった。23歳だった。講談社が公式サイトで発表した。

公式サイトに掲載された訃報によると、恵口さんは8月17日に緊急入院し、その2日後に亡くなったという。

「キミオアライブ」は、やりたいことが多すぎる少年が、夢に向かって仲間たちと突き進んでいく、眩いばかりの青春を描いた物語。

「月刊少年マガジン」編集部は「恵口先生は読む人の心に届く力強さとあたたかさを併せ持ち、多くの読者を魅了する才能あふれる作家でした。まだまだ描きたいテーマや伝えたい想いをかかえ、奮闘する中でのことでありました。編集部としても今後の活躍を確信し、大いに期待していただけに、深い悲しみを禁じえません」「読者の皆様のこれまでのご愛顧に深く感謝を申し上げると共に、謹んでご逝去の報告を申し上げます」とつづっている。

恵口さんは「ボーイミーツマリア」(PEYO名義/プランタン出版刊)でデビュー。2019年より、「月刊少年マガジン」で「キミオアライブ」の連載を開始した。

【関連記事】

おすすめの記事