Yahoo! JAPAN

肉汁溢れるハンバーグと山形豚の絶品ポークソテーランチ。浅草橋で愛され続ける老舗洋食店『気まぐれキッチン石橋』

さんたつ

古くは問屋街として栄えた浅草橋。現在は多彩なジャンルの飲食店が軒を連ねる、食の激戦地でもある。そんなエリアで長年洋食店を営んでいるのが、JR・浅草橋駅から徒歩2分ほどの場所に店を構える『気まぐれキッチン石橋』。 3席のテーブル席とカウンター席が用意されている店内では、店主こだわりの山形豚を使ったポークソテーがいただける。今回は、長年一人でお店を切り盛りする店主の石橋さんに、お店の歴史や料理へのこだわりについて詳しく話を伺った。

気まぐれキッチン石橋(キマグレキッチンイシバシ)

和食料理人だった店主が、浅草橋で洋食屋を始めた理由とは?

お店があるのはJR・浅草橋駅東口近くにあるビルの地下1階。

2023年で創業26周年を迎える、浅草橋の老舗洋食店『気まぐれキッチン石橋』。ビルの地下1階にひっそりと佇む洋食店は、一見さんは少々入りにくいようにも思える。

しかし『気まぐれキッチン石橋』は、地元の人をはじめ、古くからの常連さんで常に賑わう、浅草橋きっての人気洋食店なのだ。

「うちは確かに常連さんが多いけど、新規のお客さんもたくさん来るよ。口コミの影響もあるけど、常連さんが新しいお客さんを連れて来てくれるの。お店がずっと続いているのは、本当にお客さんのおかげ」と語る石橋さん。

老舗洋食店らしい、アットホームな雰囲気が漂う店内。

生粋の洋食料理人なのかと思いきや、意外にも石橋さんは和食料理出身なのだとか。

「最近だと天然鮎のコンフィをよく作るけど、ぼくは和食出身だから、魚の皮が剥けちゃうのが嫌で。だから、うちのコンフィは最初に魚の皮目だけ焼くの。そうすると、皮が剥けないきれいなコンフィができる」。

和食の習わしを巧みに洋食に活かせるのは、長年和食料理人として厳しい修業を積んできた石橋さんだからこそ成せる技だ。

聞けば1997年頃、奥様の親族が営んでいたとんかつ屋の跡地に『気まぐれキッチン石橋』をオープンさせたという。

食材へのこだわりがとにかく強い石橋さん。実は河豚調理師免許まで持っているのだとか。

長年和食に携わってきた石橋さんが、なぜ洋食店を営もうと思ったのだろうか?石橋さんの答えは、驚くほどシンプルなものだった。

「知らないことをやりたかった。だから洋食の方が面白いと思って」。

今も昔も変わらぬ店主の好奇心とチャレンジ精神があるからこそ、『気まぐれキッチン石橋』は、食の激戦区で20年以上もの間愛され続けているのであろう。

高級店顔負けのクオリティ!店主のこだわりが詰まりに詰まったハンバーグとポークソテー

ランチメニュー。オムレツやコロッケなど、思わず喉が鳴るようなメイン料理がずらりと並び、組み合わせに悩む。
ハンバーグとポークソテーのランチセット1100円。ご飯とスープ付き。ご飯が雑穀米なのも嬉しいポイント。

『気まぐれキッチン石橋』では、10種のメイン料理から好みの2品を選べる、組み合わせ自在のお得なランチセットがいただける。今回はお店で一番人気という、ハンバーグとポークソテーのランチセット1100円を注文した。

一見ボリューミーなランチに見えるが、男性だけでなく女性客からの注文も多いのだそう。

ナイフを入れると、ジューシーな肉汁がここぞとばかりに溢れ出すハンバーグ。インパクトのある見た目とは裏腹に、食感はふわふわと柔らかで非常に繊細だ。肉は店主自らが挽き、下味にはデミグラスソースを使っているのだとか。噛めば噛むほどに豚肉の旨味を堪能できるポークソテーは、店主こだわりの山形豚を使用。

「本当に美味しい肉は、肉の油がほのかに甘い」と語る石橋さん。確かに、この店のポークソテーは、ソースをつけずともお肉そのものから上品な甘みが感じられる。

これまで四元豚やマンガリッツァポークなど、あらゆる豚肉でポークソテーを試してきたそうだが、最終的に行き着いたのが現在使っている山形豚とのこと。食材にはとことんこだわる石橋さんだが、風味高く繊細な肉質の山形豚を使うことで、ようやく納得のいくポークソテーが提供できるようになったそうだ。

濃厚なソースが肉の旨味を引き立て、思わずご飯が進む。

お客さんを魅了する、芯のある「気まぐれ料理」が楽しめる唯一無二の洋食店

各席に並ぶ調味料。スパイスやソースをかけて、自分ならではの味変も楽しんで!

「この間の宴会ではせり鍋を用意してね、あと最近はお客さんが食べたいっていうから、鮎を使ってリゾットを作ったよ」。今回の取材中、石橋さんの口からはメニューにはない料理名が次から次へと出てくる。

しかも料理のジャンルは洋食に留まらず、刺し身や鍋など多岐にわたる。

メニュー表以外にも、店内の壁のあちこちに手書きのメニューが張り出されている。手書きのメニューは季節ごとに変わることも多いのだとか。

どうやら『気まぐれキッチン石橋』の「気まぐれ」には、「お客さんの気まぐれな要望にいつでも応えられる店でありたい」という、石橋さんの強い想いが込められているそうだ。

過去にはお客さんに「おいしい鶏料理が食べたい」とリクエストされ、夜中の3時に市場の鶏屋に足を運び、その道のプロから鶏の捌き方を教えてもらったこともあるそう。石橋さんの料理に対するこだわりは、留まるところを知らない。

「あと10年はこの店を続けていきたいな」とチャーミングな笑顔で語る石橋さん。

出てくる料理は気まぐれでも、どの料理にも芯のあるブレない美味しさを感じるのは、石橋さんの揺るぎない信念があるからだろう。店主こだわりの一品を味わいに、浅草橋を訪れた際は、ぜひ一度『気まぐれキッチン石橋』に足を運んでみてはいかがだろうか。

気まぐれキッチン石橋(キマグレキッチンイシバシ)
住所:東京都台東区浅草橋1-20-1 第2大原ビル 地下1階/営業時間:11:30〜14:00
17:30〜23:00LO/定休日:土・日・祝/アクセス:JR・浅草橋駅より徒歩2分

取材・文・撮影=杉井亜希

株式会社アステル
編集プロダクション
国内外約300名のトラベルワーカーと共に執筆を行う広告制作プロダクション。各地への取材の機動力とスピードを大切にしています。
2023年からは、フリーランスの方のマネジメントツールの開発にも邁進しています。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 見た目はシンプル、実は香り華やか、広島・呉「蜜屋」伝統の「蜜饅頭」/人気店の定番スイーツ vol.65

    おいしいマルシェ
  2. 猫のストレスサイン『常同行動』とは?愛猫に見られたらどう対処すべき?

    ねこちゃんホンポ
  3. シニア犬の介護…具体的に何をするの?必要になる3つのお世話とは

    わんちゃんホンポ
  4. 私って性格悪いね、ごめんなさい! 自分のダークサイドを自覚した4つの瞬間

    コクハク
  5. 雄鷹台山に登山ルート看板

    赤穂民報
  6. ZiplineとWellSpan Health、医療用ドローン配送をペンシルバニア州に導入

    DRONE
  7. 『生後2ヶ月の赤ちゃん双子犬』がぬいぐるみ過ぎる…微笑ましい光景に5万9000人が悶絶「絵本から飛び出してきたみたい」と絶賛の声

    わんちゃんホンポ
  8. 北陸新幹線の白山総合車両所に隣接、「トレインパーク白山」3月13日グランドオープン!点検・設備の様子も見学できる鉄道ファン大注目スポット(石川県白山市)

    鉄道チャンネル
  9. 世界最大級のマシンピラティススタジオ『CLUB PILATES(クラブピラティス)』が、2024年2月22日(木)、福岡・六本松にNEW OPEN!

    muto
  10. <卑しいヒト>新1年生に「ランドセルのお下がりくれない?」クレクレのママ友対策は?

    ママスタセレクト