Yahoo! JAPAN

左肩手術明けから今季初H!277日ぶりに1軍でH放ったベンチからでも打線を盛り立てられる矢野阪神に欠かせない存在とは!?

ラブすぽ

左肩手術明けから今季初H!277日ぶりに1軍でH放ったベンチからでも打線を盛り立てられる矢野阪神に欠かせない存在とは!?

今季初安打放った北條史也

5月15日に横浜スタジアムで行われたヤクルトスワローズ戦に、糸原健斗の代打で途中出場した北條史也は、1打数1安打と、今シーズン初ヒットを放ち、阪神タイガースの勝利に貢献した。

8回1アウト2塁のチャンスの場面で、糸原健斗の代打で打席に立った北條史也は、田口麗斗の3球目129キロのスライダーをセンターに運び、今シーズン初ヒット。277日ぶりに1軍でヒットを記録した。

センターへ転がった打球を塩見泰隆が後逸し、北條史也は三塁まで到達したものの、記録は単打とセンターの失策で打点はつかなかった。

早く1本打ちたいと思っていた北條史也は、昨年8月14日の広島カープ戦でレフト前ヒットを放って以来、277日ぶりの1軍でのヒットに、復帰までお世話になった方々への感謝を感慨深そうに語った。

北條史也は、昨年10月に左関節鏡下肩関節唇形成手術を受け、そこから調整を続け、4月23日に行われたウエスタン・リーグのオリックス・バファローズ戦で約半年ぶりに実戦復帰。5月6日に247日ぶりとなる今シーズン初の1軍登録されていた。

1軍昇格後は、5月10日の広島カープ戦でスタメン起用されるも、3打数ノーヒットとヒットは出ず、今シーズン4打席目で今シーズン初ヒットを記録した。

出場機会も少なく、ヒットが出ない日々が続いた北條史也だが、矢野監督が期待するベンチからでも阪神タイガース打線を鼓舞し、チームの雰囲気をがらりと変えられるムードメーカーとしての役割をしっかりと果たしていた。

ベンチからでも阪神タイガースを盛り上げられる北條史也だが、今シーズン初ヒットを皮切りに、バットでも持ち前の勝負強さを発揮し、阪神タイガース打線の起爆剤になってもらいたい。

試合に出ても、出ていなくてもチームを盛り上げられる北條史也が、阪神タイガースを連勝街道に導いてくれることを期待したい。

【関連記事】

おすすめの記事