Yahoo! JAPAN

贅沢に桃1.5玉使用♡ まるで芸術! “今だけ味わえる”美しすぎる絶品パフェ(太宰府市)

ARNE

ARNE

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは♪ カフェ巡り大好きなchippachapusです。

今回は、太宰府にある人気カフェ『coba cafe(コバカフェ)』が作る夏の“2大”人気スイーツをご紹介します。

人気観光地“太宰府”に佇むおしゃれカフェ「coba cafe(コバカフェ)」(太宰府市宰府)

太宰府市宰府にある『coba cafe(コバカフェ)』。西鉄「太宰府」駅から徒歩5分、太宰府天満宮の参道から少し入ったところにあります。

画像:chippachapus

グリーンに囲まれた空間は、まるでおとぎ話の世界のよう。

店内は、グレーの壁のシックな感じとウッド調のテーブルや椅子がとてもおしゃれな、居心地の良い空間。テーブル席が5つあります。

画像:chippachapus

テラス席もあるので、天気の良い日は外もおすすめです♪

画像:chippachapus

毎年大人気!桃を贅沢に使用したパフェが今年も登場

2021年7月から、季節メニューとして登場した『coba cafeの白桃パフェ(ドリンク付)』(1850円)。

画像:chippachapus

形、色、糖度すべてにこだわった最高ランクの桃を約1玉半も使用しているという、かなり贅沢なパフェです。

また、一番おいしい状態で提供できるように桃の管理も徹底しているのだそう。品種はその時々で違い、このときは山梨県産の『日川白鳳』という品種でした。

画像:chippachapus

みずみずしくて甘い桃は、そのまま食べてもとってもおいしかったです。

別皿に移してカットすると、中から自家製カスタードクリームがとろっと流れ出てきます。

画像:chippachapus

毎朝仕込んでいるというカスタードクリームは、提供直前に入れているそう。シュークリームの中に入っているような少し重みのあるクリームは、桃との相性も抜群でした♪

グラスの中は、桃と相性の良いスイーツ数種類で構成されています。

画像:chippachapus

上から、濃厚バニラアイス、瀬戸内レモンシャーベット、蝶豆花のジュレ、マスカルポーネのチーズテリーヌ、白桃のコンポート、母の思い出のババロア、スモモとヨーグルトのエスプーマ、自家製白桃梅酒漬けのナタデココなど盛りだくさん!

最後までさっぱりしていて、とても食べやすかったです。暑い夏の日でも、あっさり食べられるのはうれしいですよね♡

画像:chippachapus

『coba cafe』のパフェは“掛け合わせ”でできる味を考えられていて、今回の桃のカフェでは「カルピス」をイメージ。バニラアイスとレモンシャーベットを一緒に食べると、本当にカルピスのような味になっていたので驚きました。

本当にこだわりがいっぱい詰まったすてきなパフェ。ランチ終了後の14時半からの提供です。詳しくはお店のInstagramを確認してくださいね。

一度に何種類もの味が楽しめる!自分で仕上げるかき氷

こちらは『フルーツ氷(温かいお茶付き)』(1480円)。一旦6月で終了しましたが、『白桃パフェ』が終了次第(8月中旬〜末、時期は桃の仕入れ状況によります)、気候次第で復活する予定だそう!

画像:chippachapus

まず初めに、エディブルフラワーのシロップをかけて、そのあと別皿のソースをかけて自分で仕上げていきます♪

画像:chippachapus

このかき氷の一番の魅力は、フルーツをメインとした手作りソースが5~6種類ついてきて、一度にいろんな味を楽しめること♡ どんなソースが出てくるかは、来てからのお楽しみなのだそう。

画像:chippachapus

自分の好みでソースの量も調整できるので、途中で飽きることなく最後までおいしくいただけました。

画像:chippachapus

中には日替わりでアイスやシャーベットが入っていて、この日はマスクメロン味でした。

画像:chippachapus

夏らしい爽やかなドリンクも続々と登場!

夏季限定で毎年登場する『オレンジスカッシュ』(600円)と『グレープフルーツスカッシュ』(600円)。

画像:chippachapus

下に果肉が沈んでいるので、混ぜてから飲むのがおすすめ! 爽快感があり、これからの時期にぴったりなドリンクです。

レモンシロップを入れると色が変わる『レモネード』(600円)は、色の変化がとてもきれいで思わず見とれてしまうほど。

画像:chippachapus

青から紫にゆっくりと変わっていきます。水割り、ソーダ、ホットから選べますよ。

画像:chippachapus

夏の太宰府も魅力が満載! 観光と一緒に『coba cafe』にもぜひ立ち寄ってみてくださいね。(文/chippachapus)

<店舗情報>
■coba cafe(コバカフェ)
住所:太宰府市宰府2-7-4
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【関連記事】

おすすめの記事