Yahoo! JAPAN

【2021】関西の花イベント厳選5選!週末やGWにおすすめ

PrettyOnline

【2021】関西の花イベント厳選5選!週末やGWにおすすめ

新型コロナウイルスの感染が流行して約1年が経ちました。昨年の春は不安な気持ちでいっぱいでしたが、今年は昨年よりも明るい春を過ごせそうです。美しい花々を観賞して、元気に春を過ごしましょう!

1.【舞洲】ネモフィラ祭り2021

大阪湾が一望できる4.4haの敷地に植えられた、約100万株のネモフィラの見ごろに合わせて「ネモフィラ祭り2021」が開催。
ネモフィラは北アメリカ原産の一年草で、和名を瑠璃唐草、別名「ベイビーブルーアイズ」とも呼ばれ、青一面の風景がSNSでも話題となっています。

会場にはチューリップや桜とコラボしたゾーンもあり、ここだけでしか見られない絶景が楽しめます。
ネモフィラを上空から見ることができる遊覧ヘリコプターをはじめ、スカイトランポリンやパドルボートなど子供に大人気の遊具も登場します。
ネモフィラをイメージしたブルーのさわやかなスイーツやオリジナルグッズも要チェックです!

※緊急事態宣言発令により、「ネモフィラ祭り2021」は4月26日(月)より開催中止となりました

【入園料】
大人1000円、子供(4歳〜小学生)500円

■期間:2021年4月9日(金)〜5月5日(祝・水)→開催中止
■会場:大阪まいしまシーサイドパーク
■住所:大阪府大阪市此花区北港緑地2
■アクセス:JR「桜島駅」から北港観光バス(舞洲アクティブバス)で15分、「ホテル・ロッジ舞洲前」バス停下車すぐ
■時間:9:00〜17:00、土日祝と4月29日〜5月4日は9:00〜18:30(最終入園各30分前)
■電話番号:06-4804-5828

【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】
※園内ではソーシャルディスタンスの確保にご協力ください。
※来園前の検温を推奨し、37.5以上の発熱や風邪症状等の不調がある場合はご来園をご遠慮ください。
※園内では常時マスクを着用してください(人と十分な距離が保たれている場合は除く)。
※施設内には消毒液を設置いたしますのでこまめな消毒にご協力ください。
※園内に「3密」が生じそうな場合は、スタッフの指示に従い「密」を解消するようご協力ください。
※飛沫感染防止のため大声など大騒ぎはお控えください。
※過去14日以内に感染が拡大している国や地域等への訪問歴がある方のご来園はご遠慮ください。
※大阪府が推奨する「大阪コロナ追跡システム」への登録にご協力ください。

2.【鶴見緑地】大阪ばら祭2021

世界中から集められた約5500種もの植物が集結した「咲くやこの花館」。
熱帯・乾燥地帯、高山・極地圏までのさまざまな気候帯に生育する植物を栽培展示し、毎月季節の花をテーマにしたイベントを開催しています。
5月に3日間だけ行われるバラの祭典「大阪ばら祭2021」では、フラワーホールがバラ一色に。
赤やピンク、紫と色とりどりに咲き誇るバラのオブジェが登場し、ホール全体にバラの甘い香りが漂います。

京都の「おくだばらえん」で育てられた約2000本のバラのコレクションが披露されるほか、「関西ばら会」によるバラの品評会やバラの育て方講習会(無料)のほか、バラにちなんだワークショップ、バラ苗の販売も行われます。
また、フラワーデザイナー奥田容彦と、華道家 矢田青幸によるデモンストレーション&トークショーも初開催。
高山植物室では、一重咲きの希少な原種バラの公開も。

※緊急事態宣言発令により、「大阪ばら祭2021」は開催中止となりました。「咲くやこの花館」も当面の間、臨時休館

【入館料】
大人500円、中学生以下・障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名含む)・大阪市内65歳以上の方は無料(要証明)

■期間:2021年5月7日(金)〜9日(日)※5月7日は13:00から展示→開催中止
■会場:咲くやこの花館
■住所:大阪府大阪市鶴見区緑地公園2-163
■アクセス:Osaka Metro「鶴見緑地駅」から徒歩10分
■時間:10:00〜17:00(最終入館16:30)
■電話番号:06-6912-0055

【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】
※体調不良の方、感染リスクを心配される方は、ご入館をお控えください。
※館内ではマスクの着用にご協力ください。
※入口で体温測定(検温)を実施しております。検温の結果、体温が37.5℃以上ある方のご入館をお断りしています。
※こまめな手洗い、手指の消毒にご協力ください。館内の各所にアルコール消毒液を設置していますので、ご利用下さい。
※咳エチケットにご協力ください。
※館内では他のご入園者様との距離(1~2m程度)を保って下さい。

3.【河内長野】春の花まつり

桜やボタン、フジなど季節の花が楽しめる「大阪府立花の文化園」で春の花が楽しめるイベントを開催。
期間中はウクレレの発表会(4月17日)やフラワーコンサート(4月~6月の土日祝)、保護猫譲渡会(4月25日)など、多彩なイベントが行われています。

4月17日〜29日には大温室コレクションガーデンで“サクラソウ展”を実施。
こちらではピンク色のかわいらしい花を咲かせる約300品種のサクラソウを、それぞれの花期に合わせて入れ替えながら展示しています。
4月上旬から、ボタン、ラケナリア、クジャクサボテン、クレマチスなどが次々と見頃を迎えます。

※緊急事態宣言発令により、4月25日(日)から5月11日(火)まで臨時休園

【入場料】
大人550円、高校生230円、中学生以下無料

■期間:4月上旬〜5月下旬
■会場:大阪府立花の文化園
■住所:大阪府河内長野市高向2292-1
■ アクセス:近鉄「河内長野駅」から南海バス「奥河内くろまろの郷停留所」下車徒歩10分、「上高向停留所」下車徒歩15分
■営業時間: 9:30〜17:00
■定休日:月曜(祝日の場合翌日) ※4月25日(日)から5月11日(火)まで臨時休園
■電話番号:0721-63-8739

【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】
※体調不良の方、感染リスクを心配される方は、ご入園をお控えください。
※園内ではマスクの着用にご協力ください。
※入口で体温測定(検温)を実施しております。検温の結果、体温が37.5℃以上ある方のご入園をお断りしています。
※こまめな手洗い、手指の消毒にご協力ください。園内の各所にアルコール消毒液を設置していますので、ご利用下さい。
※咳エチケットにご協力ください。
※園内では他のご入園者様との距離(1~2m程度)を保って下さい。
※新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のインストールをお願いします。
※「大阪コロナ追跡システム」への登録をお願いします。入口、ショップ、レストラン、事務所にてQRコードを掲示しています。

4.【神戸】インフィオラータこうべ2021

美しい花絵で街を彩る「インフィオラータ」。
「インフィオラータ」とはイタリア語で“花を敷き詰める”という意味。
イタリア・ジェンツァーノ市をはじめ、ヨーロッパの各都市で行われています。
神戸では1997年からスタートし、春の風物詩として知られています。

24回目となる今回は元町穴門商店街、北野坂、北神戸田園スポーツ公園の市内3カ所にチューリップなどの花びらを敷き詰め、美しい花絵を描きます。
この時期しか見られない、花の絨毯をぜひ鑑賞してくださいね。

※緊急事態宣言発令により、「インフィオラータこうべ2021」は開催中止となりました

【元町あなもん】
■期間:2021年4月24日(土)・25日(日)→開催中止
■会場:元町穴門商店街
■住所:兵庫県神戸市中央区元町通1
■アクセス:JR・阪神「元町駅」から徒歩3分
■時間:観賞自由
■電話番号:078-671-1415(ディスプレイタモン)

【北野坂】
■期間:2021年5月1日(土)〜3日(祝)→開催中止
■会場:北野坂
■住所:兵庫県神戸市中央区山本通
■アクセス:JR「三ノ宮駅」、阪急・阪神「三宮駅」から徒歩15分
■時間:観賞自由
■電話番号:078-261-8141(ベイエリア)

【北神戸】
■期間:2021年4月29日(祝)・30日(金)→開催中止
■会場:北神戸田園スポーツ公園
■住所:兵庫県神戸市北区有野町二郎938-16
■アクセス:神戸電鉄「道場南口駅」から徒歩20分
■時間:鑑賞自由
■電話番号:078-951-5901(北神戸田園スポーツ公園)

【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】
※体調不良の方、感染リスクを心配される方は、ご来場をお控えください。
※会場ではマスクの着用にご協力ください。
※こまめな手洗い、手指の消毒にご協力ください。会場の各所にアルコール消毒液を設置していますので、ご利用下さい。
※咳エチケットにご協力ください。
※会場では他のご入園者様との距離(1~2m程度)を保って下さい。

5.【淡路島】淡路夢舞台薔薇祭 2021

今回はオーストリアの女王“マリア・テレジア”とフランス王妃“マリー・アントワネット”、ナポレオン皇妃“ジョセフィーヌ”の3人の女性たちの花のある暮らしをそれぞれのガーデンで紹介。
フラワーショースペースにはマリア・テレジアが住んでいた「シェーンブルン宮殿」の庭をイメージしたロココ調のバラの庭が登場。
ハプスブルク家に伝わる人々の名前のバラや海外から持ち込まれたユニークな植物などで、ハプスブルク家の花と緑のある暮らしを伝えます。

伊藤若冲の「薔薇小禽図」の世界を再現した和のバラの庭も必見。
屋外のローズガーデンでは「マリー・アントワネットの庭」と、バラの育種に貢献したジョセフィーヌをテーマにした庭の2つのエリアでバラの魅力を楽しめます。
「ローズヒストリーガーデン」では、彼女が育てたオールドローズや現代バラを散策しながら楽しめるようになっています。
5月3日〜5日には子供ミュージカルやオペラ、アロマセラピー、プリザーブドフラワーアレンジ教室などが行われます。

※緊急事態宣言発令により、4月25日(日)から5月11日(火)まで臨時休館

【入館料】
大人700円、70歳以上350円、高校生以下無料

■期間:2021年4月17日(土)〜5月30日(日)※屋外ローズガーデンは5月8日(土)オープン
■会場:奇跡の星の植物館
■住所:兵庫県淡路市夢舞台4
■アクセス:JR「舞子駅」から高速バスで約20分、淡路夢舞台下車すぐ
■時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
■電話番号:0799-74-1200

【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】
※体調不良の方、感染リスクを心配される方は、ご入館をお控えください。
※館内ではマスクの着用にご協力ください。
※入口で体温測定(検温)を実施しております。検温の結果、体温が37.5℃以上ある方のご入館をお断りしています。
※こまめな手洗い、手指の消毒にご協力ください。館内の各所にアルコール消毒液を設置していますので、ご利用下さい。
※くしゃみ、咳エチケットにご協力ください。
※館内では他のご入園者様との距離(1~2m程度)を保って下さい。

まとめ

満開の春の花を見て、気分を上げていきましょう! コロナ対策を万全にして、各会場へは公共交通機関を使って出かけてくださいね。


※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。
※掲載している施設が営業時間短縮や臨時休業などの対応をされている場合があります。
また、イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は、事前にご確認ください。

【関連記事】

おすすめの記事