Yahoo! JAPAN

猫の苦手意識を和らげる『入浴方法』4つ

ねこちゃんホンポ

1.部分洗い

いきなりお風呂場でお湯をかけられれば猫は抵抗します。おとなしい猫ならそのまま洗い上げることもできますが、それではいつまでたってもお風呂嫌いな猫のまま。

汚れやすい肉球部分やお尻だけを洗うのは、全身シャンプーへの入り口です。

最初は脚1本だけでも大丈夫。部分洗いには泡が出るタイプのシャンプーが向いています。手早く終わらせ、少しずつシャンプーに慣らしていきましょう。

2.ドライシャンプー(水のいらないシャンプー)

お風呂場嫌いあるいは濡れるのが嫌いなら、お部屋の中に新聞紙などを敷いてドライシャンプーはいかがでしょう。

たっぷりの泡で洗い上げるので皮膚がある程度濡れますが、それでも水を使う場合とは桁違い。最期はタオルドライで仕上げます。

ただしドライシャンプーも最初は部分洗いから始め、徐々に洗う範囲を広げていきましょう。もしくは猫に負担がかからないように、「今日は前肢」「明後日は後ろ肢」というふうに1回の時間が短かくて済むようにしてもいいですね。

3.シャンプーシート(シャンプータオル・拭き取りシートなど)

水こそ使いませんが、ドライシャンプーは本格的なシャンプーです。もう少し手軽に猫の抵抗も少なく洗いたいという場合には、シャンプーシートが向いています。

ウエットティッシュタイプなので気軽に使え、猫もそれほど嫌がらずにすみます。

4.蒸しタオル浴

手軽に身体をきれいにできるだけでなく、ちょっとした温熱療法もできるのが蒸しタオルです。

レンジでチンするかお湯を絞って蒸しタオルを作り、猫の身体をおおいます。そのまましばらく置いて汚れを浮かせて拭き取ります。このときバスタオルで猫をくるむと蒸しタオルが冷めにくく、多少なりとも温熱効果が期待できます。

洗剤を使わないので毎日でも行えますし、温熱が気持ちよければ次回から猫が嫌がりません。もちろん単に身体を拭くだけでも大丈夫。ブラッシングとセットにするのもおすすめです。

まとめ

猫のお風呂に対する苦手意識を和らげたいなら、時短と極力肌を濡らさないことです。その対策として4つの入浴方法をご紹介しました。どれも簡易的な方法に見えて十分きれいになるものばかりです。

いわゆるシャンプーだけが入浴ではありません。いっぺんに洗おうとせず、タイミングをずらすなどして猫のストレスを最小限に抑え、清潔で気持ちのよい時間をたくさんプレゼントしてあげましょう。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【台湾】野菜たっぷりグルメ・潤餅って?台北学生街の人気店「幸福村潤餅」

    TABIZINE
  2. 散策道を進むと日本初の西洋式砲台が眠っている。観音崎砲台群<後編> ~廃なるものを求めて 第14回~

    さんたつ by 散歩の達人
  3. 前代未聞の特別展『北斎づくし』が六本木にて開催 膨大な作品で埋め尽くされた“北斎づくし”の空間に

    SPICE
  4. 燕三条の町工場がソロキャンプ向け鋳鉄ギア「ソロキャスト16」を開発 8月から販売開始

    Komachi Web
  5. 【なんでも許されるな気がする】あらゆるガマンにトクホのマークを付けてみたら5選

    笑うメディアCuRAZY
  6. 「ウエストエクスプレス銀河」紀南コースの運転日・停車駅など発表 JR西日本

    鉄道チャンネル
  7. 整形男子アレン、街で声を掛けられるも逃げた訳「もう、次は帽子も深々と被るわよ」

    アメーバニュース
  8. 【姫路】360度VRで体験するホラー「おうちに行こう」が姫センで関西初のレギュラー開催!

    兵庫県はりまエリアの地域情報サイト TANOSU
  9. 綾瀬はるか、ペットボトル回収機を初体験「小さな積み重ねがすごく大切なんだな」

    Techinsight
  10. 千代の国が休場 大相撲夏場所4日目

    伊賀タウン情報YOU