Yahoo! JAPAN

<チリツモ!節約術>値上げラッシュに悲鳴!家計のどんなところで節約していますか?

ママスタセレクト

食料品から日用品、ガソリンや電気に至るまで、さまざまなものが値上がりしている今日このごろ。家計を預かるママは節約できるよう工夫するなどして、頑張っているのではないでしょうか。ママスタコミュニティのトピックには、節約の知恵が寄せられました。

『私は節約のために、寝室とトイレのブレーカーを切りました。あと美容室を変えました。毎月の貯金額を変えたくないから、やりくりするしかない。みなさんは何を削っていますか?』

投稿者さんは電気代と自分の美容室代を削減しているようですね。それにしても、ただコンセントを抜くのではなく、大元のブレーカーで電気を切っているとは……。徹底して節電しているようですね! トピックを読んだママたちは、どのように節約しているのでしょうか。

ママが率先して節約。プラスアルファでいいことも!

投稿者さんと同じように、自分自身のものから節約をはじめたママたちからコメントが寄せられました。 自分にかかる出費を潔くカット!

『雑誌や不要な靴、服と鞄を買わない』

『スポーツジムを解約して、月に1万2千円カット。その分ウォーキングしている』

『お風呂上がりのアイスクリームをやめた』

『私も美容室を変えた。カラーは自宅でセルフ』

『仕事日のお昼はお弁当持参』

『カフェに行かない』

『今までの化粧水と乳液、パックをすべてやめて、お風呂上がりは顔体用の保湿クリームのみ。洗髪もシャンプー、トリートメント、オイルまでしていたけれど、リンスインシャンプーのみにした』

オシャレや美容系、嗜好品といった自分だけの出費を潔くカットしたママたち。まずは率先して節約を実践ですね。しかしなかには「お菓子をガマンしていたら、スナック菓子1袋を一気食いしちゃった」とのコメントがありました。ホドホドに頑張る方がいいこともあるのかもしれませんね。 節約したおかげで体調がよくなったよ

『菓子パンとお菓子。2キロ痩せた』

『お菓子とお酒を削っている。おかげで体調がよくなった』

『私の食事量とお菓子を削った。おかげで3キロ痩せて、肝臓の数値も正常に近づいた』

日ごろつい食べてしまっていた嗜好品を減らしたママたちもいました。「ダイエットできた」「体調がよくなった」とのうれしいコメントは何人ものママから寄せられていました。節約したことで、金銭面以外にもいいことがあったのですね。値上げラッシュに奮闘するママたちのなかにも、節約をポジティブにとらえている方もいるようです。

旦那さんは節約に協力的?

『旦那の昼食をお弁当に。「1日数百円は違う」と言われた。ただ毎日だと私がキツイ』

『旦那のお酒とお小遣い』

『旦那の私物を売った。スマホを解約。通勤を自転車に変更。お小遣い』

『うちは旦那が節約に非協力的。私1人で頑張っている』

ママが節約を頑張るなら、やはり旦那さんにも頑張ってもらいたいところ。節約に協力的な旦那さんもいれば、これまでどおりお金を使っている旦那さんもいるようです。ただどちらか片方だけが頑張るのでは、なかなかシンドイとママの本音もチラリ。お互いに歩み寄る姿勢で頑張りたいですね。

家計を見なおすならココ!

子育て中の家庭にとっては、教育費やこれからに備える貯蓄など、削減しにくい項目がありますよね。それでも「家計を見直したら、カットできた!」と寄せられたコメントもありました。 保険とネット環境を見直して大幅カット

『保険と携帯代の見直しで数万浮いた』

『携帯を格安SIMに変えた。家族3台で2万5千円が、4千円になった』

『家のネット環境と動画配信サービスの契約を解除した』

月々数万単位で出費が抑えられたのは、かなり大きいのではないでしょうか。「この出費は変えられない」と決めつけず柔軟に考えてみると、思いのほか大幅カットできる項目を見つけられるかもしれませんね。 毎日の生活で少しずつ

『やっぱり電気。食洗機の使用回数を減らす。乾燥機能は夜だけにして、あとは自然乾燥』

『ご飯を炊くのが1番の節約になるから、丼ものを多くした献立に』

『牛肉より鶏むね肉やササミに変えた』

『コーヒーをインスタントコーヒーに変えた』

1つひとつの節約は小さくても「塵も積もれば山となる」ですね。また食品から日用品まで値上がりした商品が多いなか、お米の値段に変化がないとの意見はほかのママからも寄せられていました。パンや麺類の回数を減らして、主食をご飯にする回数を増やすことは一考の余地がありそうです。 買い物で上手にやりくり

『今までは近所のスーパーだったけれど、遠くても安いスーパーまで足を伸ばすようにしている』

『物によって買う店を変える。日用品はドラッグストア、食品は業務スーパー。商品をよく見ると一般のスーパーで売っている同じ商品が、割安になっている』

『ストックを確認して、買い物する商品をリスト化。週末のセール日にまとめ買い』

『クレジットカードを使ってポイントを稼いで、そのポイントで買い物する』

『コンビニに行かず、スーパーやドラッグストアで買う』

買い物の仕方を見直したママもいるようです。いつものお店や生活時間を変えるのは、ひと工夫が必要かもしれません。しかしこれまでの生活の質を落とさずに過ごせるのは、ママの努力のおかげなのでしょう。

節約はしたくない!収入を増やす

『節約ではなく、週3回のパートを4回に増やした』

『4月からパートをはじめた』

『転職して収入アップ。さらに副業もはじめた』

『削っているのは睡眠時間。資格試験のためにひたすら勉強。キャリアアップして稼ぐのみ』

一方で「節約はキリがないから」と節約をしないママもいるようです。仕事をはじめたり転職や勉強をして資格を取得したりするなど、支出が増えるなら収入も増やそうと考えているようです。多忙な毎日だと思いますが、ぜひ頑張ってくださいね!

節約にも限界がある!?

さまざまな節約の知恵が寄せられました。ほかにもこんなコメントがありましたよ。

『これまでも節約していたから、今さら削るものがない』

節約の達人ですね。参考までにぜひ実践していることを紹介してほしいです!

『庭を畑にして、野菜は自給自足』

家庭菜園で採れる野菜は、新鮮でおいしいですよね。 節約と言っても、実践していることは家庭によって違いがあるようです。家庭の状況やママの考え方にも、さまざまあるとわかった今回のトピック。節約を意識することで、普段の生活を見なおすキッカケになればいいですね。

【関連記事】

おすすめの記事