Yahoo! JAPAN

東武、新型特急「スペーシア X」を2本追加投入!毎日6往復運転に増発、ただし特別座席料金は一部値上げ 2024年春ダイヤ改正

鉄道チャンネル

東武鉄道は2024年3月16日のダイヤ改正で新型特急N100系「スペーシア X」を新たに2本導入、増発に踏み切ります。

「スペーシア X」は都心と日光・鬼怒川エリアを結ぶ新型特急車両として、2023年7月15日にデビューしたばかりの最新型。まだ6両編成2本のみで運転しており、月・火・水は1日2往復、木・金・土休日は1日4往復しか走っていません。

11月の2023年度第2四半期 決算説明会における質疑応答において、同社は「概ね連日完売の状況が続いている」「東武トップツアーズにおいてはスペーシア Xとホテルを組み合わせた旅行商品を企画しており、売れ行きも順調」と答えており、人気ゆえに乗車するのも難しい状況が続いています。

ダイヤ改正ではそんな「スペーシア X」を2本追加することで、毎日6往復の運転とします。このうち東武日光駅発着は4往復、鬼怒川温泉発着は2往復です。

改正後の「スペーシア X」運転ダイヤ(画像:東武鉄道)

コックピットスイートなど一部特別座席の料金は値上げ

なお、ダイヤ改正を機に「スペーシア X」の特別座席料金を一部改定します。

改定後の料金は、コックピットスイートが18000円(+5820円)、コンパートメントが8000円(+1960円)、コックピットラウンジ(1人用)が500円(+300円)、同2人用が1000円(+600円)、同4人用が2000円(+1200円)です。

「スペーシア X」の一部特別座席料金(画像:東武鉄道)

ただし運賃と特急料金(スタンダードシート・プレミアムシート)およびボックスシートの特別座席料金は変わりません。

また、1号車にある車内カフェカウンターの優先案内は、これまでコックピットラウンジの利用者のみとされていましたが、ダイヤ改正後は6号車(コックピットスイートおよびコンパートメント)利用者もコックピットラウンジ利用者と同様に優先して案内されます。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 第106話 介護施設でのBCPってなに?/ほっこり介護マンガ

    ささえるラボ
  2. ゴールデンボンバーがシルバーボンバーに変身!ブリーチオンカラーブランド『got2b ボンディング・メタリックス』新WEB CMにシルバーヘアで出演!

    舌肥
  3. 4/20(土)白樺湖畔に新しいアクティビティエリアがオープン「池の平ホテル&リゾーツ・レイクサイドパーク」サウナやバーベキュー、サップなどを楽しもう!@長野県 立科町

    Web-Komachi
  4. 楽しめる仕掛けが満載!子連れ旅をより満喫できる「OMO7大阪 by 星野リゾート」

    ママスタセレクト
  5. 【西武】松井稼頭央監督インタビュー 開幕戦の1-0勝利は「非常に大きな1勝になった」

    文化放送
  6. 【西武】髙橋光成投手の一人喋りコーナー! 「レギュラーコーナーをやらせていただけるということは、すごくモチベーションになります」 

    文化放送
  7. 阪神西宮|ミンチカツからあふれ出る黒毛和牛の肉汁とヱビスがあわないわけがない★逸品グランプリ2024★

    ニシマグ
  8. 選手プロデュースから地元人気店まで! 今シーズンの“カープ飯”をチェック

    SPICE
  9. 京都「葵祭」がわかる6つのポイント〜葵祭行列保存会の猪熊会長に教えていただきました〜

    京都観光Naviぷらす
  10. 【「新たま」だからおいしいレシピ まずは薄切りで!】万能オイル酢たまねぎ/ポークソテーのソース/新たまねぎのブルスケッタ

    NHK出版デジタルマガジン