Yahoo! JAPAN

一般客も利用できる職員食堂のコスパとクオリティに驚愕! 宝塚市役所内にある「宝塚料理店」で人気の日替わりランチを食べてきました 宝塚市

Kiss

宝塚市役所の1階にあり、職員食堂ながら一般客も利用できる「宝塚料理店」(宝塚市)のランチを食べに行ってきました。

2017年にオープンした同店。当社は市役所の職員食堂としての営業でしたが一般客へ提供を始めて以来、連日大人気。特にランチの人気が高く、現在では多い日には350人ぐらいが来店するのだそう。

店に入ってすぐの受付で注文し、あとはセルフサービスです

ゆったりとした店内はすっきりしてシンプルながらも木や緑が使われていてあたたかい雰囲気。20世紀を代表する建築家の村野東吾氏設計により建てられている宝塚市庁舎の意匠を崩すことなく上手く活かれたおしゃれな空間です。

毎週月曜日にInstagramで発信してくれます

ランチの一番人気は「日替わりランチ」。メニューは平日は1日2種類、土曜日は1種類用意されていて、毎週メニューが変わります。ほかにはカレーや魚ランチなどもありました。

「日替わりランチ/豚ロースのやわらかロティ」800円(税込)

AとBのどちらのメニューにするか悩ましかったのですが、Bの「豚ロースのやわらかロティ」の方を注文。

800円(税込)というリーズナブルな価格と、あくまでも"職員食堂"だということで大変失礼ながらも"それなり"のものをイメージしていた筆者でしたが、出てきたものを見て即、前言撤回!そして食べてみると想像をはるかに上回る本格的な味。”価格は職員食堂なのに味は専門店”。

料理には冷凍のものを一切使わず、全てお店で丁寧に手作りされているのだそうで、分厚く切られたロースはすごく柔らかく、淡路島の玉ねぎで作ったというステーキソースが良い感じに甘辛くて美味しい!

さらに驚かされるのは同店は、ごはん、サラダ、スープはおかわり無料で小学生以下の子どもに取り分けで食べさせる場合には無料で「子どもセット(ごはん・サラダ・スープ)」をつけてくれるという太っ腹ぶり。

どちらの日替わりメニューにしようか迷っていた筆者を気遣ってくれてか、もう1つのメニュー「国産鶏の新生姜竜田揚げ」も少し食べさせてもらいました!紅生姜マヨソースが竜田揚げと相性抜群でこちらも美味しかったです。

「宝塚モーニングプレート」650円(税込)

朝10時まではモーニングプレートの提供もあり、宝塚の人気パン屋「パンネル」のなんと35mmの極厚のパンを食べさせてくれるのだそう。

チェアーの無料貸出サービス「SORABEN」

取材時には売り切れていたのですが、イートイン以外にもお弁当やサンドイッチなどのテイクアウトメニューも充実しています。テイクアウトで購入した人に無料でチェアーを貸し出す「SORABEN」というサービスもありました。武庫川河川敷や末広中央公園からもすぐなので、これからの季節にはとても嬉しいですよね。

「年輩の人から子どもまで万人が喜ぶお店」を目指しているという同店。価格、内容、サービスのどれをとっても至れり尽くせりすぎでした。誰もが"行きつけのお店"にしたくなる、そんな素敵なお店でした。


店舗
宝塚料理店
(宝塚市東洋町1-1 宝塚市役所1階)

営業時間
(月〜金) 8:00〜16:00
※ランチタイムは11:00〜15:00
(土)11:00〜14:30(L.O.14:00)

定休日
日曜日・祝日
※イベントの際は営業

TEL
0797-77-0567

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【山手線・駒込駅徒歩30秒】1泊3500円の露天風呂付き「カプセル&サウナ ロスコ」に泊まってみたら…ジブリ映画『千と千尋の神隠し』を思い出した

    ロケットニュース24
  2. 榎木淳弥と諏訪部順一が『呪術廻戦』展の音声ガイドを担当 渋谷ヒカリエとのコラボも決定

    SPICE
  3. AMEFURASSHI、新曲「イニミニマニモ」ダンスプラクティス映像公開!

    Pop’n’Roll
  4. 【#北九州下関フェニックス】首位攻防の3連戦は1勝2敗に 首位はかろうじてキープ(2024年6月14日~16日)

    キタキュースタイル
  5. 「堅あげポテト」を食べたことがない42歳、人生で初めて食べた結果 → 泣いた

    ロケットニュース24
  6. 【動画】大阪・関西万博300日前記念イベント「あべてんフェス」で奈良市の魅力紹介

    OSAKA STYLE
  7. TEAM SHACHIが6年ぶりTIFのステージに登場 『TOKYO IDOL FESTIVAL 2024』出演アーティスト17弾を発表

    SPICE
  8. くノ一今季初の3連勝 愛媛Lに2‐1 なでしこ1部

    伊賀タウン情報YOU
  9. 【女性編】離婚後のひとり暮らしで実感した“自由と寂しさ”のリアル #4「我慢できなかった結果…」

    ウレぴあ総研
  10. 早見あかり 3歳の娘が“違和感”を 「何でママがドラマに?」 映画『Ultraman: Rising』特別上映会

    動画ニュース「フィールドキャスター」