Yahoo! JAPAN

カワハル企画部 3月、若者のための文化祭 学校外の発表の場を提供〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

タウンニュース

発起人の竹端晴菜さん

県立川崎高校の卒業生らで昨秋立ち上げた「カワハル企画部」が、3月26日(土)、27日(日)に教育文化会館で「かわさき春の文化祭」を開催する。若者たちの学校外での発表の場を作ろうと、中学生から22歳までの人から展示作品などを募っている。

カワハル企画部は県立川崎高校ボランティア部の卒業生ら5人で活動する。教育文化会館で子どもたちの自由研究をサポートする市民自主事業に携わってきた縁で、同館を拠点とした同企画部を発足した。

文化祭発案のきっかけとなったのは、代表を務める大学生・竹端晴菜さん(20)=川崎区追分町在住=の妹のひと言。「学校の文化祭がコロナの影響で学内だけのものになってしまってさみしい」との声を聞き、学生らの部活動などの成果発表の場を作りたいと、昨年10月から準備を進めてきた。竹端さんは「これまで子どもたちを中心に関わってきたが、同世代や若い人とつながる機会にもなれば」と話す。

竹端さんはもともと、積極的に企画などを提案するタイプではないというが、「一緒に活動してきた幼馴染が新たな団体をスタートさせた。自分にもできるかもと思えた」と一念発起。同企画部をスタートさせ、試行錯誤しながら文化祭実施にこぎつけた。同館の小宮肇さんの「高校3年間一緒に活動してきた仲間。卒業で途切れさせるのはもったいない。今後も集まるきっかけになるのでは」との言葉が後押しとなったという。

文化祭は26日、27日両日午前10時から午後4時まで。応募対象は川崎市内在住、在学の中学生から22歳までで、3月19日から25日の期間に作品を同館に持参できる人。形式を問わず展示ができる作品または、パフォーマンス(ダンスや演奏)を最大10分でDVDにしたものを募集している。

申し込みや詳細はウェブサイト(https://www.city.kawasaki.jp/kawasaki/page/0000136277.html)から。2月20日(日)締め切り。

教文の利用促進に期待

小宮さんによると、教育文化会館の利用者の多くはシニア層。サークル活動も高齢化が進み、運営の継続が困難になるケースもあるという。小宮さんは「若者にも気軽に足を運んで使えることを知ってほしい。文化祭は良いきっかけになるのでは」と期待を寄せる。

コロナ禍で地域住民らが集う催しが中止になっていることから、竹端さんは「今後はさまざまな団体とつながれるお祭りなどを企画したい」と意欲を見せる。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【カープ道】地元開幕戦記念のイラストが話題! 作者りおたさんが制作秘話を大公開

    ひろしまリード
  2. 世界で1台だけの相棒! キャンパー仕様“ジムリィ”のオーナーがカスタムカーの魅力を語る

    GetNavi web
  3. 毎週更新!ツイッターでバズった「本屋あるある」無料漫画『本屋の堀ちゃん』あと1つ、どこかにあるはずなのに…

    ふたまん+
  4. 神奈川県内でおすすめのスーパー銭湯&日帰り温泉10選

    さんたつ by 散歩の達人
  5. 「愛犬流しそうめん」が有馬グランドホテルで開催!夏の思い出づくりに♪

    PrettyOnline
  6. 『未来への10カウント』甲斐(安田顕)の大胆行動に視聴者驚き、男気溢れる“神対応”に反響

    ドワンゴジェイピー news
  7. 愛犬のベストショット狙いひたすら連写 飼い主の「数うちゃあたる作戦」に共感

    おたくま経済新聞
  8. 【宮川大輔×ケンドーコバヤシ トークライブあんぎゃー 新潟公演】12年ぶりの新潟公演決定!ふたりの爆笑トークライブを見逃すな|新潟市中央区

    日刊にいがたWEBタウン情報
  9. 横浜関内オフィス街に建設会社がパン屋さんをオープン!【縁道(えんみち)】(神奈川県横浜市)

    パンめぐ
  10. BUMP OF CHICKEN、劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』本編映像を使用した「クロノスタシス」の映像を公開 Twitterキャンペーンも開始

    SPICE