Yahoo! JAPAN

神からの警告を受け、エルサレムの壊滅を目撃した預言者とは?【聖書】

ラブすぽ

神からの警告を受け、エルサレムの壊滅を目撃した預言者とは?【聖書】

エルサレムの壊滅を目撃した預言者

エレミヤは、ダビデとソロモンによって築かれた栄光のイスラエル王国が砂の城のように崩れ去っていくのを目の当たりにした預言者でした。

エレミヤ書によれば、彼は母の胎内に宿る以前から預言者になるべく神に定められていたといいます。しかし、預言者として活動を始めたのは紀元前627年のことでした。

その時、神はエレミヤの口に触れてこう言われました。「北から災いが襲いかかる、この地に住む者すべてに」。

すでに北のイスラエル王国は紀元前722年にアッシリアのために滅亡していました。その後、アッシリアは分離独立した新バビロニアによって滅ぼされますが、今度はその脅威がユダ王国に及ぶというのです。 

こうした悲劇に見舞われるのは民が真の信仰を忘れたためと神は言い、それに気づかせるために「*わたしの僕(しもべ)バビロンの王ネブカドレツァル」を派遣するのだとエレミヤに告げました。

そして、警告は現実のものとなり、エルサレムは侵略され、長老・祭司をはじめとして多くの人が連れ去られました。

しかし、そのような事態に陥っても人々は楽観的な偽預言にすがろうとします。これに対しエレミヤは、ネブカドレツァルがエルサレムを占領し、家々を焼くだろうと告げました。

こうしたエレミヤを役人たちは逮捕し殺そうとしますが、預言通りエルサレムは攻め落とされ、王宮も神殿も破壊されてしまうのです。

王子や貴族は殺され、目をつぶされた王と多くの民はバビロンに連行されました。これをバビロン捕囚(ほしゅう)といいます。

用語解説 *わたしの僕 言うまでもなくネブカドレツァルは異教徒であるが、神の意思を伝えるための道具とされたため、このように呼ばれたのである。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 聖書』
著者:渋谷伸博  日本文芸社刊

執筆者プロフィール
1960年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。宗教史研究家。よみうりカルチャーなどで神話をテーマとした講座も開講している。著書多数。近著に『一生に一度は参拝したい全国の神社めぐり』『聖地鉄道めぐり』『神々だけに許された地 秘境神社めぐり』『歴史さんぽ東京の神社・お寺めぐり』(いずれもジー・ビー)、『あなたの知らない般若心経』(宮坂宥洪監修、洋泉社新書)、『諸国神社 一宮・二宮・三宮』(山川出版社)などがある。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【山形スイーツ】話題の和菓子が絶品!山形のハズさないお土産。~御菓子司 福来雀あずき宿/山形市馬見ケ崎~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  2. パグのかわいいところをギュッと凝縮!愛嬌たっぷりの寝姿に癒やされる

    おたくま経済新聞
  3. 【期間限定 販売】【横浜高島屋】見た目はかわいいのに、味は本格派!!<横浜中華街 皇朝>9種の「ひとくち中華まんじゅう」

    ソトコトオンライン
  4. 橋下徹&古市憲寿、『めざまし8』旧統一教会と自民党への擁護発言に視聴者反発「それは無理筋」「頭おかしくなりそう」

    New's Vision
  5. 「河鹿」河の鹿でなんと読む?【読めたらすごい漢字クイズ】

    ソトコトオンライン
  6. 8月16日は後醍醐天皇の忌日【奈良県的今日は何の日?】

    奈良のタウン情報ぱーぷる
  7. 正しいスイングを作る為に運動のしやすいアドレスをとることが重要な理由とは?【阿河徹の見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方/ゴルフ】

    ラブすぽ
  8. 海道一の弓取りとしても聞こえが高い今川義元が「京かぶれ」の軟弱大名と思われた理由とは?【戦国武将の話】

    ラブすぽ
  9. 朝イチ更新!4コマ漫画『かりあげクン』「仮想通貨」「ゴルフ」温泉で体を洗うときは?

    ふたまん+
  10. 【40代対象】最初が肝心!マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?

    コクハク