Yahoo! JAPAN

[山芋のお弁当レシピ]プロが教える香ばしさが絶品の焼きレシピ

VEGEDAY

テレビやラジオ、雑誌に、また食事改善から、健康を支えるプログラムの開発まで、幅広く活躍する管理栄養士の小島美和子先生に、山芋(長芋)を使った和風、洋風のレシピを紹介してもらいました。香ばしさとほくほくとした食感が楽しめて、お弁当にもぴったりです。

長芋ステーキ 青のり風味

ステーキにすると皮が香ばしくなるので、ぜひ皮付きのままで。シンプルなのに、後を引くおいしさです!

材料(2人分)

長芋:約6cm長さ(約150g)

オリーブオイル:小さじ1

塩:小さじ1/6

黒こしょう:少々

青のり:小さじ1/2

作り方

長芋は皮付きのままたわしなどでよく洗い、気になるひげ根をつまんでとった後、1cmほどの厚さの輪切りにする。

フライパンにオリーブオイルを熱し、1を入れて、2~3回返しながら中火で5~6分ほど焼き、こんがりとした焼き色を両面につける。

2に竹串をさしてスッと通れば、焼き上がり。

3に塩、黒こしょうをふって、皿に盛り付け、仕上げに青のりをかける。

memo

長芋は皮付きのまま切るため、滑らず扱いやすいです。

火が通りにくくなるので、厚く切りすぎないように注意しましょう。

長芋ツナマヨグラタン

長芋のステーキを使った、冷めてもおいしいグラタン。アルミケースで小さく焼いて、お弁当に。

材料(2人分)

長芋のステーキ:3枚

ツナ缶:30g

マヨネーズ:小さじ1と1/2

溶けるチーズ:15g

作り方

長芋ステーキ3枚を4等分にし、アルミケースに分けて入れる。

ツナ缶の油をきってボウルに入れ、マヨネーズと混ぜる。

1に2をのせ、その上にチーズをのせる。オーブントースターでチーズが溶けるまで3~5分ほど焼く。または200℃のオーブンで4~5分ほど焼く。

memo

耐熱容器に並べて焼いたものを、後で取り分けてもOK。

アルミケースが薄い場合は、2枚重ねると安定します。

グラタンの中身は火が通っているものなので、チーズが溶ければOKです。

魚焼きグリルでも焼くことができます。

トースターやオーブンなどは機種によって焼き時間が異なります。加熱時間を目安に、様子を見ながら焼きましょう。

長芋のひき肉あんかけ

レンジで手軽に作れるひき肉あんで、お肉も一緒にとれます!

材料(2人分)

長芋ステーキ:6枚

<レンジで作るひき肉あん>

豚ひき肉:60g

絹さや:2枚

[A]

醤油:小さじ1

酒:小さじ1

砂糖:小さじ1/2

ショウガ(すりおろし):小さじ1/4

片栗粉:小さじ1/2

水:小さじ1

作り方

耐熱容器に豚ひき肉とAを入れ、箸でほぐすように混ぜる。

絹さやは斜めの千切りにする。

1にふんわりとラップをして、レンジで約1分加熱する。

レンジから取り出して、半生の状態のものをほぐすようにかき混ぜた後、2を加えてさらに1分ほど加熱し、取り出してよくかき混ぜる。

長芋ステーキは1枚を2等分に切って盛り付け、3をかける。

memo

ひき肉あんは、最初に加熱して取り出したときは半生状態でOKです。全体をほぐしながらよく混ぜます。

ひき肉は、よく混ぜることで大きな肉の塊がなくなり、そぼろになります。

片栗粉が入っているので、パラパラにならず食べやすくまとまります。

最後に

とろろにすることが多い山芋(長芋)ですが、香ばしく焼くだけで和風、洋風のおかずにアレンジできます。いろいろ試してみてください。

<!-- 小島美和子プロフィール -->

小島美和子/Miwako Oshima

管理栄養士/健康運動指導士/産業栄養指導者

女子栄養大学卒業後、食品会社での商品開発業務、大学病院などでの臨床栄養指導等を経て、有限会社クオリティライフサービス設立。働く人の食生活改善保健指導プログラムなどの企画開発を行う。TV、ラジオ、雑誌への出演のほか、厚労省の特定保健指導の実践的指導者育成プログラム開発ワーキングメンバーやTHP指導者養成専門研修及び産業保健指導専門研修など、各種研修講師等も多数担当。また、健康商材・サービスの価値、訴求力を高めるコンテンツ、プロモーションのコンセプトづくりから、より効果を出すプログラムの開発まで、管理栄養士の専門性を活かした食生活の現場でQOLを高める事業を企画・展開している。
ホームページ/オフィシャルブログ/FB

[山芋]長芋や大和芋の特徴と、栄養や下ごしらえ&保存のコツ

とろろでおなじみの山芋。実は山芋という特定の品種はなく、長芋や大和芋、いちょういもといった「ヤマノイモ科」に属する芋類を総称して「山芋」「やまのいも」と呼びます。生のまま刻めばシャキシャキ、すりおろせば粘りのある食感を楽しめるほか、加熱すればホクホクに。さまざまな料理に使える野菜です。

最終更新:2022.03.11

文・写真:小島美和子
監修:小島美和子、カゴメ

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <彼氏の母親は重い?>息子の彼女にプレゼントを贈りたい!ママとして出しゃばりすぎ?

    ママスタセレクト
  2. クラブを身体で動かす感覚が身に付く左手打ちドリルとは!?【板橋繁の世界標準インパクトで飛ばす!G1スウィングの真実/ゴルフ】

    ラブすぽ
  3. 普通の照り焼きチキンがもっとおいしくなる「煮込むときに入れる調味料」とは

    saita
  4. 廃棄ロスに待ったをかける「ロスパン」。注文から開封、実食までを詳細レポート

    東京バーゲンマニア
  5. いつも友達を誘うのは私から。“誘われるひと”になるにはどうしたらいい…?<ガンバラナイ人生相談>

    saita
  6. 泉南エリア投げ釣りで18cm頭にキス15匹 水温次第で好機突入か

    TSURINEWS
  7. 瀬戸内海ボートゲームにおける【バイブレーションルアーの有効性】

    TSURINEWS
  8. 爽やかな白ワンピは「重ね着&デニム」でオシャレ感UP/Today’s merSNAP

    mer
  9. 「仕事でプレゼンする前日は、心配で朝まで眠れない」 緊張しやすい50代男性はTikTokでダンスを披露すればいい!?

    Jタウンネット
  10. 犬が嗅ぎがちな『人間の部位』5選!なぜ犬は臭うところを嗅ぎたがるの?

    わんちゃんホンポ