Yahoo! JAPAN

【新しい抽出方法】注射器のような形の「エアロプレス」で美味しいコーヒーを淹れられる理由

特選街web

特選街web/写真AC

「エアロプレス」は注射器のような形をしている道具で、れっきとしたコーヒー器具だ。2005年にアメリカで発明された新しい抽出方法だが、すでに世界中に多くの愛好家がいて、エアロプレスで淹れたコーヒーの味を競う大会まで開催されている。

[別記事:[【コーヒー豆の挽き方】直前にミルで挽くのがベスト!電動ミルと手挽きミルの違い→]]

[別記事:[【【コーヒーの器具別抽出ガイド⑧】手軽さNO.1「フレンチプレス」の特徴と使い方 コーヒーオイルもたっぷり抽出→]]

ペーパードリップとフレンチプレスのいいとこ取り

注射器のような形をしているこの道具、実はれっきとしたコーヒー器具で、その名は「エアロプレス」。2005年にアメリカで発明された新しい抽出方法だが、すでに世界中に多くの愛好家がいて、エアロプレスで淹れたコーヒーの味を競う大会まで開催されている。

抽出方法は「チャンバー」と呼ばれるシリンダーにコーヒー粉と湯を入れて、「プランジャー」というシリンダーで圧力をかけて抽出。まさに名前のとおり「エアロ=空気」で「プレス=圧力」をかけて抽出する器具なのだ。

「チャンバーキャップ」というメッシュキャップにペーパーフィルターをセットし、チャンバーの先端に取り付ける。通常、ペーパーフィルターを通ってコーヒーが抽出される場合、コーヒーオイルはペーパーに吸収されてしまうが、チャンバーキャップの脇に開いた穴からコーヒーオイルが通るので、豆本来のうま味も楽しめる。ペーパーフィルターとフレンチプレスのいいとこ取りだ。

メカニカルな抽出方法なので、初めのうちは慣れずに戸惑ってしまうかもしれないが、数回淹れて慣れてくれば「エアロプレス」の魅力にはまってしまうはずだ。

エアロプレス
エアロプレス コーヒーメーカー

実売価格例:5500円

今までになかった新しい形のコーヒー抽出方法が世界中に愛好家を生み出している

大きな注射器のような形をした新しいコーヒー器具。チャンバー内の湯とコーヒー粉をプレスして抽出する。攪拌用のパドルや専用ペーパーフィルターがセットになっている。

※写真のカップは付属しない
今田束 講師

エアロプレス本体をサーバーに載せて、上から力をかけて抽出する方法なので、力加減がわからない初めのうちは、ガラス製サーバーではなく、丈夫な素材の容器をサーバーに使うと安心です。ただし、さほど強い力が必要なわけではないので、ゆっくりと押していけば、安全に抽出できます。

--------------------
湯温93℃
湯量200cc
粉砕中細挽き
豆量14g
--------------------

①チャンバーやプランジャー以外に、メジャースプーンや攪拌用パドル、ペーパーフィルターなどがセットになっている。

②チャンバーキャップに付属の専用ペーパーフィルターをセット。これがチャンバーの先端に取り付けられる。

③チャンバーの先端に②のフィルターキャップを取り付ける。このときペーパーフィルターがずれないように注意。

④フィルターキャップを取り付けたら、チャンバーをサーバーの上に置き、湯を注いでチャンバーとフィルターを温める。

⑤付属のファンネルをチャンバーにセットして、コーヒー粉を入れる。1杯分の粉は約14g。付属のメジャースプーン1杯分だ。

⑥抽出には200ccのお湯を使うが、これはいったんプランジャーに投入することで計量することができるようになっている。

⑦⑥でプランジャーに入れた湯をコーヒー粉の入ったチャンバーに注ぐ。スケールを使わなくてもいいのでアウトドアでも便利。

⑧湯を注いだら攪拌用のパドルでかき混ぜる。コーヒー粉全体に湯が染みわたるようにして、ムラなく抽出できるようにする。

⑨攪拌が終わったら、プランジャーでフタをしていったん漬けておく。上から「ガス→粉→液体」の状態になっている。

⑩40秒ほど漬けたら、プランジャーを取り外し、もう一度攪拌する。手早くかき混ぜたらすぐにプランジャーをセット。

⑪ゆっくりと上からまっすぐにプランジャーを押して、コーヒーを抽出する。成分をしっかり出したい場合は、最後まで押し切る。

ペーパードリップとフレンチプレスの間くらいの味わい。少しにごりはあるが、コーヒー豆本来のコクが味わえる。

※製品の価格は、特別に表記のないかぎり、消費税込みの総額です。
※製品の仕様や価格は制作時のもので、その後、諸事情により変更されている場合があります。
※コーヒーの抽出方法は、解説内容に合わせた使いこなしの一例であり、器具メーカーの公式な使用手順とは沿わない場合があります。

■イラスト 田村 梓(ten-bin)
※この記事は『自宅で楽しむおいしい珈琲の淹れ方』(マキノ出版)に掲載されています。

【関連記事】

おすすめの記事