Yahoo! JAPAN

【わずか3ヶ月で1万個販売】いま話題のザックザクのNEOカレーパン「小麦の奴隷」

SASARU

いま、十勝・大樹町でNEOカレーパンの代表とも言える「ザックザクカレーパン」が大人気なんです。
昨年4月に開業後、わずか3ヶ月で1万個も売れたカレーパンを作るのは、実業家の堀江貴文さんが発案したエンタメパン屋「小麦の奴隷」
NEOカレーパンって? エンタメパン屋って? なんだか気になっちゃう話題のパン屋さんを取材してきました!

パンが町を盛り上げる!大樹町から全国へ

FC加盟を希望する声が続々

「小麦の奴隷」は、堀江貴文さんが自身のオンラインサロンのHIU(堀江貴文イノベーション大学校)内で声かけしたことによって生まれました。

製造している様子を毎日SNSでライブ配信したり、イメージキャラクターやオリジナルテーマソングを作ったり。
いつでもエンターテイメント体験を届けてくれるパン屋さんなんです。

いまやロケットの町として有名になった大樹町に昨年4月に1号店がオープンした以降、出店希望が多数寄せられ現在全国で15店舗が展開されています。

売り切れ必至!ユニークなパンに注目

定番の塩パンやクロワッサンも人気。あのホリエモンさんは、塩パンがお気に入りだそうです。

「君かわうぃ~ね!メロンパンナちゃん」や「あの頃のワタシ(グラタンコロッケ)」など、どれもオリジナリティーに富んだネーミングでなんだかワクワクしちゃいます!

毎日20種類以上のパンが並ぶそうですが、何にしようか迷ってしまいますね。

奴隷名物!話題のNEOカレーパン

ザックザクカレーパン(250円 税込)

いまブームが来ているNEOカレーパンとは、進化系のカレーパンの総称で巨大化映えヘルシーを特徴としています。

小麦の奴隷は、見た目にこだわった“映え”カレーパン。
「見た目でバズるよう色々と普通じゃないものを試した」そうです。

ザクザクの衣、地場産じゃがいもを使ったカレー

ザクザクの衣とフィリングの高松農場のじゃがいもが絶妙に合う

衣にはクルトンを使用。クルトンの大きさやザクザクの衣に合うカレーも試行錯誤したそうです。

カレーは少し甘めですが、ほど良いスパイスがアクセントになっており、子どもから大人まで楽しめるようになっています。
冷めてもザクザク食感が失われないのもまた嬉しい!

カレーパングランプリ2020で金賞!

この渾身のカレーパンは昨年、日本で一番おいしいカレーパンを決定する「カレーパングランプリ」東日本揚げカレーパン部門金賞を受賞しました!

今年も同グランプリの予選を見事通過。
「今年こそは最高金賞を!」と意気込みを語ってくださいました。

10月2日(土)まで本選の投票をしているそうですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

移動販売車に公式アプリ…目が離せない!

小麦の奴隷は、十勝・日高地方を中心に移動販売車がまわっています。
いつどこへ行くかはSNSで確認できますよ。

また、今年の4月には小麦の奴隷の公式アプリがリリースされました。
アプリ上で予約注文や事前決済ができるほか、クーポンが配信されたりポイントを貯めることもできるそうです。

美味しいパンと新しい取り組みで楽しませてくれる小麦の奴隷。
これからも目が離せません!

小麦の奴隷 大樹本店
住所:広尾郡大樹町西本通26
電話番号:080-7286-2654
営業時間:午前9時~午後5時
定休日:月、火曜日(祝日は営業)
Instagram:@komuginodorei
Twitter:

@komuginodorei


Facebook:@komuginodorei
YouTube:小麦の奴隷
Webサイト:http://komuginodorei.com/

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

【関連記事】

おすすめの記事