Yahoo! JAPAN

【北海道・浜中町】おいしいものがいっぱいのグルメ旅!「浜中ウニ」は豊洲市場の初セリで最高値!乳製品は「ハーゲンダッツアイス」にも使われてるおいしさ!

まっぷるトラベルガイド

北海道・浜中町は注目度大の浜中ウニはじめ新鮮な魚介やハーゲンダッツクオリティーのアイスクリームまでおいしいものの宝庫!

北海道にはおいしいものがたくさんありますが、釧路と根室の間にある浜中町は、その食材の良さで、今、とても注目されています。

特に浜中の地名を冠するブランドウニは霧多布湿原の豊かなミネラルが育んだ良質の昆布のみを食べて育つ絶品。豊洲の初競で一番高い値がつくのが浜中ウニなのだそうです。都内の有名フレンチ店や高級寿司店でも使われ、プロも認めるおいしさとして知名度が高まっています。

もう一つ浜中の代名詞になっているのが牛乳です。ハーゲンダッツのアイスクリームの素材に使われる、脂肪分の高い牛乳は高品質。そこから作られるチーズなどの乳製品も見逃せません。

そんなすばらしい食材を使ったグルメを地元で味わうことができる、浜中町のおいしいお店やお宿をご紹介したいと思います。

浜中のおいしい魚介!霧多布産昆布を使った「寿司ひらの」の豪華海鮮丼!

浜中でおいしい魚介を食べるなら、まずご紹介したいお店がこちら。地元の漁師さんから仕入れた新鮮な魚介を寿司店らしい丁寧な仕事で提供してくださいます。

はじめての方には、地元霧多布の昆布ですし飯を巻いた「旬の豪華海鮮丼」が人気。「霧多布産昆布を使ったメニューを作りたい」と店主さんが考案された、見た目も楽しい、他にない海鮮丼です。

他にも、初秋の「さんま丼」や、その時々の素材がたっぷりのった「海鮮丼」は、リピーターに人気の一品。名産のホッキやツブなどの新鮮コリコリ食感がたまりません。ツーリングマップルご愛読者さんもよくいらっしゃるそうです。

旬の豪華海鮮丼。数量限定。霧多布昆布を器にしている
さんま丼。数量限定。さんまの旬・初秋限定の人気丼
海鮮丼。旬の素材が贅沢にのる。酢飯か白飯を選べるのも嬉しい
ゆったりくつろげるテーブル席
店主さんとお話がはずむカウンター席
黄色いのれんが開店中の目印

■寿司ひらの
住所:北海道厚岸郡浜中町霧多布東2条2丁目29
交通:JR茶内駅から車で15分
営業時間:11:00~14:00、17:00~19:00※閉店時間変更あり
休業日:不定休

浜中で大切に育てられた牛の牛乳で作るチーズ&ピザ!「グレートフルファーム」

浜中の海霧によって良い牧草が育つと話す松岡さんが、乳牛と人とのあるべき姿を考えながら運営している牧場がグレートフルファームです。

こちらの牧場のカフェでは、おいしい牛乳からできる自慢のチーズをたっぷり使ったピザをいただくことができます。焼きたてピザのトロトロチーズは格別のおいしさ。コーヒーもサイフォンで淹れる本格的なもの。チーズ作り体験もでき、牧場ならではの楽しみがあり、体験参加者は自分で作ったチーズのピザを食べることもできるのです。

チーズの購入のみ、ピザやスイーツ(チーズケーキ)のカフェ利用のみもOK。テイクアウトにもオススメです。ただし、牛飼いの作業との兼ね合いがあるため、事前に連絡する方がよいそうです(前日予約が確実)。

チーズたっぷりのピザ。手作りジェノベーゼとスモークチキンのトッピング
コーヒー。こちらの牧場の牛乳が使われている地元の紙パック牛乳もかわいい
サイフォンで淹れるコーヒー。一杯一杯丁寧に注がれていく
モッツアレラチーズ作り体験(ピザ+コーヒー付き)
チーズの販売もある(写真はストリングチーズ、カチョカバロ、モッツァレラ、ゴーダ)
カラフルでオシャレなカフェ店内。この場所でチーズ作り体験ができる
コンテナのようなポップな外観。牧場の入口にある

■Grateful Farm(グレートフルファーム)
住所:北海道厚岸郡浜中町姉別緑栄205
交通:JR姉別駅から車で7分
営業時間:11:00~14:00(前日予約が確実)※要確認
休業日:不定休

浜中限定!ハーゲンダッツクオリティの濃厚アイスクリーム!「タカナシ2Lアイス」

寒流が近くを通っている関係で夏でも涼しい気候となり、牛がストレスなく快適に過ごせる浜中町。人より牛の方が多いという、まさに牛の天国ですが、そこで生産される牛乳は高品質で、あのハーゲンダッツがご指名で使っていることでも有名です。

そして注目したいのは、ハーゲンダッツと同じ牛乳で作られた地元限定の「タカナシアイス」。コープはまなかのみで購入できる、2リットルサイズのアイスです。実際に食べてみると、まったりと濃厚でとろけるおいしさ。おみやげにわざわざ発送する人がいるというのもうなずけます。

他にも、タカナシ4.0牛乳を使ったソフトクリームもこちらのお店の人気だそうです。地元ならではの牛乳・チーズ・ヨーグルトなど、乳製品コーナーも大充実なので、こちらでおみやげに乳製品を買って帰るのもおすすめです。

地元でしか食べられないタカナシアイスは濃厚でクリーミーな絶品アイスクリーム
2Lサイズでしか販売されていないので、家でシェアして食べるスタイル
フレーバーや種類がいくつかあり、最高級のアイスクリーム。2Lサイズのみ
首都圏ではなかなか見かけないタカナシヨーグルトもある
コープはまなかの乳製品コーナーはとても充実
JR花咲線の茶内駅から徒歩圏内。地元の買い物客で賑わっている

■コープはまなか
住所:厚岸郡浜中町茶内栄65
交通:JR茶内駅から徒歩4分
営業時間:月~金曜9:30~18:00、土曜9:30~17:00、日曜・祝日10:00~15:00
休業日:不定休

浜中で飲めるクローバー印の牛乳瓶にキュン!「小松牛乳」

最近はなかなか手に入らない瓶牛乳。すっかり貴重なものになってしまいましたが、瓶牛乳ラバーにも、牛乳はちょっと苦手という方にもおすすめしたいのがこの小松牛乳。

赤いクローバー印のかわいい見た目もさることながら、くさみのないさっぱりとした牛乳のおいしさは浜中でぜひ試していただきたいもののひとつです。もう一本飲める、いやもう一本飲みたい!と思ってしまいます。

牛乳・ラクトコーヒー・フルーツの3種類があるので、どうしても真っ白の牛乳が苦手という方は、コーヒー牛乳をぜひ試してください。こちらも絶品です。

牧場の近くでは、ピンクの鼻がかわいい牛たちがのんびり草をはんでいる風景も見ることができるので、足をのばしてみてはいかがでしょうか。

小松牛乳。牧場の入口の販売所で買うことができる
小松牧場の奥手にひろがる牧草地で牛が丘をのぼっていく
小松牧場の牛は鼻先がピンク色でかわいい
小松牧場の入口。入って左手に売店がある

■小松牛乳(こまつぎゅうにゅう)
住所:北海道厚岸郡浜中町霧多布西4条1丁目127
交通:JR茶内駅から車で16分
営業時間:10:00~17:00※要確認
休業日:不定休

浜中の魚介類いっぱいのコース料理!「ペンションポーチ」でお好みワインと合わせてどうぞ

霧多布湿原のすぐそばの、自然を満喫できるペンションポーチは、地産地消を心がけるおいしいお料理がいただけるお宿でもあります。葉野菜など地元で手に入らない食材は少なくとも北海道産にしているほど、地元のおいしいものを食べてほしいというこだわりを持っておられます。

特に夕食は、浜中町の魚介類を中心とした和洋折衷のコース料理になっていて、このお料理を楽しみに泊まられる方もいるそうです。肩ひじはらずアットホームな雰囲気の中で、ワインなども楽しむことができます。宿泊させていただいた日は、地元の方からの差し入れのホッカイシマエビがサービス提供され、これまた絶品でした。

霧多布湿原の保全に長く尽力されてきたオーナーの瓜田さんの話を聞きながら夜が更けていくのも楽しく、宿泊ならではのおいしさが味わえます。

夕食はコース形式。お好みのワインも別途注文できる。写真の料理は秋サケのソテー
前菜は浜中町の素材が少しずついただける優しいお味の品々。この日は茹でたホッカイシマエビも飛び入り
カキのアヒージョ。魚介の香りとうまみが移ったオイルを別添えのパンに付けてもおいしい
ディナーメニューの内容は手書きの黒板でチェック
朝食も地元素材をつかった充実のメニュー
食事はこちらのメインダイニングでいただく。大きな窓から霧多布湿原が見える
客室からも霧多布湿原が一望できる。琵琶瀬木道も歩いてすぐ
オーナーの瓜田さんは、カヌーなど霧多布の自然を満喫できるオリジナルツアーのガイドもされている

■ペンションポーチ(ペンションポーチ)
住所:北海道厚岸郡浜中町仲の浜122番地
交通:JR茶内駅から送迎あり(要予約)
営業時間:IN15:00/OUT10:00※プランにより異なる
休業日:不定休

名物の”カキたまりやき”が絶品!「旅館くりもと」

霧多布の市街地にある旅館くりもとは、明治19年創業という老舗で、近くにコンビニやスーパーもある利便性の高いお宿です。こちらでも旬の海鮮を中心とした地元食材を味わえるお料理がいただけます。

一番感動したお料理は、「あたたかいうちにどうぞ!」と持ってきていただいた「カキたまりやき」。甘辛いたれの衣をまとったふっくらとした焼きカキは、白いご飯と一緒にいただくも良し、お酒のおつまみにも良し、の絶品です。

他にも、捕鯨の町・釧路に近いことを感じるクジラの刺身や、鮭のあら汁、浜中産ホエイ豚の鍋など、さまざまな味覚を一同に楽しむことができます。

朝食に出たタラコも、ごはんがもっと欲しくなるおいしさでした。

できたてで運ばれてくる「カキたまりやき」はふっくらとした食感で甘辛くおいしい
地元のウニなどが入る刺身盛り。この日は珍しいクジラの刺身も
鮭のあら汁は郷土料理のひとつ。塩味で出汁がきいている
ホエイ豚の鍋など、浜中の食材が楽しめる夕食
朝食も海の幸が楽しめる充実の内容
夕食と朝食は畳敷の食事処でリラックスしていただける
ゆったりと疲れを癒せるお風呂も魅力
部屋はビジネス利用でも使いやすい。漁港に近いので、夜に窓をあけるとカモメの声も聞こえる
ロビーは明るく清潔感がある
霧多布の中心部にある便利なお宿

■旅館くりもと
住所:北海道厚岸郡浜中町霧多布東2条1丁目11
交通:JR浜中駅から車で15分
営業時間:IN16:00/OUT10:00※プランにより異なる
休業日:不定休

浜中の食材を使ったライトな地産地消メニューと眺望が魅力!「きりたっぷカフェ」

最後にご紹介するのは、霧多布湿原センターの2階にあるカフェ。先ほどご紹介したタカナシアイスや小松牛乳はもちろん、はまなかホエイ豚バーガー、ホッキカレー、昆布チャーハンなど、浜中町の食材を使った手軽なメニューを味わえます。

そして、こちらのお店のもうひとつすごいポイントはその眺望です。霧多布湿原を見渡せるすばらしい景色をみながら、地元素材のグルメをいただけば、浜中町のすばらしさを感じずにはいられないことでしょう。

軽食からスイーツまで気軽に楽しめるメニュー
霧多布湿原が一望できる絶景カフェ。霧多布湿原センターの2階にある

■きりたっぷカフェ
住所:北海道厚岸郡浜中町四番沢20 霧多布湿原センター2F
交通:JR茶内駅から車で8分
営業時間:10:00~15:30
休業日:不定休

浜中グルメ旅、いかがでしたでしょうか?

地元の方が地元を愛して作っているお料理の数々は、どれも間違いないおいしさでした。素材の良さもさることながら、店主さんとお話をしてみると、そのお料理を作っていらっしゃる人のあたたかさも感じることができます。それがまたおいしく感じるのかもしれません。

あの海鮮丼やピザをまた食べに行きたい、とリピートしたくなる記憶に残るお店ばかり。ぜひ北海道に足を運ばれるときには、浜中町の絶品グルメをめぐってみていただければと思います。(私自身、また絶対行こうと思っています!)

【関連記事】

おすすめの記事