Yahoo! JAPAN

【悲報】日本の有休取得率、ダントツで世界最下位 韓国にまで置いていかれる結果に

キャリコネニュース

リリースより

総合旅行サイト「エクスペディア・ジャパン」は7月9日、有給休暇に関する国際比較調査の結果を発表した。調査は2019年10~11月にネット上で実施し、19か国の1万1217人から回答を得た。

日本の有給休暇取得日数は10日、取得率は50%でいずれも19か国中最下位だった。特に取得率では、ワースト2位のマレーシア、オーストラリア(各70%)から大きく開き、世界各国と比べて極めて低い水準であることが分かる。

最下位を争っていた韓国は2015年から35ポイントも上昇


日本の最下位は、2016年以降4年連続。14、15年についてはワースト2位だったものの、09~13年もやはり最下位だった。ちなみに、14、15年の最下位は韓国だ。14年の取得率は日本の50%に対し、韓国は48%、翌年は40%に落としていた。

ところが、韓国は16年に53%で再び日本を抜くと、17年には67%、18年には世界2位タイの93%にまで上がり、今調査では75%に高止まりしている。対照的に、日本は2015年の60%をピークに、その後は50%で横ばい。韓国にすっかり置いていかれた形と言える。

日本人が休みを取らない理由としては、最多が「緊急時のために取っておく」だった。世界各国では有休のほかに傷病休暇が支給されることも多いが、日本ではあまり一般的でないことが影響しているとみられる。

理由の2位は「人手不足」、3位は「仕事をする気がないと思われたくない」だった。有休を取得する上でも、思わず空気を読んでしまう日本人の気質が伺える結果だった。

香港、台湾は有休取得率2位

一方、19か国中で取得率1位だったのはブラジル、スペイン、ドイツ、シンガポール(各100%)。2位のフランス、カナダ、香港、台湾(93%)も高水準だ。上記のうち、特にブラジル、スペイン、ドイツ、フランスでは、有休支給日数が年30日あり、日本の20日間より多いにもかかわらず、取得率が高い。

3位のイギリス(89%)、4位のタイ(83%)までが8割超。5位以降はイタリア、ニュージーランド、韓国(各75%)、インド、アメリカ、メキシコ(各71%)などが続いた。

また、19か国中で「上司が有休の取得に協力的」と回答した割合でも日本(53%)は最下位だった。上位はメキシコ(84%)、インド(82%)、ブラジル(81%)、スペイン(77%)、フランス(73%)などが並び、韓国(60%)も日本より高かった。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「ドコ行くの…」お家に来たばかりのラブラドールパピー。オモチャそっちのけで飼い主さんまっしぐら…可愛いがすぎる!【動画】

    Retriever Life
  2. 「はじめまちて♡」ハスキーとダックスパピーが仲良くなり、顔を近づけてチュウするまで。一部始終にジーンとした【動画】

    ダックスフンドライフ
  3. 人気牛タン食べ放題店の「牛タン詰め合わせセット」がウマそう!!【お取り寄せ】

    ウレぴあ総研
  4. XRを駆使した新感覚の展示体験を楽しむ 『ドコモ×国立科学博物館 XRで楽しむ未来の展示』

    SPICE
  5. 田中みな実、#美容パジャマ を華麗に着こなす! 『SNIDEL HOME』第3弾ビジュアル公開

    Pop’n’Roll
  6. 磯山さやか、37歳の誕生日「1日1日を大事に」

    ナリナリドットコム
  7. よく耳にするけど実は間違っている日本語 24選

    笑うメディアCuRAZY
  8. エド・シーラン、手書きの歌詞や幼少時に遊んだレゴがオークションに出品される

    Techinsight
  9. 【見つけたら買い】セブン限定! あの大人気お菓子“限定味”はキャラメルマキアート♪

    ウレぴあ総研
  10. ダンス自慢の俳優たちが限界ギリギリのパフォーマンスを披露する、ドラマ&舞台『KING OF DANCE』を10/24に一挙放送

    SPICE