Yahoo! JAPAN

[七草がゆの作り方]なぜ、いつ食べる?春の七草の種類も紹介

VEGEDAY

お正月明け、「人日(じんじつ)の節句」に食べる習慣のある七草がゆ。今回は七草がゆを食べる理由や、おかゆに使われる春の七草と、簡単にできる七草がゆのレシピを紹介します。

七草がゆの由来と春の七草

年に5回の季節の変わり目のことを「五節句(日付は下記参照)」といい、古くから特別な食事を用意して豊作や無病息災を願いました。七草がゆを食べるのもそのひとつです。

●七草がゆを食べるのはどうして?

毎年1月7日、一年の最初の節句である「人日の節句」に七草がゆを食べるのは、七草の若芽を食べて植物がもつ生命力を取り入れ、無病息災でいられるようにという願いが込められています。

五節句とは?

・人日の節句:1月7日
別名「七草の節句」。七草の入ったおかゆを食べ、一年の無病息災を願う。
・上巳の節句:3月3日
別名「桃の節句」。ひな人形や桃の花を飾り、女子の誕生を祝い、健やかな成長を願う。
・端午の節句:5月5日
別名「菖蒲の節句」。男児の誕生を祝い、健やかな成長を願う。菖蒲湯に浸かって厄を払い、子孫繁栄を意味する柏の葉を使った柏餅を食べる。
・七夕の節句:7月7日
別名「笹の節句」。短冊や飾りを竹に吊るし、豊作を祈るとともに技芸の上達を願う。
・重陽の節句:9月9日
別名「菊の節句」。薬としての効果や邪気を祓うとされる、菊の花を浮かべた菊花酒を飲み、長寿を願う。   

●春の七草とは?

次の7種類の野菜です。

せり:せり科の多年草
なずな:アブラナ科の越年草
ごぎょう:キク科の越年草
はこべら:ナデシコ科の越年草
ほとけのざ:キク科の越年草
すずな:「鈴菜」と書く、カブの古い呼び名
すずしろ:「清白」と書く、大根の古い呼び名

七草には縁起の良い意味があり、例えばせりは「競り勝つ(せりかつ)、なずなは「なでて汚れをはらう」などといわれています。

七草がゆのレシピ

材料(4人分)

春の七草:約100g(市販のもの1パック)

ご飯:300g

水:900ml (ご飯の3倍を目安)

塩(茹でる用と調味用):適量

※お米からおかゆを炊く場合は、コチラの「3色おかゆ」をご参照ください。炊き上がってからの工程は下の作り方と同じです。

作り方

ご飯はザルに入れ、流水でさっと洗い、粘りをとる。

1と水を鍋に入れ、好みの柔らかさのおかゆを炊く。

炊いている間に別の鍋に塩を入れた湯を沸かし、七草を入れてさっと茹で、茹で上がったら刻んでおく(※)。

2が炊き上がったら塩で味をととのえ、3を加えて混ぜて完成。

子ども用には、苦味のあるせり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざの分量を少なめにすると食べやすくなります。

最後に

一年の無病息災を願って、七草がゆを作ってみてください。

[かぶ]根にも葉にも!栄養を逃さない下ごしらえ&保存のコツ

味にクセがなく、幅広い料理に活用できるかぶ。さっぱりとした味わいのピクルス、厚切りにしてステーキ、また正月明けに食べられる七草粥の「すずな」としてもおなじみの野菜です。根だけではなく、葉にもβ-カロテンなどの栄養が含まれているので、すべて活用しましょう。今回は、根と葉の両方を余すところなく使いこなす、下ごしらえと保存のコツをご紹介します。

最終更新:2022.03.03

文:アーク・コミュニケーションズ
イラスト:林タロウ
監修:カゴメ
参考文献:
『改訂9版 野菜と果物の品目ガイド』(農経新聞社)
出典:
農林水産省「おうちで和食」(七草がゆの由来、作り方)
独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立能登青少年交流の家「能登だより」(せりとなずなの意味)

【関連記事】

おすすめの記事