Yahoo! JAPAN

19歳に出産の今36歳シングルマザー。いつもお金がカツカツで毎日苦しい…。#アラフォー人生相談

saita

19歳に出産の今36歳シングルマザー。いつもお金がカツカツで毎日苦しい…。#アラフォー人生相談

女性の人生は結婚、出産、キャリア、子育て……と悩みや選択のオンパレード! 正解はどれかわからないけれど、自分の固定観念「こうしなきゃ、こうでなきゃ」を手放すと、自分にとっての最適な答えが見つけられるかもしれません。 『「私、ちゃんとしなきゃ」から卒業する本』著者の小田桐あさぎさんに聞く「人生お悩み相談」です!

相談:19歳に出産の今36歳シングルマザー。いつもお金がカツカツで毎日苦しい…。

(兵庫県 36歳 無職の母 アップルパイのりんご)

あさぎさんこんにちは!いつも大変面白く勇気の出る記事をありがとうございます。

今日は私から相談させてください!

母子家庭で10年ほどやってきて、やっと再婚したと思いきや色々とあり3ヶ月で別居。仕事も辞めた後だったので、全然違う環境で高卒の事務しかできない私には簡単に見つかるはずもなく。枯渇しています。

いつもカツカツな生活で、会社員をしてもWワークでバイトしたりして生活していました。もうそんな生活に疲れました。

私は19歳から子育てに奮闘しておりますが、もっと綺麗な服も着たいし美味しいものも食べたい、素敵なパートナーも欲しいし、飛行機に乗って旅行もしたい!

このまま一生貧乏は嫌だと思い、働かないといけないけれど、心がついていかない状況です。毎日悲しく苦しいです。

親とは不仲で兄弟もいなく、心許せる友人もいません。話がごちゃごちゃなりましたが、これからの働き方についてアドバイス頂けたらと思います。

新しい場所へ飛び込んでみよう!

いつもお読みいただきありがとうございます。実は私も高卒で、27歳頃まで本当にカツカツの人生を送っていたので、相談者さまの気持ちはよくわかります。

私の話になってしまいますが、私自身がカツカツだった生活を抜け出したきっかけは、職種を変えたことでした。

というのも、私も27歳までは相談者さんと同じように自分は高卒だし、事務の仕事しかできないと思い込んでいたのです。

自分は体力もないし、人に合わせるのも苦手だし、特別なスキルや資格も持っていないため、事務以外の仕事はできないか、できたとしても自分には向いていないと思い込んでいました。

しかしひょんなきっかけからホステスのバイトを始めてみたり、色々な間違いが重なった結果、自分には絶対に無理だと思っていた営業職にまでうっかり就いてしまったのです。

そこから自分の人生が大きく変わりました。

まず、自分には絶対に無理だと思っていたホステスのバイトや営業職が、自分にとても向いていたことを発見したのです。そして両方の仕事において、休みの日には翌日仕事に行くのが待ち遠しくなるほど楽しく働きながらも、収入もどんどん上がっていき、最終的には同年代の有名大卒の同級生たちよりも稼げるくらいになりました。

私は10代の頃にも接客業に就いていましたが、その当時は苦痛でしかなかったはずなのに、20代後半の私にとっては全く別物でした。

その後も、自分には起業なんて絶対に無理だと思っていたはずなのに、ひょんなきっかけから起業してしまったところ、現在7年目となりますがありがたいことにずっと楽しく、売り上げも順調に伸ばし続けられています。

ホステスも、営業も、起業も、自分には絶対に無理だと思っていたはずなのに、飛び込んでみたらなんとかなったどころか、楽しく稼げる未来が待っていたのです。

つまり、相談者さんの問題はただ一つで、相談者さんには好きな仕事でたくさん稼げる可能性がいくらでもあるのに、それを自分自身で閉ざしてしまっていることかと思います。

はっきり言いますが、事務職の給料はどこに行こうが安いです。つまり、事務職として雇用されることを目指し続ける限り、豊かな生活を送る日が来る可能性は低いでしょう。なので、事務職にしか就けないという自己認識からまずは改めてみて、楽しそうな仕事や興味ある仕事にチャレンジしてみてはどうでしょうか。応援しています。

小田桐あさぎ/作家、ネット芸人

【関連記事】

おすすめの記事