Yahoo! JAPAN

人気キノコ鍋店の秘伝スープ!味変がヤミツキに

たべぷろ

「圧巻!きのこ15種盛りのみ予約コース」の他にも多彩なコースを揃える

中国・大連で10店鋪以上を展開するキノコ鍋の人気店「きのこ鍋&きのこ料理専門店 ホーシェング」の、日本上陸1号店。本場中国ではポピュラーだが、日本ではまだまだ“知る人ぞ知る”料理である「キノコ鍋」。おいしさや希少性はもちろんのこと、健康&美容食としてもアピール度の高さは群を抜いており、今後ますます注目が高まりそうだ。

秘伝のキノコスープは、キノコの聖地として知られる中国・雲南省などで収穫され、乾燥加工した28種類以上のキノコを弱火で毎日6時間煮込んでうま味を抽出。動物系や魚介系のだしとは異なる、キノコの独特な風味とうま味が新鮮だ。

そして盛り合わせに供されるのは、各地から仕入れた国産のフレッシュなキノコ。椎茸やブナシメジといったポピュラーなものも含まれるが、黄色いタモギタケやピンク色のトキイロヒラタケ(朱鷺色平茸)といった珍しいものなど多様な色、形、食感のキノコが集まっている。

秘伝のキノコスープは中国・雲南省で採れる28種類のキノコを乾燥させ独自の配合をしたもの。これを弱火で6時間炊いて濃厚なうま味を抽出する

食べ方は、まず秘伝のキノコスープをそのまま味見して他では味わえない風味を堪能。その後はスープにキノコを投入して3~5分ほどゆでて食べるのだが、具材のキノコから出るうま味が加わると、スープのおいしさが段違いにアップする。

「キノコ鍋のように食べ進めるほどにスープの味が濃くおいしくなっていく鍋はめったにありません。食事の途中でキノコスープの注ぎ足しに伺うのですが、濃い味が好きだと断るお客さまが増えています」と鈴木和也店長は説明する。

ここまで、キノコ純度の高い鍋を存分に楽しんだところで、その他の野菜や豆腐を投入。また肉や海鮮はしゃぶしゃぶスタイルで食べる。これら副食材もキノコスープのうま味をたっぷり吸い込むことで味わいは倍増。動物系、節系スープの鍋とは一線を画す芳醇かつ軽やかな味だ。

ベースとなる4種の自家製タレに黒酢やごま油など8種の調味料、パクチーやニンニクなど5種の薬味を組み合わせて好みの味に調節できる

キノコ鍋の後半をさらに楽しませてくれるのが自家製のタレだ。店内にはサラダバーならぬ「タレバー」を設置。麻辣ダレ、胡麻ダレ、海鮮醤油、海鮮汁の4種類をベースに20種類の調味料や薬味を用意。自分で味をカスタマイズできるのも魅力だが、ヤミツキになるうま辛さだ。

主客層は健康や美容に関心の高い30~40代の女性。また中国出張などでキノコ鍋体験のあるビジネスマンなど。「本場中国で10店舗以上展開しているブランド力を生かして、日本でも全国展開を目指します」と鈴木店長は意気込む。

●店舗情報
「きのこ鍋&きのこ料理専門店 ホーシェング」
所在地=東京都台東区上野4-4-5 上野CRoadビル3階/開業=2018年11月/坪数・席数=30坪・50席/営業時間=11時30分~15時、17時30分~21時(コロナ禍による変更の可能性あり)。無休/平均客単価=4000~5000円

◇外食レストラン新聞の2021年8月2日号の記事を転載しました。

【関連記事】

おすすめの記事