Yahoo! JAPAN

飯窪春菜、キュートなフランス人CA役を演じる舞台<ボーイング・ボーイング>開幕![初日囲み取材/ゲネプロレポート]

Pop’n’Roll

飯窪春菜、キュートなフランス人CA役を演じる舞台<ボーイング・ボーイング>開幕![初日囲み取材/ゲネプロレポート]

飯窪春菜らが出演する舞台<ボーイング・ボーイング>が、 本日5月14日(土)より東京・自由劇場にて開幕した。

同作は、フランスの劇作家マルク・カモレッティによる戯曲で、1960年にパリで初演されて以降、世界中で幾度となく再演。2008年度トニー賞では、“リバイバル演劇作品賞”“主演男優賞”にも輝いた傑作コメディである。

本記事では、本日行なわれた初日囲み取材会とゲネプロのオフィシャルレポートをお届けする。

取材&文:中川實穗
撮影:木村直軌

開幕初日の昼公演後に行なわれた囲み取材会には、福田悠太(ふぉ~ゆ~)、室龍太、松本明子が出席。

公演を終えての感想を聞かれ、福田は“ウケました! こんなにウケちゃって大丈夫なのかっていうくらい。手応えバッチリでございます”と手応え十分。客席は大いに沸いたといい、室は“関西人の性なんでしょうね。舞台で福ちゃんさん(福田)が笑いを取っていると妙に悔しい気持ちになりました”と明かす。さらに松本は“福田さん、室さんは舞台の天才です。そして3人のCA役の彼女たちも。みなさんに囲まれて本当に幸せな空間です。私が何をやらかしても助けてくれる福田さんがいらっしゃいますし、ムードメーカーの室さんがいますし。稽古場も和気藹々としていていました。素晴らしいチームワークです”と述べた。

自身が演じるロベールについて福田は“僕のための役だなと感じています。汗だくでめちゃくちゃ頭を使いますが、自分と共通点もあって、やっていてとても楽しいです”。

室は自身が演じるベルナールに“僕とは真逆です。こんなキザな口調ではしゃべらないですしね。苦労したのは、ゲラなのですぐ笑っちゃうこと。福ちゃんさんの動きとか、明子さんの動きとか、ツボに入っちゃって(笑)”と明かす。すると福田も“稽古でも、作品を詰めていくとか、心情を探求していくというよりも、この戯曲が面白すぎるので笑わないようにするっていうのが大変でしたね”と話す。

最後に、“1960年代の名作コメディです。素晴らしい作品、素晴らしい出演者、温かいお客さまに囲まれた幸せな時間、大いに笑って、明日からの活力にしていただければ”(松本)、“暗いニュースばかりですが、ぜひ劇場に来ていただいて、明るく笑っていただければ。お待ちしています!”(室)、“浜松町の自由劇場と、京都の京都劇場でも上演されます。そこでたくさん一緒に笑いましょう!”(福田)とそれぞれコメントし、会見を締めた。

ゲネプロレポート

舞台上に広がるのは、おしゃれなリビングルーム。ここはモテ男・ベルナール(室龍太)の自宅だ。よく見ると6つも扉があるが、この扉こそ本作のキーとなっている。そのリビングルームで朝食を楽しんでいるのは、ベルナールとアメリカ人CAのジャネット(大友花恋)。2人はどう見ても仲のよい恋人で、特にジャネットはフライトに行くまでのわずかな時間も離れたくないとばかりだ。そこで働く家政婦のベルタ(松本明子)はブツブツ言いながらも、なんだかんだベルナールのために動き回る。そこに突然訪れたのは、ベルナールの旧友で田舎からパリにやって来たばかりのロベール(福田悠太)。その暮らしぶりをうらやましがるロベールに、ベルナールはとんでもない告白を始める。彼は今、密かに3人の婚約者がいるというのだ。それは、たった今出かけて行ったアメリカ人CAのジャネットと、これからやってくるフランス人CAのジャクリーン(飯窪春菜)、今晩やってくるドイツ人CAのジュディス(愛加あゆ)。彼女たちは飛行機の時刻表どおりに動くので、絶対にかち合わないとロベールにも勧めるが――。

言うまでもないが、この舞台では3人のCAの予定が急遽変わり、全員がベルナールに会いに来る。その大ピンチを、ロベール、ベルナール、ベルタがタッグを組み、機転を利かせ、なんとか切り抜けようとする1日を描くドタバタコメディだ。

ロベールは、まったく洗練されておらず、女性に免疫もなさそうだし、だけど誠実ではありそうな男。それを演じる福田は、登場した瞬間からププッと笑わせる何かを纏っており、喜劇の才を感じさせる。いちいち驚いたり、羨ましがったりのリアクションも賑やかで、ベルナールの三股の告白を笑えるものにするのも、なぜだか三股がバレないように応援してしまうのも、ロベールがそうさせていると言える。ベルナールを演じる室は、しゃべり方も、身のこなしも、表情も、ひたすら二枚目。何かに直面する度にあわあわするロベールとは違い、少なくとも恋人それぞれの前では取り乱さないし常にレディファースト。なんてヤツだと思わせつつも嫌わせない魅力がある。家政婦のベルタはとにかくずっとぶつくさ言っているのだが、松本が演じているからこそだろう、ずっと機嫌が悪いのにしっかりと愛らしさを感じさせるキャラクターになっており、この個性的な3人の会話は独特の面白さがある。

そしてベルナールの恋人たちがまた全員強烈。ドイツ人・ジュディスを演じる愛加はシリアスからコメディまで幅広く演じられる俳優だが、今作ではジュディスのキャラクターも相まって、常に全力スイングとも言える思い切りのいい芝居に笑わされる。大友が演じるのはアメリカ人・ジャネット。フランス人であるマルクの偏見に満ちたアメリカ人像にも笑わされるものがあるのだが、それを大友の愛らしさも加わり好演。“いやいや……”ということも愛らしく押し通すのが楽しい。飯窪演じるジャクリーンはフランス人で、劇中でもロベールとベルナールが“可愛い”と話す素直な女性。それを飯窪が真っ直ぐに演じているため、恋人が舞台上に登場すると観客としても度々癒された。劇中で何度も出てくる、ロベールやベルナールと彼女たちとのキスシーンも、見せ方がポップで楽しい。

さて、ベルナールはこのピンチを乗り越えられるのか。どんな展開が待っているかは、ぜひ劇場で楽しんでほしい。1回の観劇では観きれないところがたくさんある芝居なので、もっと観たくなった方はぜひ再び足を運んでほしい。上演時間は約2時間20分(2幕/休憩15分含む)。

舞台<ボーイング・ボーイング>
舞台<ボーイング・ボーイング>

舞台<ボーイング・ボーイング>

作:マルク・カモレッティ
演出:三枝孝臣
上演台本:可児理華

■出演
福田悠太(ふぉ~ゆ~)
室龍太/大友花恋 飯窪春菜・愛加あゆ/
松本明子
   
<東京公演>2022年5月14日(土)~29日(日)
会場:自由劇場 〒105-0022 東京都港区海岸1-10-53

東京公演主催:ミックスゾーン、サンライズプロモーション東京
東京公演問合わせ先:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(平日12:00~15:00)

<京都公演>2022年6月3日(金)~5日(日)
会場:京都劇場 〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル 京都駅ビル内

京都公演主催:ミックスゾーン、リバティ・コンサーツ
京都公演問合わせ先:キョードーインフォメーション 0570-200-888
(平日・土曜 11:00~16:00)

チケット料金:¥10500(税込・全席指定)

企画・製作:ミックスゾーン

ストーリー
1960年代のパリの日曜日、空港に近いパリ市内のアパルトマンに住んでいる建築家の“モテ男”ベルナールはアメリカ人のフィアンセ、ジャネットと朝食を楽しんでいた。すると、田舎から旧友の“非モテ男”ロベールが訪ねてくる。

ジャネットを見送った後、ベルナールはロベールに自慢する。自分は3ヵ国の美女3人と付き合っている、と。しかも全員が国際線キャビンアテンダントなので、スケジュールをウマくやり取りすれば、まったくバレずにウマく行くのだと。昼になるとフランス人のジャクリーンがランチにやってくる。ロベールにジャクリーンを紹介するベルナール。

フライトに出かけたジャクリーンの後、まもなくドイツ人のジュディスが予定より早く着いたとやってきて、ジュディスは間違えてロベールにキスしてしまう。人生初のキスに仰天するも、何かに目覚めてしまうロベール。

そこへ、フライトスケジュールが変更になったとジャクリーンが再び戻ってくる。2人が鉢合わせしないようにジャクリーンを何とか外出させようとするベルナール。さらにそこに天候不順で同じくフライトが変更になったジャネットも戻ってくる。3人全員が同じ時間にアパルトマンで会うことになってしまい、焦るベルナールたち。ロベールや家政婦のベルタを巻き込んで、何とか場を取り繕うとするベルナールだが……。

果たして、ベルナールは3人とウマく付き合っていくことはできるのか!? そして女に目覚めたロベールは?

【関連記事】

おすすめの記事