Yahoo! JAPAN

湯河原町 補助拡充で設備設置促進 住宅用スマートエネルギー〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

タウンニュース

湯河原町は10月1日から、住宅にスマートエネルギー設備を設置する町民を対象に、設置費用の一部を補助する制度を開始した。町によると、2016年度までは太陽光発電の設備設置を補助してきたが、今回、補助制度を拡充したという。

対象設備は太陽光発電システムのほか、家庭で使う電気を節約するための管理システム「HEMS」、定置用リチウムイオン蓄電池、電気自動車などの蓄電池に太陽光で発電した電気を充電し、夜間などに住宅に供給するための「V2H」機器。補助金額は、例えば太陽光発電システム設置の場合、1kWあたり15000円(上限52000円)。

県内の他の市町でも太陽光発電などへの補助制度が実施されている中、国が昨年、2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする「2050年カーボンニュートラル」を宣言したことを背景に、湯河原町も補助制度の拡充を検討してきた。町は「補助を受けるには事前の届け出が必要となるため、設備を設置する前に町環境課に相談してほしい」としている。申請方法などの詳細は同町HP、または町役場環境課【電話】0465・63・2111(内線552〜553)で確認を。

【関連記事】

おすすめの記事